注目のスタートアップ

シングルマザー向け住宅の調達と提供などを手がける「LivEQuality大家さん」が3.2億円調達

company

2023年6月2日、株式会社LivEQuality大家さんは、インパクトボンド(私募社債)を発行し、銀行からの融資、エクイティ(普通株式)の発行と合わせて総額3.2億円の資金調達を実施したことを発表しました。

LivEQuality大家さんは、アフォーダブルハウジングに活用する住宅の取得・運用を通じ、シングルマザーの住まいに関する課題を解決することを目指す「ソーシャル大家事業」、住まい探しに困難を抱えている人向けに、物件情報や行政サービスの手続き方法など、適切な情報を提供する「ソーシャル住まい探し事業」などを展開しています。

「ソーシャル大家事業」では、就業機会を得やすいアクセスの良い物件など母子家庭が住みやすい場所を選定して物件を取得し、シングルマザー世帯に市場相場よりも安価な賃料で物件を提供しています。また、市場相場水準の居住者と市場相場水準以下の居住者がバランスを保ち居住することで、収益性を確保し、さらに低所得者向け住宅・エリアといった偏見が地域に生まれることを防いでいます。

今回の資金は、アフォーダブルハウジングに活用するための住宅の取得に充当されています。

この住宅に入居するシングルマザー等の世帯に対しては、家賃の割引などの生活再建期の経済的サポートを行うほか、連携するNPO団体などによる包括的な伴走型支援を提供します。


アフォーダブルハウジング(アフォーダブル住宅)とは、一般庶民でも買える(借りられる)価格帯の住宅のことです。

ニューヨーク、ロンドン、パリ、東京、香港、シンガポールなどの都市では住宅価格や家賃が高騰しており、一定の所得のある人、あるいは受け継がれてきた家・土地がある人でない都市になってきています。

一方、仕事や勉強のために住宅・家賃の高い場所に住まなければならない場合もあり、このような人びとにとっては、住宅価格・家賃は大きな家計の負担となっています。

アフォーダブルハウジングは、低所得者層、あるいは住宅価格・家賃が高騰している地域での中所得者層でも、劣悪な環境でなく、家計を圧迫せずに住むことができる住宅として提供されるものです。

アフォーダブルハウジングとしては、公営住宅がありますが、倍率が高く、需要に対して供給が足りていないという課題があります。

近年は、企業による社会課題解決型のビジネスが注目されていることもあり、企業主体でのアフォーダブルハウジングも登場してきています。

社会課題をビジネスで解決するには多くの困難がつきまといます。こうした困難を解決するには、起業家仲間などに相談したり、先人の知恵などから学ぶことも重要です。「冊子版創業手帳」では、さまざまな起業家のインタビューを掲載しています。先人がどのように困難を乗り越えてきたかを知ることは、ビジネスの成長につながるはずです。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ LivEQuality大家さん アフォーダブルハウジング アフォーダブル住宅 シングルマザー ソーシャル大家事業 不動産 住宅 大家 暮らし 株式会社 母子家庭 生活 社会課題 貧困 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

ポータブル空気清浄機・加湿器などの「カドー」が資金調達
2019年11月1日、株式会社カドーは、資金調達を実施したことを発表しました。 ポータブル空気清浄機「LEAF-Portable」や、ポータブル加湿器「STEM Portable」、加湿器「STEM …
精神疾患・メンタルヘルスのAI診断サービスを開発する「Medi Face」が3,100万円調達
2022年7月1日、株式会社Medi Faceは、総額約3,100万円の資金調達を実施したことを発表しました。 Medi Faceは、精神疾患・メンタルヘルスのAI診断サービス「Medi Face」を…
次世代型アグリテインメントプラットフォーム「grow」を展開する「プランティオ」が「テクノブレイブ」と資本業務提携
2023年4月3日、プランティオ株式会社は、テクノブレイブ株式会社と資本業務提携することを合意したことを発表しました。 プランティオは、次世代型アグリテインメントプラットフォーム「grow」を展開して…
カンボジアBOPファイナンス事業や小型家電リサイクル事業など展開の「リネットジャパングループ」が1億円調達
2020年7月28日、リネットジャパングループ株式会社は、1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 これは、百五銀行が取り扱う「百五SDGs私募債(企業応援型)」によるものです。 リネットジャパ…
サブオービタル・スペースプレーン開発の「SPACE WALKER」が3.25億円調達
2020年6月22日、株式会社SPACE WALKERは、総額3億2,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 サブオービタル・スペースプレーン(宇宙飛行機)の設計・開発を行っています。 2…

大久保の視点

5/30史上初の野音起業フェス優勝は!宇宙ビジネスのBULL宇藤 恭士さん
2024年5月30日、創業手帳主催で野音起業フェスを実行しました。 ショートプレゼン大会「ライトニングトーク東京」を開催いたしました。 このイベントは、オン…
(2024/5/30)
ニコニコ超会議・学生ピッチ甲子園ビジネス部門優勝&1000万円獲得はウェルヘルス土井久生馬さん
2024年4月27日(土)~2024年4月28日(日)に幕張メッセでニコニコ超会議実行委員会で『ニコニコ超会議2024』が開催された。 『ニコニコ超会議20…
(2024/4/28)
「千代田区CULTURExTECH ビジコン2024」が丸の内TOKYO創業ステーションで2024年3月19日に開催
2024年3月19日(火)にStartup Hub Tokyo 丸の内(TOKYO創業ステーション 丸の内 1F・千代田区)で千代田CULTURExTECH…
(2024/3/19)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】