注目のスタートアップ

荷主企業・運送会社向け納入情報管理SaaS「ニューイット」を開発する「knewit」が5,300万円調達

company

2023年1月16日、株式会社knewitは、総額5,300万円の資金調達を実施したことを発表しました。

knewitは、荷主企業・運送会社向け納入情報管理SaaS「ニューイット」を開発しています。

「ニューイット」は、企業間物流における行き先情報(納入カルテ)を高精度で作成・共有することでドライバーの知らないことをなくし、情報伝達の負担軽減、伝達ミスによるトラブル・事故の減少、社内コミュニケーションの活性化を実現するサービスです。

「ニューイット」のリリースは2023年2月を予定しています。

今回の資金は、導入・サポート体制の拡充、エンジニアの採用に充当します。


物流業界は、深刻な人手不足、燃料費の高騰などの課題を抱えています。

さらに、コロナ禍によってECによる小口需要が高まったこともあり、利用者に直接物を届ける物流の最後の接点であるラストワンマイル物流の業務負担が高まっています。

だからといって企業間物流がラストワンマイル物流よりも抱える問題が小さいかというとそうでもなく、企業間物流ではアナログな手段での情報伝達が主流であり、非効率的な業務によって生産性の低下を招いています。

生産性の低さは労働者の待遇へとつながるため、より人手不足が深刻になっていきます。

さらに物流業界は、「2024年問題」という大きな問題を控えています。

2024年問題とは、働き方改革関連法により、2024年度からドライバー1人あたりの時間外労働が年960時間に制限されることによって生じる各種の問題のことです。

たとえば時間外労働の制限によって、ドライバー1人が担っていた長距離輸送を見直す必要が生じ、300km以上の輸送については、鉄道・航空・船などへの転換や、中継地点を活用した中距離輸送の導入によって対応しなければなりません。

今まで以上に人的リソースが逼迫することが予測されているため、物流業界ではデジタル化による効率化、事業者間の連携による配車・配送の最適化などを実現する必要があります。

「knewit」は、企業間物流において情報伝達を効率化するSaaS「ニューイット」を提供することで、情報伝達の非効率性・不備から生じる問題をなくし、物流業界の課題を解決することを目指しています。

株式会社knewitのコメント

このニュースを受けまして、株式会社knewit 代表取締役 小川直哉氏よりコメントが届きました。

・今回の資金調達の目的は何ですか?

今回の資金は今後展開するサービスの開発費及び顧客サポート体制の充実を目指した人材採用

・今後の展望を教えてください。

データを作り込むだけでなく、現場に根付くサービスを提供し続けられるようになっていきます。knewitのValue(行動指針)の一つに”現場に残る仕事をする”というフレーズがあるのですが、既存のオペレーションの中に溶け込みオペレーションクオリティを昇華させる存在になることを目指していきます。

・読者へのメッセージをお願いします。

物流と一言で括られることも多いですが、大きく分けても物流は陸運・空運・海運と細分化されてきます。さらにそれが、ラストワンマイル・構内物流、販売物流、調達物流…と分かれていきそれぞれに専門性が必要な業態です。複雑であるが故のデジタル導入の難しさがありますが、チャレンジする価値がある業界だと思ってます!難しいけど大きなことにチャレンジしていくのでどうぞよろしくお願い申し上げます!

さまざまな企業がデジタル化を推進する時代において企業を成長させるためには、自社に最適なテクノロジーやシステムを導入・活用することが重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備ノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ SaaS コミュニケーション サプライチェーン ドライバー 企業 企業間物流 会社 情報 情報伝達 株式会社 物流 管理 納入カルテ 荷主 資金調達 運送
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

“海の気球”での海中旅行を目指す「OCEAN SPIRAL」がクラウドファンディングで1,305万円調達
2019年9月12日、OCEAN SPIRAL株式会社は、株式投資型クラウドファンディング「FUNDINNO」で、過去最短記録となる1分54秒で1,305万円の資金調達を実施したことを発表しました。 …
空飛ぶクルマ開発の「SkyDrive」が15億円調達
2019年9月30日、株式会社SkyDriveは、総額15億円の資金調達を実施したことを発表しました。 電動化、完全自律の自動操縦、垂直離着陸を特徴としている、空飛ぶクルマ“電動垂直離着陸型無操縦者航…
ANAホールディングス 業績悪化と公募増資報道を嫌気して株価下落
ANAホールディングス(9202)の株価が、直近1週間で10%下落しました。9月26日付の日本経済新聞朝刊が「ANAHDが2,000億円規模の公募増資を検討していることがわかった」と報じ、1株利益の希…
海事産業のDXを目指す「Marindows」が6億円調達
2022年8月26日、Marindows株式会社は、総額6億円の資金調達を実施したことを発表しました。 Marindowsは、海洋統合デジタルプラットフォーム「Marindows」の構築を目指していま…
副業人材マッチングサービス「lotsful」が愛知県のスタートアップ支援拠点「プレ・ステーションAi」と連携 入居スタートアップを支援する副業人材の募集を開始
2021年9月16日、パーソルイノベーション株式会社は、運営する「lotsful(ロッツフル)」が、愛知県のスタートアップ支援拠点「プレ・ステーションAi」と連携し、入居スタートアップを支援する副業人…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ