注目のスタートアップ

空飛ぶクルマを開発する「テトラ・アビエーション」が4.5億円調達

company

2022年6月21日、テトラ・アビエーション株式会社は、総額4億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

テトラ・アビエーションは、空飛ぶクルマ(eVTOL)を開発しています。

2022年6月現在、ユーザーが購入可能な空飛ぶクルマ「Mk-5」を開発しており、2022年度中の引き渡しを予定しています。

今後、日米で一般公開可能な有人飛行などの飛行実験を実施し、米国でのアマチュアビルド市場における認証を取得します。

「Mk-5」は、施策4号機まで製造しており、2022年7月25日にウィスコンシン州オシュコシュで開催される「AirVenture2022」でコックピットのモックアップを展示する予定です。

今回の資金は、主に技術者の採用に充当します。

空を飛ぶ乗り物(エアモビリティ)は、旅客機やヘリコプターなどごく一部に限られていました。しかし、ここ数年の間で一般実用化に向けた構想の勢いが増しており、とくに実用化に向けてeVTOLの研究開発が進められています。

eVTOLとは、垂直離着陸可能なマルチコプターで、電気で駆動することを主な特徴としたエアモビリティです。

垂直離着陸機能は離着陸に大きな土地を必要としないため、日常的に利用するためには重要な機能です。

垂直離着陸できるエアモビリティとしてはヘリコプターがありますが、eVTOLは低い騒音レベル・低い操縦コスト・高い安全性といった点で勝っており、エアモビリティの普及のために重要な要件でもあります。

世界ではスタートアップの他にも、ボーイングやエアバスなど大手航空機会社などもeVTOLの開発に参入しており、実用化が近づいています。

テトラ・アビエーションは、2020年2月に最終飛行審査が行われた、1人乗りeVTOL開発コンペ「GoFly」において、プラット・アンド・ホイットニー・ディスラプター賞を受賞し、賞金10万ドルを獲得するという実績をあげています。

最新のプロダクトの開発には多くの資金が必要となります。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、融資だけではなく、ベンチャーキャピタルから出資を受ける方法や、クラウドファンディングを成功させる方法など、資金調達に関するノウハウを紹介しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ eVTOL Mk-5 エアモビリティ テトラ・アビエーション モビリティ 株式会社 研究開発 空飛ぶクルマ 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

リアルイベント連動型ドラフト会議アプリ運営の「なんでもドラフト」が1.7億円調達
2021年6月28日、株式会社なんでもドラフトは、総額1億7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 リアルイベント連動型ドラフト会議アプリ「なんでもドラフト」を運営しています。 スポーツ…
コンセンサス・インテリジェンス技術の「VISITS Technologies」が22億円調達
2019年7月25日、VISITS Technologies株式会社は、総額約22億円の資金調達を実施したことを発表しました。 合意形成アルゴリズムである、コンセンサス・インテリジェンス技術を活用した…
スキル・マーケット運営の「ココナラ」が12億円調達
2019年7月10日、株式会社ココナラは、12億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、フィデリティ・インターナショナルです。 ココナラは、日本最大級のスキル・マーケット「ココナラ」を運…
DXデザイン事業の「EdMuse」とベトナムの送り出し機関の「COCORO INTERNATIONAL JSC」が業務提携
2020年10月21日、EdMuse株式会社は、COCORO INTERNATIONAL JSC(所在地:ベトナム社会主義共和国ホーチミン市)と業務提携契約を締結したことを発表しました。 ブロックチェ…
植物肉「Green Meat」提供の「グリーンカルチャー」が2.5億円調達
2021年7月1日、グリーンカルチャー株式会社は、総額2億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 外食事業社向け植物肉「Green Meat」を提供しています。 プラントベース製品の通…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ