注目のスタートアップ

スポーツ選手のコンディション情報管理システム「ONE TAP SPORTS」など展開の「ユーフォリア」が7億円調達

company

2022年5月25日、株式会社ユーフォリアは、総額7億円の資金調達を実施したことを発表しました。

ユーフォリアは、スポーツ選手のコンディション情報管理システム「ONE TAP SPORTS」や、ヘルスケア・フィットネス領域の商品開発・マーケティング支援事業などを展開しています。

「ONE TAP SPORTS」は、チーム全体のコンディション、トレーニングの負荷、怪我の状況などの情報を一覧で管理・確認できるシステムです。

チーム全体のコンディションを一覧で確認できるダッシュボード機能、コンディション情報を蓄積・可視化するコンディション機能、トレーニング内容・運動負荷を記録するトレーニング機能、スポーツ傷害報告書の作成機能、怪我の管理機能、フィジカル測定など測定データの管理機能、食事管理機能により、チーム・選手のパフォーマンス向上と怪我の予防を実現します。

情報は選手自らが疲労度・体温・睡眠時間などをスマートフォンなどから入力・共有を行います。また、異常値があった場合はアラートが表示される仕組みとなっています。

また、トレーニングについてはウェアラブルデバイスなどからデータを取り込み、集約と記録の自動化を行うことができます。

商品開発・マーケティング支援では、「ONE TAP SPORTS」事業で培ったスポーツチーム・スポーツ選手のネットワークを活用した支援を展開しています。

今回、資本業務提携を締結したコクヨ株式会社とは、ビジネスパーソンのウェルビーイング向上に貢献する法人向けサービス開発を開始します。

テクノロジーは様々な業界で新たなイノベーションをもたらしています。

それはスポーツ業界も同様で、スポーツとテクノロジーをかけ合わせたスポーツテックは新たな分野として確立しています。

スポーツテックには、スポーツの新たな楽しみ方を創造するものや新たなトレーニング・分析を実現するものなど「する」分野のアプローチ、新たな観戦スタイルの創造やファンの満足度の向上など「みる」分野のアプローチ、選手・チームのパフォーマンスの向上・怪我の防止や業務効率化など「ささえる」分野のアプローチがあります。

ユーフォリアは、この「ささえる」分野でのSaaS「ONE TAP SPORTS」を展開しています。

テクノロジーの発展により、スポーツの領域ではこれまでよりも様々なデータを取得できるようになり、科学的な根拠にもとづく分析なども広く行われるようになってきました。

また、スポーツ選手は怪我が多いのですが、高性能なウェアラブルデバイスにより身体の状態を常に把握したり、データの蓄積と分析によって異常を発見することで怪我を防ぐこともできます。

ほかにも最新のスポーツ科学を活用したトレーニングなどを行うことがあり、人間の心身に関する新たな知見が蓄積されているといえます。

これらの知見はヘルスケアなどにも活用できる可能性があり、スポーツ領域とヘルスケア領域は互いに密接に関係し合いながら発展していくと考えられます。

企業・組織を成長させるためには、テクノロジーを活用した最新のツールを活用することが重要です。「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備ノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ ONE TAP SPORTS ウェルビーイング コクヨ コンディション システム スポーツ スポーツテック スポーツ科学 スポーツ選手 チーム データ トレーニング フィットネス ヘルスケア マーケティング ユーフォリア 可視化 商品開発 情報 支援 株式会社 管理 記録 資本業務提携 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

高精細小型SAR衛星の「QPS研究所」が8.65億円調達
2020年11月5日、株式会社QPS研究所は、総額8億6,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 独自開発した小型衛星用の大型軽量アンテナにより、従来の衛生の20分の1の質量、100分の1…
住生活領域の企業向けマーケティング支援「RoomClipリサーチ」がリリース
2022年5月26日、ルームクリップ株式会社は、「RoomClipリサーチ」の提供を開始することを発表しました。 ルームクリップは、家具・家電・雑貨などインテリアの写真を投稿・閲覧できる、住生活の領域…
シンガポール発・人事分析ツール「パナリット」提供の「Panalyt」が3.3億円調達
2021年7月28日、Panalyt Pte Ltd(本社シンガポール)は、総額約3億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 人事分析ツール「パナリット」を開発・提供しています。 散ら…
P2P保険プラットフォーム開発の「Frich」が「Plug and Play Japan」から日本初の資金調達
2019年9月18日、Frich株式会社は、Plug and Play Japanから資金調達することを発表しました。 Frichは、P2P保険プラットフォーム「Frich(フリッチ)」を開発していま…
営業に特化した顧客データプラットフォーム「TranSales」提供の「スマスマ」が6,000万円調達
2021年11月1日、株式会社スマスマは、総額約6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 将来の見込顧客を予測し、精度の高い顧客情報を提供する顧客データプラットフォーム「TranSale…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ