一滴の尿からがんを早期発見する検査技術など開発の「Icaria」が資金調達 「Craif株式会社」に社名を変更

2020年6月17日、Icaria株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。

また、Craif株式会社に社名変更したこともあわせて発表しました。

尿中に含まれているmicroRNAを高効率に分離・回収することで、高精度ながん早期診断を可能にする独自デバイスを開発しています。

この診断には、Craifが開発する、microRNAデータベースと機械学習技術を組みあわせたプログラムを利用します。

microRNAは、細胞から分泌される生体物質です。がん細胞と正常細胞では分泌されるmicroRNAの種類や量が異なるため、これを分析することでがんの早期診断を行うことができます。

日本の死因として、がんは1981年~2019年まで連続で1位となっています。そのため、生存率が9割ある早期に発見し治療することが非常に重要となっています。

現在がんの早期診断の方法としては、PET/CT検査や、PET/MRI検査があります。しかしPET/CT検査では、胃がん、肝臓がん、肺がんなどは発見しづらいという課題があります。また、PET/MRIはPET/CTよりも普及が遅れています。要因としてMRIの装置価格が高いことが挙げられます。

そのため尿からがんの早期診断ができるようになれば、多くの病院で診断できるようになるだけでなく、検査時間の短縮や、身体への負担が少なくなるなど、様々なメリットがあります。

社会課題を解決する社会課題解決型ビジネスは、すぐに結果がでるものではなく、ビジネスとして成り立たせるために大きなハードルがあります。「冊子版創業手帳」では、様々な起業家のインタビューを掲載しています。先人がどのように困難を突破してきたかを知ることは、起業や経営に大きく役立つことでしょう。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Craif Icaria がん 医療 株式会社 検査 診断 資金調達 開発

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

大久保の視点

【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ