注目のスタートアップ

「コンフィデンス」がWeb3×HR Techの「プロタゴニスト」に出資

company

2023年1月19日、株式会社コンフィデンスは、株式会社プロタゴニストに出資することを発表しました。

プロタゴニストは、Web3の専門家人材紹介サービス「Desume Concierge」や、オンチェーンデータを活用したポートフォリオサービス「Desume」、Web3のキャリア支援サービス「Plus Web3」、リクルーティングサポートサービス、ヘッドハンティングエージェントサービスなどを展開しています。

コンフィデンスは、ゲーム・エンターテインメント業界向けの人材派遣サービス、人材紹介、アウトソーシング事業、ゲーム業界特化メディア「GAMEMO」、Web3・メタバース関連の転職支援サービス「Web3.0 Jobs」などを展開しています。


Web3とは、暗号資産(仮想通貨)の基盤技術として知られるブロックチェーンを実装した次世代のインターネットや、その領域で展開されるサービスなどのことです。

ブロックチェーンは、P2P通信、非中央集権型、高い改竄耐性などの特徴を有しています。この技術をインターネットの基盤として実装することで、これらの特徴を備えたインターネットを実現できます。

現在、Web3の技術・サービスとして高い注目を集めているのがNFT(Non-Fungible Token:非代替性トークン)です。

NFTは、ブロックチェーン技術を活用することで、改竄されていないことや個人が所有していることを証明する証明書のようなデータが記録されたデジタルデータのことです。

一般的なデジタルデータは複製(コピー)や改竄が容易にできてしまうため、現実世界におけるモノとしての価値はありません。

しかしNFTはひとつひとつのデジタルデータの流通(取引)を追跡し、改竄されていないことや、個人が所有していることを証明します。これによってデジタルデータであっても唯一無二性が担保され、モノとしての価値が生まれます。

NFTはゲームとの親和性が高く、ブロックチェーンやNFTを活用したゲームはブロックチェーンゲーム/NFTゲームと呼ばれ、すでに世界中で遊ばれています。

ブロックチェーンゲーム/NFTゲームは、既存のソーシャルゲームの課題を解決できるものと考えられています。

たとえば、ソーシャルゲームやビデオゲームでは、ゲームをプレイすることでゲーム内の通貨を稼いだり、それによってゲーム内アイテムなどを購入したりできます。

またソーシャルゲームでは現実の通貨を利用してガチャを引いてアイテムを獲得しますが、一方でそれを現実の通貨に戻す、つまりアイテムを売って現実の通貨を獲得することはできません。

ブロックチェーンゲーム/NFTゲームでは、ゲームをプレイすることでゲーム内でアイテムを獲得したり、それを売って暗号資産を得ることができます。これをPlay to Earn(遊んで稼ぐ)といいます。

国内の大手ゲーム企業各社がブロックチェーンゲーム市場への進出を考えているなど、ゲーム業界においてWeb3は大きな注目を集めており、それに伴いWeb3人材のニーズも高まっています。

ブロックチェーンやAIなどの最新技術を活用したプロダクトの開発は時代をリードすることができます。しかしこれらの技術は専門知識を必要とするため、優秀な人材を獲得する必要があります。「冊子版創業手帳」では、創業期の人材採用ノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Desume Dsume Concierge GAMEMO HR Web3 Web3.0 Jobs アウトソーシング エンターテインメント ゲーム コンフィデンス ブロックチェーン ポートフォリオ メディア 人材派遣 人材紹介 専門家 株式会社
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

時間管理ツール「TimeCrowd」提供の「タイムクラウド」が2,550万円調達
2021年4月14日、タイムクラウド株式会社は、総額2,550万円の資金調達を実施したことを発表しました。 ニューノーマルな働き方に対応した時間管理SaaS「TimeCrowd」を提供しています。 労…
アジャイル開発/DX推進の「クリエーションライン」が「ヨドバシホールディングス」と資本業務提携
2022年5月31日、クリエーションライン株式会社は、株式会社ヨドバシホールディングスによる出資を受け、資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 クリエーションラインは、事業会社におけるソフトウ…
障害者への療育事業と就労支援事業を展開する「Gotoschool」が5,600万円調達
2022年10月19日、株式会社Gotoschoolは、総額5,600万円の資金調達を実施したことを発表しました。 Gotoschoolは、障害児通所支援事業の運営と、パーソナル運動療育施設の運営を行…
SNSマーケティングの「タグピク」と子会社の「マルシェ」が「電通」とD2Cブランディング領域において業務提携
2020年10月1日、タグピク株式会社と、子会社であるマルシェ株式会社は、株式会社電通との間で、業務提携契約を締結したことを発表しました。 この業務提携は、D2C事業の推進、支援高度化を目指すためのも…
副業人材マッチングサービス「lotsful」が愛知県のスタートアップ支援拠点「プレ・ステーションAi」と連携 入居スタートアップを支援する副業人材の募集を開始
2021年9月16日、パーソルイノベーション株式会社は、運営する「lotsful(ロッツフル)」が、愛知県のスタートアップ支援拠点「プレ・ステーションAi」と連携し、入居スタートアップを支援する副業人…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ