注目のスタートアップ

コーポレートガバナンスの強化をサポートするSaaSを運営する「KiteRa」が14億円調達

company

2022年4月13日、株式会社KiteRaは、総額約14億円の資金調達を実施したことを発表しました。

KiteRaは、コーポレートガバナンスの強化をサポートするSaaS「KiteRa(キテラ)」を運営しています。

コーポレートガバナンスのベースとなる社内規程類の作成・運用・電子申請といった一連の流れをクラウド上で効率化するサービスです。

2022年4月現在、社会保険労務士事務所向けに「KiteRa Pro」を提供していますが、近日中に一般企業向け「KiteRa Biz」をリリースする予定です。

今回の資金は、社労士向けプロダクト開発体制のさらなる強化、一般企業向けサービスの開発・展開に充当されます。

コーポレートガバナンスは、日本語では企業統治と訳されます。具体的には、企業内の不正を防ぐ仕組みや、効率的に業務を遂行するための仕組み、株式会社の場合は経営陣が株主の利益のために企業経営を行っているのかを監視する仕組みなどがコーポレートガバナンスにあたります。

これまでコーポレートガバナンスは上場企業や上場を目指す企業のものであるという考えも強かったのですが、上場していない中小企業にとっても重要なものとなりつつあります。それは、企業はただ利益を追求するだけでなく、社会的な存在意義も重視されるようになってきているからです。

このような市場の変化を受け、コーポレートガバナンスの強化に取り組むスタートアップや中小企業が増加しており、それを支援するためのサービスも提供されるようになってきているのです。

スタートアップは成長に伴い社内制度を柔軟に変化させていく必要があります。社労士はこのような場合に大きな助けとなってくれる存在です。「冊子版創業手帳」では、社労士などの専門家と契約する方法や、活用法などを解説しています。また、創業手帳の無料会員向けに、専門家を無料で紹介していますので、こちらもご活用ください。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ KiteRa KiteRa -Pro- KiteRa Biz SaaS キテラ コーポレート・ガバナンス 効率化 株式会社 社会保険労務士 社内規定 社労士 神聖 資金調達 電子申請
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

特注建設部材の調達サービスを展開する「BALLAS」が1億円調達
2022年5月10日、株式会社BALLASは、総額約1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 BLLASは、特注建設部材の調達サービス「BALLAS」を展開しています。 施工現場で使用する特注の…
レシート買取アプリ「ONE」運営の「WED」が資金調達
2022年1月27日、WED株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 レシート買取アプリ「ONE」を運営しています。 アプリをインストールしたユーザーに自身の買い物によって出たレシートを撮影…
複業で先生をしたい人と学校をつなぐ「複業先生」運営の「LX DESIGN」が資金調達
2021年12月1日、株式会社LX DESIGNは、資金調達を実施したことを発表しました。 複業で先生をしたい人と学校をつなぐ「複業先生」を運営しています。 学校や教育施設が、教育に関わりたい多様な民…
看護師向けメンタルサポートサービスを開発する「Plusbase」が資金調達
2022年5月9日、株式会社Plusbaseは、資金調達を実施したことを発表しました。 Plusbaseは、看護師向けメンタルサポートサービス「ナースビー(Nurse-be)」と、医療機関向けメンタル…
地方創生メディア「Fledge」とNPO法人「日本で最も美しい村」連合が連携
2019年7月31日、インビジョン株式会社は、NPO法人「日本で最も美しい村」連合と連携することを発表しました。 「日本で最も美しい村」連合は、失ったら二度と取り戻せない日本の農山漁村の景観・文化を守…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ