注目のスタートアップ

AI警備システム「AI Security asilla」を手がける「アジラ」が4.6億円調達

company

2024年1月18日、株式会社アジラは、総額約4億6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

アジラは、AI警備システム「AI Security asilla」を開発・提供しています。

「AI Security asilla」は、独自の行動認識技術をベースとしたAI警備システムです。既存のカメラをAI化し、異常行動や不審行動を検知したときのみ、瞬時に映像を通知することで、警備員の業務負担軽減や見落とし・見逃しの削減を実現します。

今回の資金は、「asilla」の販売体制強化、行動認識AI技術の進化、コーポレートガバナンスの充実に充当します。


少子高齢化に伴う人手不足がさまざまな業界で深刻化しています。とくに警備業界は人手不足が深刻な業界のひとつとして知られています。

警備業界は労働条件が他業界と比較して劣る場合が多く、厚生労働省によると、2022年12月時点の保安業の有効求人倍率は7.43倍と高い倍率になっています。

こうした中で、警備業界では業務効率化や省人化を目的としたテクノロジーの活用が進められています。

AIカメラは、カメラという一般的なデバイスを利用しながらも、さまざまなデータの取得や解析ができることが特徴であり、多様な領域で活用されています。

警備業界では、異常を検知したり、不審な行動を検知したりすることにより、警備の高度化と効率化を実現することが可能です。

アジラが提供するAI警備システム「asilla」は、行動検知や予兆検知による防犯、見守り機能、混雑状況の把握、人数カウントといった複数の機能を備え、警備業務のDXに貢献しています。

株式会社アジラのコメント

このニュースを受けまして、株式会社アジラ 代表取締役 木村 大介氏よりコメントが届きました。

木村大介(きむら・だいすけ)
株式会社アジラ 代表取締役 CEO
大学卒業後、NTTグループ、ぐるなびにて研究開発やシステム統括に従事。2015年春、ベトナム・ハノイの盟友らと共に株式会社アジラ設立、代表取締役に就任。Asilla Vietnam 代表取締役会長。

今回の資金調達の目的は何ですか?

資金調達の目的は「独自の行動認識AIを搭載して独自に開発し、販売しているAI警備システム『AI Security asilla』のさらなる機能開発への投資、そして、その事業を大きくスケールさせるための体制強化です!

今後の展望を教えてください。

開発においては、当社の研究チーム「HSAR」で行われているヒューマンサイエンス領域で研究された研究成果の技術転用をすすめ、「行動認識AI」asillaのさらなる技術進化を加速させます!

また、製品ラインナップの拡充をさらに進めることで新たなマーケットへのプロダクト展開を積極的に押し進めていくのと同時に、asillaの従来の主要市場においては販売網を拡大させ売上を増大させることで、成長性の高い事業基盤の構築を目指します!

読者へのメッセージをお願いします。

私達アジラが社会に掲げるミッションは『あらゆる空間価値を高める社会インフラとなる』ことです。

事件事故を未然に防ぐことに目が行きがちですが、困っている方をいち早く察知し早期介助の実現などを通じて「空間を優しくする」ことにも貢献していきたいと考えています。

近い将来お出かけをした際に「あ!ここの施設にはアジラが導入されているから安心だね!」なんて会話が自然に出てくるような社会の実現に向けて驀進します!

近年のテクノロジーの発展は、業務に革新をもたらしています。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、社内システムの整備ノウハウを詳しく解説しています。また、ICTの専門家にインタビューを行い、創業期のシステム整備のメリットや注意点なども伺っていますので、こちらも参考にしてください。

また、設備投資には資金調達も必要となるでしょう。「資金調達手帳」では、資金調達に関するノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AI AI Security asilla AIカメラ AI警備システム asilla BtoB IoT アジラ カメラ システム 株式会社 監視カメラ 警備 資金調達 防犯カメラ
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

製造業向け異常検知AIソフトウェアを提供する「アダコテック」が4.2億円調達
2022年7月28日、株式会社アダコテックは、総額4億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、2022年4月27日には、総額11億円の資金調達の実施を発表しています。 アダコテッ…
クラフトスープを展開する「CHANTMEAL」が資金調達
2022年8月18日、CHANTMEAL株式会社は資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、フューチャーベンチャーキャピタル株式会社、京都市、京都中央信用金庫、京都信用金庫が連携して運営する「…
位置情報データ活用プラットフォーム「Location AI Platform」の開発元が資金調達
平成30年6月20日、クロスロケーションズ株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 調達先はNTTドコモ・ベンチャーズ、アイリッジ、アドインテで、具体的な調達額は非公開ですが、数億…
レベニューベースドファイナンスプラットフォーム「Yoii Fuel」を運営する「Yoii」が8億円調達
2023年12月8日、株式会社Yoiiは、総額約8億円の資金調達を実施したことを発表しました。 Yoiiは、レベニューベースドファイナンス(RBF)のプラットフォーム「Yoii Fuel」を開発・運営…
メンズ・スキン・ケア・ブランド「BULK HOMME」展開の「バルクオム」が15億円調達
2020年9月11日、株式会社バルクオムは、総額約15億円の資金調達を実施したことを発表しました。 メンズ・スキン・ケア・ブランド「BULK HOMME」を展開しています。 全国1,000店舗以上の小…

大久保の視点

Coral Capitalが虎ノ門ヒルズで「Startup Aquarium 2024」を開催。VCが大規模キャリアイベント
ベンチャーキャピタルのCoral Capitalが主催する「Startup Aquarium 2024」が2024年3月2日(土)に虎ノ門ヒルズで開催されま…
(2024/3/2)
優勝はブラジルから参加のBVC中山充さん!2/26 起業家プレゼン&交流大会「ライトニングトーク東京」
2024年2月26日、創業手帳主催のショートプレゼン大会「ライトニングトーク東京」を開催いたしました。 このイベントは、オンリーワンのサービスやストーリーを…
(2024/2/26)
2/5 JSSA日本スタートアップ支援協会ピッチ大会:最優秀賞はがんリスク検査のセルクラウド中島 謙一郎さん
一般社団法人日本スタートアップ支援協会が主催する「The JSSA TOKYO Pitch Award & Meetup Vol.33」が2024…
(2024/2/5)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】