注目のスタートアップ

コーヒー専門ECプラットフォーム「Heirroom」を運営する「Oriental Coffee Ventures」が「オイシックス・ラ・大地」CVCから資金調達

company

2024年7月4日、株式会社Oriental Coffee Venturesは、資金調達を実施したことを発表しました。

引受先は、オイシックス・ラ・大地のCVCである「Future Food Fund」です。

Oriental Coffee Venturesは、コーヒー専門ECプラットフォーム「Heirroom(エアルーム)」や、クリエイティブコーヒーブランド「Lonich,(ロニック)」、コーヒー生豆・関連器材の輸入卸、焙煎豆の卸売事業「ホールセール」を展開しています。

「Heirroom」は、スペシャルティコーヒーを扱う事業者のみ出店していることを特徴とするコーヒー専門ECプラットフォームです。

各ブランドの個性的なスペシャルティコーヒーや、最先端のコーヒー機器を取りそろえています。

2024年6月にはフィリピンでテストローンチを実施しています。また、8月に韓国でのサービスローンチを予定しており、グローバルにサービスを展開していく計画です。


全日本コーヒー協会「日本のコーヒー需給表」によると、国内のコーヒー消費量は年々増加しており、1996年の約35万トンから2022年には約43万トンへと拡大しています。

さらに、日本は世界のコーヒー消費量の4%を占めています。これは、EU、アメリカ、ブラジルに次ぐ消費量です。このことから、日本は世界的にも大きなコーヒー市場を持つ国とされています。

近年のコーヒー市場の動向として、アメリカを中心にスペシャルティコーヒーが注目されています。国内でも、スペシャルティコーヒーを提供するカフェや、それを取り扱うロースター(焙煎所)が増加しています。

スペシャルティコーヒーとは、コーヒー豆の生産から消費まですべての段階で、一貫した体制・工程・品質管理が行われている高品質なコーヒーを指します。

コーヒー業界は大量生産・大量消費のモデルによって価格が低迷し、零細のコーヒー豆農園は十分な利益を得られないという状況に陥りました。この状況の救世主となったのがスペシャルティーコーヒーです。

スペシャルティコーヒーは、コーヒーに美味しさやオリジナリティといった付加価値を与え、生産者にも利益を還元することを目的としています。つまり、コーヒー豆の持続可能な生産・流通を実現するための仕組みとしても注目されています。

こうしたスペシャルティコーヒーは、流通量が少ないため、多くのロースターは自社のECサイトのみで販売するケースが目立ちます。

Oriental Coffee Venturesは、こうした状況下で、世界各地のスペシャルティーコーヒーを取りそろえたコーヒー専門ECプラットフォームを展開し、出展者の販路拡大を支援しています。

株式会社Oriental Coffee Venturesのコメント

このニュースを受けまして、株式会社Oriental Coffee Ventures 代表取締役 丸山 伶介氏よりコメントが届きました。

・今回の資金調達の目的は何ですか?

コーヒー専門ECプラットフォームであるHeirroomは、ローンチから順調にユーザー数も増加し、出店者並びに消費者の双方からの確かな需要を確認できました。今後一層スピード感を持ってサービスの拡充・拡大を実現する為に、食品EC・通販業界のリーディングカンパニーであるオイシックスグループ様からサポートを頂くことで、Heirroomをより早く、またより良いサービスにすべく、この度資金調達を実施いたしました。

・今後の展望を教えてください。

まずは既存機能やUI/UXの改善と本格的なマーケティング活動を行なってまいります。並行して、国内の商業施設様などと提携し、オフラインの場でも小規模ロースターの販路を広げていきたいです。フィリピンではテストローンチ済、近々韓国でのローンチも控えているので、アジア全域で一気に、且つ地道に広げていければと思っています。

・読者へのメッセージをお願いします。

Heirroomと弊社Oriental Coffee Venturesをどうぞよろしくお願いいたします。

企業の成長には戦略的な資金調達や、シナジーの見込める企業との提携が重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウや、融資を受けるためのノウハウなど詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ BtoB ECプラットフォーム Future Food Fund Heirroom Lonich OCV Oriental Coffee Ventures アジア エアルーム グローバル コーヒー スペシャルティコーヒー ホールセール ロニック 嗜好品 専門 株式会社 焙煎豆 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

DXの相談窓口を運営する「ユーティル」が5.4億円調達
2023年12月15日、株式会社ユーティルは、総額5億4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 ユーティルは、Web制作に関する相談カウンター「Web幹事」、動画制作に関する相談カウンタ…
AI面接サービス「SHaiN」提供の「タレントアンドアセスメント」が3.35億円調達
株式会社タレントアンドアセスメントは、総額3億3,460万円の資金調達を実施したことを発表しました。 スマートフォン・アプリなどを介してAIが面接を行うサービス「SHaiN」を提供しています。 応募者…
デジタルファブリケーション技術を活用した建築設計事業などを手掛ける「VUILD」が1.4億円調達
2022年7月29日、VUILD株式会社は、総額約1億4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、コクヨ株式会社、小豆島ヘルシーランド株式会社、株式会社スピーディ、野原ホールディ…
建設業界向け立替・決済サービス提供の「ランドデータバンク」がNEDO公募事業に採択決定
2020年12月1日、株式会社ランドデータバンクは、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の「Connected Industries 推進のための協調領域データ共有・AIシス…
ヘリ手配オンデマンド・システム運営の「AirX」が1.3億円調達
株式会社AirXは、総額約1億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 遊休ヘリと着陸地の独自データベースに基づくヘリ手配オンデマンド・システム「AIROS(エアロス)」の運営や、エアモ…

大久保の視点

世界最大級のビジネスコンテスト・スタートアップワールドカップ東京大会優勝はDigital Entertainment Asset山田耕三さん
世界最大級のビジネスコンテスト「スタートアップワールドカップ」の東京予選である「TOKYO REGIONAL 2024」が、2024年7月19日(金)に開催…
(2024/7/19)
IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】