中小企業信用保険の特例措置 令和6年能登半島地震被害中小企業者等へ

tips

2024年1月11日、​激甚災害に対処するための特別の財政援助等に関する法律に基づき、令和6年能登半島地震による災害により被害を受けた災害救助法適用地域の中小企業者等に対し、中小企業信用保険の特例措置を講ずることとする政令等が閣議決定されました。

概要

令和6年能登半島地震による災害により被害を受けた災害救助法適用地域の中小企業者等に対し、中小企業信用保険の特例措置を講ずるとともに、日本政策金融公庫による災害復旧貸付の金利引下げを行います。

中小企業信用保険の特例措置(政令、令和6年1月11日公布・施行)

市町村長等から事業所・主要な事業用資産に係る罹災証明を受けた中小企業者が事業の再建に必要な資金を借り入れる際、一般保証やセーフティネット保証とは別枠での信用保証を利用できる特例措置を講じます(借入債務の額の100%を保証)。

  一般保証限度額 災害関係保証限度額
普通保険 2億円 +2億円
無担保保険 8,000万円 +8,000万円
(うち特別小口保険 2,000万円 +2,000万円)

日本政策金融公庫による災害復旧貸付の金利引下げ

市町村長等から事業所・主要な事業用資産に係る被害を受けた旨の証明を受けた中小企業者等を対象に、日本政策金融公庫が実施している災害復旧貸付について、特段の措置として、0.9%の金利引下げを行います(貸付後3年間、1,000万円まで)。

「資金使途」
運転資金・設備資金

「貸付限度額」
中小企業事業:別枠で1.5億円
国民生活事業:各貸付制度の限度額に上乗せ3千万円

「貸付金利」
基準利率(中小企業事業1.20%、国民生活事業1.20%)

「貸付期間5年以内の基準利率(令和6年1月4日現在)」
金利引下げ:貸付額のうち1,000万円を上限として、貸付金利から0.9%を引下げ(貸付後3年間)


2024年1月1日に石川県能登半島近くで地震が発生しました。

最大震度7が観測されたこの地震やそれに伴う津波により甚大な被害がもたらされています。

当日のうちに災害救助法が新潟県・富山県・石川県・福井県の35市11町1村に適用されています。

こうした状況を踏まえ、経済産業省等は被害を受けた中小企業等に対し、公的な資金繰り支援を行っています。

11日に閣議決定された内容は、中小企業が事業再建時に必要な資金を借りる際、別枠で信用保証を利用できる特例措置と、日本政策金融公庫が実施している災害復旧貸付について0.9%の金利引き下げを行うというものです。

早期の事業再建のためには多くの資金が必要となるため、こういった公的機関による融資は重要な存在です。

また、被災地域の日本政策金融公庫・商工組合中央金庫・信用保証協会には、支援・新たな融資・返済の延期などの相談を受け付ける特別相談窓口が設置されています。

シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、融資申請をスムーズに行うためのノウハウや注意点を解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ 中小企業 令和6年能登半島地震 保険 信用保証 地域 支援 救助 日本政策金融公庫 法律 災害 災害復旧貸付 特例措置 融資 金利 閣議決定
詳細はこちら

令和6年能登半島地震による災害が激甚災害として指定されたことに伴い、追加の被災中小企業・小規模事業者対策を講じます

創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

医療人材の紹介・派遣事業を展開する「ナラティブ・ガイド」が資金調達
2023年8月17日、株式会社ナラティブ・ガイドは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、株式会社ジョイプランニングです。 ナラティブ・ガイドは、医療従事者を必要とする法人への採用・定着支…
【東京都】「ゼロエミッション化に向けた省エネ設備導入・運用改善支援事業」助成金
公益財団法人東京都環境公社は、「ゼロエミッション化に向けた省エネ設備導入・運用改善支援事業」について発表しました。 「2025年CO2排出実質ゼロ」に貢献する「ゼロエミッション東京」の実現に向け、中小…
データサイエンス事業を展開する「エスタイル」が1億円調達
2022年9月14日、株式会社エスタイルは、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日鉄ソリューションズ株式会社、株式会社エアトリです。 エスタイルは、さまざまな手法でデータを解…
「welp」が企業の雇用維持を目的とした出向支援サービス「Ainote」を発表
welp株式会社は、「Ainote(アイノテ)」事業を開始することを発表しました。 「Ainote」は、雇用調整と人材調達の両立を”労働者の在籍出向”により実現するサービスです。 このサービスを利用す…
クラウド請求書処理お任せサービス「ペイトナー 請求書」(β版) 事前登録を開始
2022年3月14日、ペイトナー株式会社は、「ペイトナー 請求書」(β版)の事前登録を開始したことを発表しました。 「ペイトナー 請求書」は、請求書受領から取引先への振込までを代行して行うクラウド請求…

大久保の視点

「千代田区CULTURExTECH ビジコン2024」が丸の内TOKYO創業ステーションで2024年3月19日に開催
2024年3月19日(火)にStartup Hub Tokyo 丸の内(TOKYO創業ステーション 丸の内 1F・千代田区)で千代田CULTURExTECH…
(2024/3/19)
明治大学ビジコンで優勝&100万円獲得は宇宙ビジネスの蓮見大聖さん明治大学4年「AMATERAS SPACE」
2024年3月13日(木)に明治大学・御茶ノ水キャンパスで第2回明治ビジネスチャレンジ(明治ビジチャレ)が明治大学経営学部主催で行われました。 明治大学の各…
(2024/3/13)
Coral Capitalが虎ノ門ヒルズで「Startup Aquarium 2024」を開催。VCが大規模キャリアイベント
ベンチャーキャピタルのCoral Capitalが主催する「Startup Aquarium 2024」が2024年3月2日(土)に虎ノ門ヒルズで開催されま…
(2024/3/2)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】