不動産仲介業者の業務をオンライン化する「カナリー」運営の「BluAge」が3億円調達

2020年7月30日、株式会社BluAgeは、総額約3億円の資金調達を実施したことを発表しました。

不動産仲介業者の業務をオンライン化する業務効率化ソリューションと、お部屋探しアプリである「カナリー(CANARY)」を運営しています。

「カナリー」は、管理会社と連携することで物件情報をデジタル化し、物件情報の自動掲載を可能としています。

これにより広告掲載作業から解放され、顧客対応に集中できるようになります。

不動産業界はレガシー産業と呼ばれ、デジタル化が遅れている業界です。

物件の確認や、内見手配、申し込みなど、電話やFAXで行っており、効率がよくありませんでした。

BluAgeは「カナリー」の提供を通じて、現地待ち合わせ現地解散の内見や、オンラインで完結する契約などを実現し、不動産業界におけるDX(デジタル・トランスフォーメーション)を支援しています。

人手不足が深刻になってきているため、業務効率化はすべてのビジネスにおいて重要です。創業期はなにもない状態からはじまるため、最新のシステムを導入するのにうってつけです。「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ BluAge CANARY カナリー 不動産 不動産テック 株式会社 業務効率化 物件 資金調達

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

大久保の視点

【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ