「Tokyo ものづくり Movementt-未来のものづくりベンチャー発掘コンテスト2024-」

subsidy

「Tokyo ものづくり Movementt-未来のものづくりベンチャー発掘コンテスト2024-」のご案内です。

このプログラムは、アイデアはあるものの、製品化・事業化のためのノウハウや資金に課題のあるものづくりベンチャーに対し、造形支援を中心とした試作支援を通じて、アイデアを製品化・事業化し、製造業の活性化を後押しするものです。

3Dプリンター(樹脂粉末積層造形機)などの機器利用や、専門スタッフによる技術指導、メンターによる経営相談のサポートを受けながら、短期間で急成長できる支援を行います。

年明けには最終審査のコンテストを開催します。選出された方には、事業化に係る開発資金(上限1,000万円)を提供します。

応募資格

応募時点で事業化支援を必要としており、次のいずれかに該当すること
1・都内に登記簿上の本店又は支店があり、かつ、法人登記を行ってから原則5年以内のベンチャー・中小企業等
2・東京都に納税し、主たる事業所等として個人事業の開業の届出を行っており、かつ、開業の届出から原則5年以内の個人事業主
3・2025年3月末までに都内での創業を具体的に計画している個人

募集内容

革新的なアイデアや高度な技術等を有す都内ものづくり中小企業や創業を予定する個人が、まだ事業化に至っていないビジネスプラン(試作が伴うハードウェアの開発プランであること)

募集期間

2023年10月31日(火曜日)から2023年12月15日(金曜日)必着


ビジネスアイデアコンテスト(ビジコン)は、アイデアと事業計画を競い、有望な事業に対して賞金やその他のサポートを提供する競技イベントです。

多様な特色を持つコンテストが、全国で実施されています。

地方独立行政法人東京都立産業技術研究センター(都産技研)の「Tokyo ものづくり Movement」は、プロダクトイノベーションを追求するベンチャー企業を対象としたビジネスアイデアコンテストです。

このコンテストは、製品の開発支援と市場戦略のサポートに特化しており、アイデアから実際の製品とビジネスに昇華させることを支援しています。

かつて、日本は世界で製造業を牽引する国として高い競争力を持っていました。

しかしながら、バブル経済の崩壊、新興国企業の急成長、製品の普及による市場の変化などが影響し、製造業は厳しい時期を迎えました。

たとえば、製造業がGDPに占める割合は1989年時点で26.5%あったものが、2017年には20.8%に縮小しています。

それにもかかわらず、製造業は国内の雇用の16.5%を支え、現在でも日本の経済において中心的な産業となっています。

また、製造業は非製造業に比べて経済全体に大きな波及効果を持つため、競争力のある産業として再び発展させることが重要です。

コンテストなどに参加する場合は自社の分析が重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、自社の強み・弱み、市場の機会・脅威を分析するフレームワークを掲載しています。

また、企業を成長させるには資金調達に関するノウハウもしっかりと身につけることが肝心です。「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウや、クラウドファンディングを成功に導くためのノウハウなど、さまざまな資金調達に関するノウハウを提供しています。無料で送付しているので、ぜひご活用ください。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 公募
関連タグ 3Dプリンター Tokyo ものづくり Movement アイデア コンテスト サポート ノウハウ ハードウェア プログラム ベンチャー メンター ものづくり 事業化 技術 指導 支援 活性化 発掘 経営相談 製品化 製造業 資金
詳細はこちら

Tokyo ものづくり Movementt-未来のものづくりベンチャー発掘コンテスト2024-

資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

公募の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

製造業のDXを支援する「東京ファクトリー」が1億円調達
2021年1月25日、株式会社東京ファクトリーは、約1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、ANRIです。 また、製造業の生産現場向けSaaS「Proceedクラウド(プロシードクラ…
中小企業をシリコンバレーなどイノベーション先進都市に派遣
平成29年8月21日、経済産業省は「中堅・中小企業等イノベーション創出支援プログラム(飛躍Next Enterprise)」について発表しました。 高い技術力や優れた事業アイディアを持つ中堅・中小・ベ…
「Living History(生きた歴史体感プログラム)促進事業」補助金 11/11にオンライン事業説明会が開催
2021年11月2日、文化庁は、令和4年度「Living History(生きた歴史体感プログラム)促進事業」について発表しました。 文化財が観光のひとつのテーマとなるよう、歴史的背景に基づいた復元行…
「環境エネルギーイノベーションコミュニティ」立ち上げ 実践型イノベーションプログラム参加スタートアップを募集 9/30締切
2021年9月1日、U3イノベーションズ合同会社は、CIC Tokyoと共同で「環境エネルギーイノベーションコミュニティ」を立ち上げ、実践型イノベーションプログラム第1期に参加するスタートアップの募集…
サブスクリプション・ビジネス効率化・収益最大化プラットフォーム「Scalebase」運営の「アルプ」が3.15億円調達
2020年3月23日、アルプ株式会社は、総額3億1,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 企業におけるサブスクリプション・ビジネスの効率化・収益最大化を支援するプラットフォーム「Scal…

大久保の視点

2/5 JSSA日本スタートアップ支援協会ピッチ大会:最優秀賞はがんリスク検査のセルクラウド中島 謙一郎さん
一般社団法人日本スタートアップ支援協会が主催する「The JSSA TOKYO Pitch Award & Meetup Vol.33」が2024…
(2024/2/5)
第4回 FRAX TOKYOが1/18~1/20に開催:創業手帳の大久保幸世も登壇・フランチャイズビジネスの総合展が活況
「第4回 FRAX TOKYO」が2024年1月18日(木)から20日(土)にかけて開催されました。 このビジネスイベントは、日本最大の見本市主催会社・RX…
(2024/1/20)
事業創造カンファレンス「01Booster Conference 2023」が経団連ホールで12/26に開催
株式会社ゼロワンブースター主催のカンファレンス「01Booster Conference 2023」が、2023年12月26日(火)に開催されました。 事業…
(2023/12/26)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】