VR/AR/MR領域に対するプロダクトの企画・開発の「Synamon」が2.5億円調達

company

株式会社Synamonは、総額約2億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

また、引受先の1社でもある、AI翻訳の株式会社ロゼッタとは資本業務提携も実施し、グローバル・ユビキタスなオフィス、海外旅行、ビジネスイベントのためのVRシステム開発を目指すとしています。

Synamonは、VR空間での最適なユーザ体験を創るためのベース・システム「NEUTRANS」など、VR/AR/MR領域に対するプロダクトの企画・開発を手掛けています。

今回の資金は、技術開発、要件定義や提案内容のレベル向上、組織体制の強化を目的とした採用推進、関連技術の多様化・高度化に対応するための研究開発、先端技術を活用しての価値創出の推進に充当されるようです。

VRやMRなどのxR技術は、5G時代における技術として注目されており、コロナ以前から研究開発やプロダクトの提供が進められていました。

xR技術は、スポーツなどのエンターテインメント領域だけでなく、医療におけるVR研修や手術中でのARを活用した情報表示、製造業での支援など、活用先は多岐にわたります。

また、新型コロナウイルス感染症の流行によりオンラインでのやりとりがニューノーマルとなってきており、VR技術は営業や展示会、不動産の内見においてすでに活用されています。

xR技術は、今後もさらに多様なニーズに対応するため、その技術を進化させていくことでしょう。

最新技術の開発には資金調達が重要です。「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関する情報を提供しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AR MR NEUTRANS Synamon VR XR 株式会社 研究開発 資金調達

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

大久保の視点

【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ