注目のスタートアップ

クラウド型メールサービス「yaritori」提供の「Onebox」が4,000万円調達

company

2022年4月21日、Onebox株式会社は、総額4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

Oneboxは、クラウド型のメールサービス「yaritori」を運営しています。

メールのみ対応・対応済みなどのステータスでメールを分類したり、メール返信担当者を設定できる機能により、複数人でのメール対応を簡単にするメールサービスです。

また、メールごとに社内メンバーでチャットが行うことができ、対応漏れなどを防止し、効率的なメール対応を実現することができます。

今後、個人アドレスの一元管理や、Slackなどとのツール連携をさらに強化し、社内外のコミュニケーションをシームレスに完結させることを目指していきます。

今回の資金は、さらなるプロダクト開発の強化に充当します。

「ビジネスメール実態調査2021」によると、仕事で使っている主なコミュニケーション手段の第1位は「メール」となっています。さらに98.9%と圧倒的に利用されていることもわかります。Slackなどのビジネスチャットが普及していることを考えると、これは予想外に大きな数字でもあります。

また、メールクライアントの利用率は「Outlook」と「Gmail」の2つがほとんどを占めており、多くの組織はこの2つのメールクライアントをベースに仕事が回っているといっても過言ではないでしょう。

しかし、Eメールが誕生して数十年経ちますが、メール業務において新たな体験を提供するプロダクトはほとんど提供されてきませんでした。メールは基本的に1対1のやり取りを前提としており、組織にメールを共有する場合、転送などを行いますが、それを行っていくうちに情報が混乱していきます。これがメールにおける大きな課題であり、ビジネスチャットなどへの転換が叫ばれている理由のひとつでもあります。

Oneboxは、複数人でのメール対応を効率化するクラウド型メールサービス「yaritori」により、メールという圧倒的に利用されているコミュニケーションをそのままに、新たな業務体験を提供しています。

Onebox株式会社のコメント

このニュースを受けまして、Onebox株式会社 代表取締役 奥村恒太氏よりコメントが届きました。

・今後の展望を教えてください。

メールを共有・管理して効率化するということは実現できつつあるので、Slackなどとのツール連携をさらに強化して利便性を高めていくとともに、個人アドレスの一元管理やグループチャット機能などを追加し、社内外のコミュニケーションがシームレスに完結することを目指していきます。

・読者へのメッセージをお願いします。

yaritoriは複数人でのメール対応を効率化できるサービスです。
さまざまな業界で利用いただいているので、仕事でメールを使っていてメール処理や情報共有でお手間を感じていましたら何らかのご活用方法をご提案させていただきます!

既存のシステムがある場合、新たなシステムを導入する際にはコストがかかります。しかし創業期はなにも導入されていないまっさらな状態なため、最新のシステムを導入するのにうってつけです。「冊子版創業手帳」では、社内システムの整備ノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Eメール Onebox yaritori クラウド コミュニケーション サービス チーム メール メール・クライアント メール・サービス 株式会社 組織 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

「AIトラベル」が法人向け日程調整効率化ツール「AIカレンダー」をリリース
2021年1月21日、株式会社AIトラベルは、「AIカレンダー」の提供を開始したことを発表しました。 「AIカレンダー」は、法人向け日程調整効率化ツールです。 Googleカレンダーと連携し、参加者の…
点検業務に関連するロボットやAIを開発する「オングリットホールディングス」が8,000万円調達
2022年4月25日、オングリットホールディングス株式会社は、総額約8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 点検業務に関連するロボットや人工知能システム(AI)の開発や、インフラ点検事…
AIによる不正ユーザー検知システム「Stena」提供の「ChillStack」が3,000万円調達
2020年3月31日、株式会社ChillStackは、約3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、AI特化型インキュベーターの、株式会社ディープコアです。 AI技術を用いた不正…
顧客データ統合ツール「MAGNET CDP」がノーコード・データベース・サービス「Airtable」とAPI連携開始
2021年3月24日、株式会社KIYONOは提供する「MAGNET CDP」において、Airtableが提供する「Airtable」とのAPI連携を2021年4月から開始することを発表しました。 KI…
クラウド労務管理サービス「WelcomeHR」提供の「ワークスタイルテック」が資金調達
2021年8月27日、ワークスタイルテック株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 ワークスタイルテックは、クラウド労務管理サービス「WelcomeHR」を提供しています。 入社手続きに必要…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ