不動産データ・プラットフォーム提供の「estie」が2.5億円調達

2020年7月14日、株式会社estieは、約2億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

また、オフィス賃貸業向けデータ・プラットフォーム事業「estie pro(エスティプロ)」のリニューアルも発表しました。

「estie pro」は、不動産市場の公開情報を一つのプラットフォームに集約し、独自開発したAIアルゴリズム「e-賃料」により推定成約賃料を推定し、不動産事業者の意思決定をサポートするサービスです。

今回のリニューアルにより、50以上のデータ・パイプラインから不動産デベロッパー、管理会社、仲介会社の持つ独自情報を集約して提供を開始しました。

これに伴い、「e-賃料」を日本全国のオフィスビルを対象にバージョンアップしたようです。さらに過去データおよび将来予測値を順次試験提供いくようです。

またestieは、賃貸オフィス・マッチング・サービス「estie」も提供しています。

東京など主要都市では、オフィスの空室率低下と平均募集賃料の上昇が続いています。しばらくは需要が供給を上回るとみられています。

要因としては、IT企業やコワーキング・スペース業などによるオフィス需要や、人材確保の観点から高品質なオフィスのニーズの高まりなどがあるようです。

起業にはオフィスが必要です。しかし初めての起業の場合、どのようなオフィスを契約すればわからない場合があるでしょう。「冊子版創業手帳」では、創業期におすすめのオフィスの形態やオフィスの選び方などを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AI estie estie pro エスティプロ オフィス データ 不動産 株式会社 賃貸 資金調達

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業のピックアップニュース

大久保の視点

スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
クラウド出張手配・管理サービス運営の「AIトラベル」が2億円調達
2019年8月5日、株式会社AIトラベルは、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 次世代クラウド出張手配・管理サービス「AI Travel」を…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ