注目のスタートアップ

キャンプ場や宿泊施設の開発・運営などを手がける「R.project」が不動産の保有賃貸業・投資開発事業を展開する「ヒューリック」と資本業務提携

company

2023年5月31日、株式会社R.projectは、ヒューリック株式会社と、資本業務提携契約を締結したことを発表しました。

R.projectは、遊休施設を活用した合宿事業、子会社である株式会社Recampによるキャンプ場運営事業、キャンプ場成長支援プラットフォーム「なっぷ」事業、官民連携アウトドアコンサルティング事業、子会社である株式会社HEROによるBBQ事業、インターナショナルスクール事業などを手がけています。

ヒューリックは、不動産の保有賃貸業、投資開発事業を展開しており、近年新規事業領域の取り組みを強化しています。

今回の提携により、ヒューリックが注力するこども教育事業とシナジーの期待できるアウトドア事業において取り組むほか、既存のキャンプ場施設のバリューアップなどにも取り組みます。


キャンプをはじめとしたアウトドア市場は、2012年頃から成長を見せ始めています。

さらにコロナ禍では密を避けられるレジャーとしてキャンプの注目が高まり、日本オートキャンプ協会「オートキャンプ白書2022」によると、2021年におけるキャンプ場の平均稼働率は、20.4%と過去最高の稼働率となりました。

アウトドアを活用した宿泊施設においては、合宿施設としての付加価値向上を図る例があります。

合宿施設は、学生や企業の合宿としての利用を想定した総合的な宿泊施設であり、グラウンドやテニスコートなどのスポーツを行える設備などを備えていることを特徴としています。

各自治体が直接運営する公共施設としての合宿施設も全国には多数存在していますが、老朽化の問題、自治体のリソースの問題などによって有効的に活用できなくなってきているケースも増えています。

こうした公共施設を有効活用するため、企業が付加価値をつけて再生させるというプロジェクトも増加しています。

R.projectは、こうした公共施設などを受け継ぎ、合宿施設や宿泊施設として再生させるプロジェクトなどを手がけています。

SDGsの推進や新型コロナなどの環境の変化により、消費者のニーズも大きく変化しています。そのため、市場を分析することの重要性がさらに高まっています。「冊子版創業手帳」では、自社の強み・弱み、市場の機会・脅威を分析するフレームワークを掲載しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ BBQ R.project Recamp アウトドア キャンプ キャンプ場 コンサルティング なっぷ ヒューリック レジャー 不動産 事業 官民連携 宿泊施設 展開 投資 株式会社 賃貸 資本業務提携
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

スマートライフプラットフォーム「SpaceCore」提供の「アクセルラボ」が7億円調達
2022年1月15日、株式会社アクセルラボは、総額7億円の資金調達を実施したことを発表しました。 スマートライフプラットフォーム「SpaceCore(スペース・コア)」を提供しています。 不動産・ハウ…
「創業手帳」によるゲーム形式のセミナー「「エンジェルゲーム」~シード期の資金調達を体験する~」が12/7に開催
創業手帳株式会社は、「「エンジェルゲーム」~シード期の資金調達を体験する~」を2020年12月7日(月)に開催することを発表しました。 「「エンジェルゲーム」~シード期の資金調達を体験する~」は、シー…
動画配信プラットフォームサービスを提供する「PLAY」が「WOWOW」と資本業務提携
2023年3月31日、株式会社PLAYは、株式会社WOWOWと資本業務提携、株式会社TBSホールディングス、およびテレビ東京ホールディングスと資本提携を行ったことを発表しました。 PLAYは、OTT配…
素材業界向け研究開発データ管理プラットフォーム開発の「ランデフト」が7,000万円調達
2021年10月20日、株式会社ランデフトは、総額約7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 材料科学分野の研究開発データ管理プラットフォームを開発しています。 材料科学分野の研究開発で…
需要者と供給者を直接マッチングする木材プラットフォーム「eTREE」運営の「森未来」が8,000万円調達
2021年10月6日、株式会社森未来は、総額8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 いつでも簡単に適正価格の木材を購入できるプラットフォーム「eTREE(イーツリー)」を運営しています…

大久保の視点

IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
5/30史上初の野音起業フェス優勝は!宇宙ビジネスのBULL宇藤 恭士さん
2024年5月30日、創業手帳主催で野音起業フェスを実行しました。 ショートプレゼン大会「ライトニングトーク東京」を開催いたしました。 このイベントは、オン…
(2024/5/30)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】