「新価値創造展 in 機械要素技術展 2023」出展者募集

event

独立行政法人中小企業基盤整備機構は「新価値創造展 in 機械要素技術展 2023」の出展者の募集について発表しました。

「新価値創造展 in 機械要素技術展 2023」は、RXJapan株式会社が主催する国内最大規模のものづくり系専門展示会「機械要素技術展2023」内に80社の出展ブースを設け、日本全国の中小企業が自ら開発した製品・技術・サービス等を展示するものです。

中小機構は事前説明会や中小企業向け出展料設定のほか、独自にバイヤー招聘・通訳の配置等を実施し、出展が初めての方でも挑戦しやすく、かつさらなる事業成長に繋がる場とすることを目的として開催します。

概要

出展対象:自らが開発した製品・技術・サービス等を保有する中小企業
主な出展分野:以下の製造業の「短期開発、生産性向上、品質向上、VA/VE、コストダウン」などに寄与することを目的とした製品・技術・サービス
 ・モーション技術・モータ
 ・ねじ・ばね
 ・油空圧機器・配管部品
 ・機構部品
 ・加工技術・機械材料
 ・表面処理・改質技術等
募集期間:2023年1月10日(火曜)~2月6日(月曜)
出展料等:139,876円(6㎡/間口3.0m×奥行2.0m)※㎡あたり主催出展料の約1/3
会期:2023年6月21日(水曜)〜23日(金曜)
会場:東京ビッグサイト(日本ものづくりワールド機械要素技術展内)


展示会は、企業が自社製品・サービスを広く他企業などに紹介することができる場です。

BtoBビジネスにとっては、自社製品の宣伝、見込み客の名刺獲得の場として重要な存在です。

中小ものづくり企業は、特定の取引先に依存した経営を行っていた企業が多かったのですが、バブル崩壊後は国内大手製造業による海外への生産拠点の移管により大ロットの案件が減少し、さらにはリーマンショックによって受注が急減しました。

こうした状況を経て、中小ものづくり企業では、新たな取引先を開拓するという意識が高まってきており、そのひとつの手法として展示会が注目されています。

一方で、展示会の出展にはコストがかかることから、中小企業の場合は公的機関などが開催する比較的安価なものから始め、さらに補助金・助成金などを活用することも重要です。

展示会では大量の名刺をもらうことになります。名刺は貴重な情報であり、これをどう活用するかが展示会の成功に関わってくるため、名刺管理サービスなどを利用して名刺の価値を最大化させることが重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、名刺管理サービスの選び方について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ イベント
関連タグ ものづくり 中小企業 商談会 展示会 新価値創造展 in 機械要素技術展 2023 機械要素技術展2023 製造業 販路拡大
詳細はこちら

「新価値創造展 in 機械要素技術展 2023」出展者募集開始!

創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

イベントの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

株式会社チェリーチェーン 浜田 紗綾子 | 女性エンジニアが提案から製作まで一貫して行う、IoT・ICT機器の受託開発で注目の企業
女性エンジニアが一貫して行う、IoT機器やICT機器の受託開発で注目なのが、浜田紗綾子さんが2018年に創業した株式会社チェリーチェーンです。 スマートフォンやスマート家電が普及した昨今、私たちの身の…
プリント基板製造における環境負荷を大幅に低減する製造技術を提供する「エレファンテック」が21.5億円調達
2022年10月17日、エレファンテック株式会社は、総額21億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 エレファンテックは、プリント基板製造における水・資源・エネルギーを大幅に削減する革…
猫IoTトイレ「toletta」一般販売開始 開発元が7,500万円調達!
株式会社ハチたまは、「toletta」の一般販売の開始と、7,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 世界最大のエンジェル投資プラットフォームである KEIRETSU FORUM JAPA…
デジタルテクノロジーを用いたデザイン思考・手法を学べる設計者向けオンラインプラットフォーム「EMARF CONNECT」がローンチ
2022年6月10日、VUILD株式会社は、「EMARF CONNECT」をローンチしたことを発表しました。 「EMARF CONNECT」は、デジタルテクノロジーを用いたデザイン思考・手法を学び、実…
9/15開催!創業の基礎知識・ビジネスモデル作成可能な無料セミナーが渋谷区で開催
9月22日より毎週土曜日に全6回で行われる、社)渋谷区中小企業診断士会主催の認定創業スクール(全6回、1万円)が開講します。それに合わせて、無料体験セミナーが9月15日(土)に開催されることになりまし…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ