コンプライアンス研修特化Eラーニング「OneCompliance」が正式リリース

tips

株式会社Oysterは、「OneCompliance(ワンコンプライアンス)」を2023年7月18日に正式リリースしたことを発表しました。

「OneCompliance」は、法人向けのコンプライアンス特化オンライン研修サービスです。

研修テーマごとに基礎学習・継続学習・年次学習という独自カリキュラムを設定し、継続的な学習による高いコンプライアンス意識の持続を実現しています。

また、法務・労務・情報システムの研修テーマを網羅的に提供しているほか、PC・スマホのマルチデバイス対応、動画・テキストの両方の学習コンテンツを用意していることなどを特徴としています。


日本では1990年代から2000年初頭にかけ、粉飾決算や、偽装事件、長時間労働・パワハラによる従業員の自殺などの企業の不祥事が相次ぎ、コンプライアンスという言葉が広く使われるようになっていきました。

コンプライアンスとは、もとは法令遵守という言葉ですが、現代社会では、法令だけでなく、就業規則・業務規定などの社内規範、倫理・公序良俗などの社会的規範、企業理念・社会的責任などの企業倫理といった広い範囲の規範を遵守することを意味しています。

近年は、従業員の意識も高まっており、上司や役員などのハラスメントや不法行為などが告発される例も増えており、企業ではコンプライアンスを守るための体制づくりが重要となっています。

コンプライアンス研修は、社員などに対し、コンプライアンスの重要性や、違反によって生じるリスク、守るべき法令などを周知することを目的とした社内研修です。

一方でコンプラ研修の実施においては、研修のためのリソースが不足している、実施してもきちんと受講されず成果につながらないといった課題を抱えている企業が数多く存在しています。

そのため、質の高いコンプライアンス研修サービスや、学習コンテンツのニーズが高まっているのです。

株式会社Oysterのコメント

このニュースを受けまして、株式会社Oyster 代表取締役 谷口香津郎氏よりコメントが届きました。

・今回の新サービスの売りは何ですか?

1)継続学習による、高いコンプライアンス意識の持続
2)法務・労務・情報システム分野の、網羅的・最新のコンテンツ配信
3)動画・テキスト形式を選択可能で、マイクロラーニング(短時間学習の仕組み)を取り入れた受講者エンゲージメントを高める仕組み
4)ダッシュボードや自動リマインダー送付による、研修実施・管理工数の最小化

・今後の展望を教えてください。

職場のコンプライアンス違反、ハラスメントを最小化し、一人ひとりが前向きにいきいきと仕事をできる環境を構築する

・読者へのメッセージをお願いします。

コンプライアンス研修でお困りのことがございましたらお気軽にお声がけ下さい!

教育や学習は企業の成長にとっても重要です。なかでも読書は効率的かつコストパフォーマンスの良い学習方法のひとつであるため、創業期には大きな助けとなってくれるでしょう。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「オフィス移転手帳」では、書店員が選ぶ社員教育に使える本10選を紹介しています。

また、企業を成長させるには資金調達に関するノウハウもしっかりと身につけることが肝心です。「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウや、クラウドファンディングを成功に導くためのノウハウなど、さまざまな資金調達に関するノウハウを提供しています。無料で送付しているので、ぜひご活用ください。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ eラーニング OneCompliance Oyster オンライン研修 カリキュラム コンプライアンス サービス ワンコンプライアンス 労務 学習 教育 株式会社 法人 法務 研修 社内研修
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

デイサービス向けリハビリ支援ソフト「リハプラン」提供の「Rehab for JAPAN」が「Chatwork」と業務提携
2022年11月7日、株式会社Rehab for JAPANは、Chatwork株式会社と、業務提携契約を締結したことを発表しました。 Rehab for JAPANは、デイサービス向けリハビリ支援ソ…
レアメタルリサイクルベンチャーの「エマルションフローテクノロジーズ」が1億円調達
2022年10月18日、株式会社エマルションフローテクノロジーズは、株式会社日本政策金融公庫からの新型コロナウイルス感染症対策挑戦支援資本強化特別貸付(新型コロナ対策資本性劣後ローン)により、1億円の…
自動野菜収穫ロボット開発の「inaho」が資金調達
2019年8月28日、inaho株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 自動野菜収穫ロボットと、そのロボットを活用したSaaSモデルのサービスを開発しています。 今回の資金は以下の点の強化…
資源循環プラットフォーム「pool」などを手がける「レコテック」が資金調達
2023年7月14日、レコテック株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 レコテックは、循環型サプライチェーンを構築するクラウドサービス「pool」、国産100%PCR材「pool resi…
AIコスメレコメンドサービス「My Salon」を手がける「WellTech」が資金調達
2024年3月15日、株式会社WellTechは、資金調達を実施したことを発表しました。 WellTechは、皮膚疾患領域での国内医薬品市場のリーディングカンパニーであるマルホ株式会社から2024年1…

大久保の視点

5/30史上初の野音起業フェス優勝は!宇宙ビジネスのBULL宇藤 恭士さん
2024年5月30日、創業手帳主催で野音起業フェスを実行しました。 ショートプレゼン大会「ライトニングトーク東京」を開催いたしました。 このイベントは、オン…
(2024/5/30)
ニコニコ超会議・学生ピッチ甲子園ビジネス部門優勝&1000万円獲得はウェルヘルス土井久生馬さん
2024年4月27日(土)~2024年4月28日(日)に幕張メッセでニコニコ超会議実行委員会で『ニコニコ超会議2024』が開催された。 『ニコニコ超会議20…
(2024/4/28)
「千代田区CULTURExTECH ビジコン2024」が丸の内TOKYO創業ステーションで2024年3月19日に開催
2024年3月19日(火)にStartup Hub Tokyo 丸の内(TOKYO創業ステーション 丸の内 1F・千代田区)で千代田CULTURExTECH…
(2024/3/19)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】