注目のスタートアップ

SaaS連携サービス「Master Hub」やSaaS連携アプリストア「SaaStainer」を提供する「ストラテジット」が2.5億円調達へ

company

2023年1月17日、株式会社ストラテジットは、HEROZ株式会社より、2.5億円の資金枠の調達について基本合意したことを発表しました。

ストラテジットは、SaaS連携サービス「Master Hub(マスターハブ)」や、SaaS連携アプリストア「SaaStainer(サーステイナー)」を提供しています。

「Master Hub」は、SaaS間の連携を高品質かつ短納期で実現するAPI連携開発プラットフォームです。

「SaaStainer」は、ノーコードでデータ連携を実現する連携アプリストアです。

アプリストアに掲載されている連携アプリは、簡単な設定をするだけでデータの自動連携を可能にします。


SaaS(Software as a Service)とは、クラウド上にあるソフトウェアをインターネット経由で利用できるサービスのことです。

インターネット環境さえあればWebブラウザからログインするだけで利用できるほか、保守・管理が不要、月額制であるため初期費用を抑えられるといった特徴があります。

SaaSは、会計・経費精算・営業・CRM(顧客関係管理)など、特化型のサービスが大半であるため、組織は必要に応じて複数のSaaSを導入することになります。

それぞれのSaaSは別の企業が提供していますが、導入する組織としては、会計と経費精算を連携させたいといったニーズがあります。

そのため多くのSaaSではシナジーの高い他社サービスや有名サービスとのAPIによる連携機能などを実装しており、組織はこうした連携面も考慮してSaaSを選定しています。

連携が充実しているSaaSほど柔軟な使い方が可能であり、多くの企業のニーズを満たすことが可能であるため、近年は連携に力を入れるSaaS企業が増えています。

一方、一般的な連携開発では連携するシステムごとにAPIの仕様が異なることから、開発工数がかさむなどの課題が生じています。

「Master Hub」は、クライアント企業が提供するSaaSに必要となる連携を提案し、その使用の検討、設計、開発、運用、保守をワンストップで対応するサービスです、

SaaSはオンプレミス型と違って導入に高いコストやシステムの構築などを必要としません。そのためコスト面で課題のあるスタートアップや中小企業においても、必要とするシステムを導入できます。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備ノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ API HEROZ Master Hub SaaS SaaStainer StrategIT サーステイナー ストラテジット マスターハブ 株式会社 資金調達 連携
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

リアルタイム共同編集が可能なゲーム制作サービス「キリンジー」を開発する「Killinzy」が2,000万円調達
2022年11月1日、株式会社Killinzyは、総額2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 Killinzyは、ゲーム制作サービス「キリンジー」を開発しています。 プログラミングスキ…
組織・臓器の生体エネルギーを回復させる「ミトコンドリア製剤」を開発する「ルカ・サイエンス」が38.6億円調達
2022年6月6日、ルカ・サイエンス株式会社は、総額38億6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 ルカ・サイエンスは、機能不全に陥ったり損傷した組織や臓器の生体エネルギーを回復するため…
美容サロンと 訪日観光客をつなぐ美容体験プラットフォーム運営の「ファノーヴァ」が資金調達
2019年9月3日、株式会社ファノーヴァは、資金調達を実施したことを発表しました。 厳選美容サロンと訪日観光客をつなぐ美容体験プラットフォーム「Borderless Beauty(ボーダレス ビューテ…
13歳から19歳限定のオンライン・ラーニング・コミュニティ運営の「Inspire High」が資金調達
2020年4月16日、株式会社Inspire Highは、資金調達を実施したことを発表しました。 また、引受先の1社である株式会社パルコとは資本業務提携を開始しています。 Inspire Highは、…
無人コンパクト・ホテル「mizuka」運営の「Hosty」が6億円調達
2020年1月31日、株式会社Hostyは、総額約6億円の資金調達を実施したことを発表しました。 無人コンパクト・ホテル「mizuka(ミズカ)」を運営しています。 ホテルの予約から、チェックイン、ゲ…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ