注目のスタートアップ

小型SAR衛星の開発・衛星データの販売・データ解析によるソリューションの提供を行う「Synspective」が総額50億円の融資契約を締結

company

2023年7月20日、株式会社Synspectiveは、独立行政法人中小企業基盤整備機構による革新的技術研究成果活用事業円滑化債務保証制度を活用し、総額50億円の融資契約(期間5年)を締結したことを発表しました。

Synpectiveは、小型SAR衛星の開発・運用、衛星データの販売、データ解析によるソリューションの提供を行っています。

これまで3機の小型SAR衛星を打ち上げ、画像取得に成功し、その運用を行っています。さらにデータサイエンスや機械学習を活用してデータを解析し、意思決定や業務効率化に利用できる情報を提供するクラウドベースのソリューションサービスを顧客に提供しています。

2020年代後半には、30機の衛星コンステレーションとアナリティクスプラットフォームを活用し、準リアルタイムで世界の変化を理解できる統合システムの構築を目指します。


2010年時点の世界の宇宙ビジネス市場規模は約27兆円でしたが、2019年には約40兆円へと成長しています。将来的には2040年代に100兆円を超える市場規模に達すると予測され、この市場は非常に注目されています。

宇宙ビジネスの急速な成長は、超小型衛星の進化と打ち上げコストの低下が大きな要因となっています。これにより多くのスタートアップが市場に参入しています。

人工衛星の打ち上げ数も増加しており、2011年には129機でしたが、2021年には1,809機となりました。そして、2030年頃には年間4,000機以上になると予測されています。

これらの衛星はリアルタイムまたは準リアルタイムで地上の情報を収集することができます。これはインターネット環境の整備されていない場所でもデータを取得可能であり、そのカバー範囲の広さから、今後衛星データ活用が世界的に重要となると考えられています。

Synspectiveは、衛星コンステレーションを構築することを目指しています。これは複数の衛星を打ち上げ、地球の広範囲をカバーするネットワークを形成するシステムであり、小型衛星でも世界の変化を準リアルタイムで把握することを可能にします。これにより、世界の変動を迅速に把握するシステムを実現することを目指しています。

最新技術を活用したプロダクトの開発には豊富な資金が必要です。シリーズ発行累計200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関する情報を提供しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ SAR クラウド ソリューション データ 宇宙ビジネス 小型 小型SAR衛星 株式会社 融資 衛星 衛星コンステレーション 衛星サービス 解析 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

市民参加型合意形成プラットフォーム「Liqlid」開発の「Liquitous」が資金調達
2022年9月27日、株式会社Liquitousは、資金調達を実施したことを発表しました。 市民参加型合意形成プラットフォーム「Liqlid」の開発と、導入・運用・定着支援、効果分析を通した社会実装を…
B2B向け3Dプリント製造ソリューション提供の「3D Printing Corporation」が1.3億円調達
株式会社3D Printing Corporationは、総額約1億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 3Dプリンターを活用した製造の総合ソリューションを提供しています。 3Dプリ…
SaaS型保険システム「joinsure」などを展開する「justInCaseTechnologies」が5.7億円調達
2023年1月30日、株式会社justInCaseTechnologiesは、総額5億7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 justInCaseTechnologiesは、SaaS型…
複業で先生をしたい人と学校をつなぐ「複業先生」運営の「LX DESIGN」が資金調達
2021年12月1日、株式会社LX DESIGNは、資金調達を実施したことを発表しました。 複業で先生をしたい人と学校をつなぐ「複業先生」を運営しています。 学校や教育施設が、教育に関わりたい多様な民…
カンボジアBOPファイナンス事業や小型家電リサイクル事業など展開の「リネットジャパングループ」が1億円調達
2020年7月28日、リネットジャパングループ株式会社は、1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 これは、百五銀行が取り扱う「百五SDGs私募債(企業応援型)」によるものです。 リネットジャパ…

大久保の視点

世界最大級のビジネスコンテスト・スタートアップワールドカップ東京大会優勝はDigital Entertainment Asset山田耕三さん
世界最大級のビジネスコンテスト「スタートアップワールドカップ」の東京予選である「TOKYO REGIONAL 2024」が、2024年7月19日(金)に開催…
(2024/7/19)
IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】