注目のスタートアップ

ファッションアイテムのサステナブルアウトレットモール「SMASELL」を展開する「ウィファブリック」が7.5億円調達

company

2022年11月29日、株式会社ウィファブリックは、総額7億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

ウィファブリックは、ファッションアイテムのサステナブルアウトレットモール「SMASELL(スマセル)」を運営しています。

約1,300社の商品を、最大98%オフで購入できるファッション通販サイトです。

ファッションの廃棄を削減するため、最後の1点まで商品を届けたい企業・ブランドと、お得に商品を購入したいユーザーをつなげています。

また、「SMASELL」を中心に、ブランドメーカーと顧客の衣類回収における協業や、アーティストとコラボしたアップサイクルプロジェクトなど、循環型社会を実現するための活動を展開しています。来期には大手アパレル企業とのタイアップがスタートする予定です。

今回の資金は、顧客の購買体験向上のためのアプリ開発やAI技術の導入などの機能拡充などに充当します。

アパレル業界ではファストファッションの台頭により大量生産・大量消費のビジネスモデルが強い影響力を持っています。

しかしこのファストファッションは、余剰在庫、衣類の大量廃棄、大量の水の使用・マイクロプラスチックの排出などの環境問題、生産工程における過酷な労働の問題などさまざまな問題を抱えており、国際的に批難されています。

また、高級ブランドにおいては、割引やセールなどで売ることでブランド価値が毀損されることを防ぐため、売れ残ったファッションアイテムを、たとえ新品だったとしても廃棄処分することが常態化していたのですが、2018年に消費者からの強い抗議(不買運動など)を受け、処分を取りやめることを決定したブランドもありました。

こうした廃棄の問題はSDGsの推進に伴い、消費者に強く認識されるようになっています。アパレル業界以外では、食品業界における食品ロス(フードロス)も大きな問題であり、この問題を解決するためいくつものスタートアップが取り組んでいます。

たとえば、余剰在庫やB級品などをEC(ネット通販)で割引販売する事業は、近年数多く登場しています。

従来はブランド価値が毀損されることを恐れて割引販売を行わない企業・ブランドが多かったのですが、近年の消費者の意識の変化により、むしろ廃棄せず、割引販売を行う企業・ブランドのほうが良いイメージを持つというように変わってきています。

SDGsによって消費者の意識が変わっているため、以前までとは違った市場が登場しています。いくつもブルーオーシャンがあると考えられるため、市場を分析することが重要です。「冊子版創業手帳」では、自社の強み・弱み、市場の機会・脅威を分析するフレームワークを掲載しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ EC SMASELL アパレル ウィファブリック サーキュラーエコノミー サステナブル スマセル ファッション ファッションアイテム モール 循環型社会 循環型経済 株式会社 資金調達 通販サイト
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

「カスタメディア」食器のシェアリング・サービス「EPOCH TABLE」をリリース
石塚硝子株式会社は、「EPOCH TABLE(エポック テーブル)」を2020年7月1日にリリースしたことを発表しました。 「EPOCH TABLE」は、国内食器メーカー初の食器(テーブル・ウェア)の…
「セキュア」と「ヘリックス」 現場DXを推進するクラウド型ウェアラブルカメラを共同で提供開始
2022年8月15日、株式会社セキュアと株式会社ヘリックスは、ウェアラブルカメラで撮影した映像を活用して現場DXを推進する新たなクラウド・AIソリューション「フルスタックカメラ ウェアラブルタイプ」の…
D2Cフレッシュドッグフード「PETOKOTO FOODS」など展開の「PETOKOTO」が「ベガコーポレーション」と資本業務提携
2021年10月7日、株式会社PETOKOTOは、株式会社ベガコーポレーションと資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 PETOKOTOは、ペットライフメディア「PETOKOTO」や、独自の審…
世界のスタートアップ・データベース「SUNRYSE.」提供の「Queue」が7,000万円調達
2019年12月11日、株式会社Queueは、総額7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、世界のスタートアップ情報データベース「SUNRYSE.」をリリースしたことも併せて発…
オンデマンド型シャトル・サービス「スマートシャトル」提供の「NearMe」が5億円調達
2020年10月8日、株式会社NearMeは、総額約5億円の資金調達を実施したことを発表しました。 オンデマンド型シャトル・サービス「スマートシャトル」とその空港版「nearMe.Airport(ニア…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ