注目のスタートアップ

自由視点映像・マルチアングル映像の撮影・配信システム「SwipeVideo」を提供する「AMATELUS」が4.1億円調達

company

2022年11月14日、AMATELUS株式会社は、総額4億1,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

AMATELUSは、自由視点映像・マルチアングル映像の撮影と配信が可能なシステム「SwipeVideo」を開発・提供しています。

複数台のカメラで撮影された映像をシームレスにつなぎ、ユーザーがスマートフォン・タブレットの画面をスワイプすることで、映像の視点を自由にスイッチングすることができる配信システムです。

HTML5で動作するため、アプリのインストールなく動画を視聴できます。

今回の資金は、大企業とのシステム連携や一般ユーザーへのシステム開放に向け、開発体制をメインとした社内組織の強化に充当します。

自由視点映像とは、それぞれ視点が異なる複数台のカメラによって対象を同時に撮影し、それをシームレスに切り替えできるようにすることで、ユーザーが360度好きなアングルで映像を視聴できるようにする映像・配信技術のことです。

従来の映像コンテンツは、制作者が意図した特定の視点の映像しか視聴することはできません。

たとえばスポーツ中継などでは、複数の映像の中から撮れ高が高いものをリアルタイムに切り替えるのですが、視聴者は別のカメラアングルの映像を望んでいることもあります。

自由視点映像は視聴者が好きなアングルで見ることが可能であるため、従来の映像配信では満たされなかったニーズを満たすことが可能です。

また、視聴者が見たいアングルを決めるためにスマートフォンなどのデバイスを操作することになるため、エンゲージメントが向上したり、くり返し視聴したりといったことも期待できます。

自由視点映像は複数の映像を扱うため、視聴する側も配信側もデータの負荷が高く、5G時代のコンテンツとして広がっていくと考えられています。

動画は情報量が多いメディアとしてデジタルマーケティングにおいて注目されています。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、創業期におけるSNSやインターネットを活用したマーケティング・ノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AMATELUS SwipeVideo エンターテインメント カメラ システム スポーツ 動画 撮影 映像 株式会社 自由視点映像 資金調達 配信
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

ドローン・パイロット育成などドローン関連事業展開の「SKYESTATE」が資金調達
2019年11月29日、SKYESTATE株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、サンフロンティア不動産株式会社です。 ドローン・パイロットの育成事業や、ドローンを活用した動画制…
行政サービスのデジタル化を手掛ける「グラファー」が12億円調達
2021年4月1日、株式会社グラファーは、総額約12億円の資金調達を実施したことを発表しました。 グラファーは、デジタル行政プラットフォームを開発・提供しています。 具体的には以下のサービスを提供して…
理工系学生採用サービス運営の「テックオーシャン」が5,000万円調達
2019年8月27日、株式会社テックオーシャンは、総額5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 AI・ビッグデータによる理工系学生採用サービス「TECH OFFER」を運営しています。 …
植物肉「ミラクルミート」開発・生産の「DAIZ」が30億円調達
2022年2月1日、DAIZ株式会社は、総額30億円の資金調達を実施したことを発表しました。 DAIZは、発芽大豆由来の植物肉「ミラクルミート」を開発・製造しています。 大豆の発芽という生理現象を応用…
育児・家事支援サービス「東京かあさん」運営の「ぴんぴんころり」が8,200万円調達
2021年12月9日、株式会社ぴんぴんころりは、総額8,200万円の資金調達を実施したことを発表しました。 育児・家事支援サービス「東京かあさん」を運営しています。 熟練の主婦に、料理・掃除・育児サポ…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ