「pafin」が暗号資産の自動損益計算サービス「クリプタクト」を刷新 投資家向け情報ツールを「フィンタクト」として新たに展開開始

tips

2022年8月25日、株式会社pafin(旧:株式会社クリプタクト)は、サービスの全面刷新を実施したことを発表しました。

pafinは、暗号資産の自動損益計算サービス「クリプタクト」を運営しています。

これまで、自動損益計算と投資家向け情報ツールを同じプラットフォーム内で運営していましたが、今回の刷新により投資家向け情報ツールを金融情報プラットフォーム「フィンタクト」として新たに展開します。

「フィンタクト」は、個人投資家向けに、証券アナリストの上場企業分析レポートや、ヘッジファンド出身者によるマーケットレビュー、企業IRなど、独自の金融情報を発信します。

さらに、上場企業向けのIR支援プログラム「オープン1on1」も展開しています。これは、元機関投資家と上場企業の1on1ミーティングにより、上場企業へのインタビューを動画・レポートとしてコンテンツ化して発信するものです。

金融市場では個人投資家の存在感が増しているといわれています。

とくにコロナ禍では、株式市場における個人投資家の週間売上代金は、2019年の4兆円から、2020年の5.5兆円へと増加しています。また、個人投資家の市場シェアは2019年の20%から、2020年4月以降は25%前後となっており、これを見る限り個人投資家の存在感が増しているという言説は正しいと考えられます。

先を見通すことが難しい時代において個人投資家は、機関投資家やヘッジファンドと違い、自己責任で思い切った投資ができるという特徴があります。

一方で、国内の個人投資家の年齢別の割合は、60歳以上が全体の約65%を占めており、40歳未満の個人投資家は5%に満たない数しかいません。

今後高齢の個人投資家の引退が続くことを考えると、若年層の個人投資家の数をどう伸ばしていくかが重要となっています。

上場企業においても若年層の個人投資家を取り込むため、IR活動に積極的に取り組むなどの施策を行なっています。今後の「フィンタクト」の動向に注目が必要です。

資金調達においては投資家の心をどう掴むかが重要です。スタートアップで主に対象となる投資家はVCや株式投資型クラウドファンディングを利用する個人投資家でしょう。累計200万部を発行する起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、クラウドファンディングを成功させるためのノウハウや、VCから出資を受けるための方法などを掲載しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ 1on1 IR pafin クリプタクト フィンタクト プラットフォーム 個人投資家 情報 投資家 投資情報 支援 暗号資産 株式会社 金融
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

コーヒー専門通販「PostCoffee」とコーヒーのサブスクリプションサービスを提供する「POST COFFEE」が4.3億円調達
2022年10月12日、POST COFFEE株式会社は、総額約4億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 POST COFFEEは、コーヒー専門の通販サイト「PostCoffee」と…
DaaS(DevOps as a Service)プラットフォーム「PrismScaler」提供の「Definer」が6,450万円調達
2022年5月12日、株式会社Definerは、総額6,450万円の資金調達を実施したことを発表しました。 DaaS(DevOps as a Service)プラットフォーム「PrismScaler」…
製造業向けの生産管理クラウドシステム「スマートF」を提供する「ネクスタ」が1億円調達
2022年11月10日、株式会社ネクスタは、総額約1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 ネクスタは、製造業向けの生産管理クラウドシステム「スマートF」を提供しています。 製造現場における手書…
ヒト型糖鎖の大量調製技術とバイオ医薬品を開発する「糖鎖工学研究所」が資金調達
2022年5月24日、株式会社糖鎖工学研究所は、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、京都中央信用金庫と中信ベンチャーキャピタル株式会社が設立した「中信ベンチャー・投資ファンド6号投資事業…
観測ロケットや超小型人工衛星打上げロケットを開発・製造する「インターステラテクノロジズ」が18.7億円調達
2022年4月11日、インターステラテクノロジズ株式会社は、総額18億7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 インターステラテクノロジズは、観測ロケット「MOMO」と、超小型人工衛星打…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ