注目のスタートアップ

デジタルiPS技術により神経難病の早期診断支援・病態予測を目指す「タイムプレ」が7,000万円調達

company

2023年2月1日、タイムプレ株式会社は、7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

タイムプレは、デジタル技術と患者iPS細胞を融合させた「デジタルiPS技術」により、神経難病の早期診断支援と病態予測の実現を目指しています。

今回の資金は、デジタルiPS技術の研究開発体制の拡充に充当します。


山中伸弥教授率いる京都大学の研究グループがiPS細胞を発表したのは2006年のことです。

iPS細胞は万能細胞とも呼ばれ、理論上どんな細胞にも分化することができ、再生医療という革新的な医療の可能性を示しています。

iPS細胞の実用化に向けた計画は想定よりも遅れていますが、iPS細胞は再生医療のほかにも、病態解明や創薬に向けた研究などでも応用されています。

タイムプレは、患者iPS細胞とデジタル技術の融合による「デジタルiPS技術」により、ALS(筋萎縮性側索硬化症)などの神経難病の早期診断支援や、アルツハイマー病などの超早期発症予測などの実現を目指しています。

事業のさらなる成長には戦略的な資金調達が重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ iPS細胞 ジタルiPS技術 タイムプレ デジタル 医療 技術 早期診断 病態予測 神経難病
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

AI問診や病名予測アプリ開発の「Ubie」が資金調達
平成30年5月7日、Ubie株式会社は、J-KISS型新株予約権により資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、関電ベンチャーマネジメントです。金額は非公表ですが、登記情報から3億円を調達した…
独自の免疫測定技術を活用したPOCT向け免疫センサーデバイスを開発する「イムノセンス」が5億円調達
2023年2月2日、株式会社イムノセンスは、総額5億円の資金調達を実施したことを発表しました。 イムノセンスは、大阪大学産業科学研究所・民谷特任教授が開発した、免疫反応と電気化学反応を組み合わせた免疫…
エクソソーム創薬の「EXORPHIA」が2億円調達
2022年5月19日、株式会社EXORPHIAは、2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、株式会社慶應イノベーション・イニシアティブ(KII)が運営するファンドです。 EXORPHI…
AI技術を用いた高精度・早期診断対応のインフルエンザ検査法開発の「アイリス」が資金調達
2020年8月6日、アイリス株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 AI技術を用いた高精度・早期診断対応のインフルエンザ検査法を開発しています。 今回の資金は、研究開発の加速や、グローバル…
脳卒中リハビリロボットなど医療機器を開発する「東北医工」が資金調達
2022年6月17日、株式会社東北医工は、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、「岩手新事業創造ファンド2号」と「もりおかSDGsファンド」です。 東北医工は、関連会社である株式会社ピーア…

大久保の視点

明治大学でビジコン開催!優勝は明治大学文学部1年の大神千朋さん・多様性支援のDelquiデルクイ
2023年3月15日(水)に明治大学・御茶ノ水キャンパスで第1回明治ビジネスチャレンジ(明治ビジチャレ)が明治大学経営学部主催で行われた。 明治大学の各学部…
(2023/3/15)
「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集