生鮮食品の早朝宅配サービス「モーニング・エキスプレス」運営の「カノエ」が6,200万円調達

company

2021年11月1日、株式会社カノエは、総額約6,200万円の資金調達を実施したことを発表しました。

生鮮食品を早朝に宅配するサービス「モーニング・エキスプレス」を運営しています。

パン、季節の果物・野菜、牛乳、サラダなど、毎朝の食卓に必要な食材を朝7時までに宅配するサービスです。

夜22時までに注文することで、朝7時には受け取ることができます。食材は置き配で配達するため、寝ていても問題はありません。

ルートを最適化することで配達コストを低減しています。

2021年11月現在、配達エリアは東京都目黒区内のみとなっています。

2020年5月に開始した焼き立てパンの早朝宅配サービス「パンタク」を拡大し開始したサービスです。

今回の資金は、人材採用や、東京都目黒区内での本格的な店舗運営に充当される予定です。

食料品の配達市場には、完成された料理・弁当を配達する配食サービスや、食品等を配達する食品配達サービス、フードデリバリー、ネットスーパーなどがあります。

これら配食サービスと食品配達の中間でもあるミールキット(材料とレシピが一緒になったもの)を手がけるベンチャー企業の登場などもあり注目の市場といえます。

配食市場については、高齢者の増加による需要の増加により、2009年から2014年の6年間で約1.8倍拡大するなど、大きな成長をみせています。

また新型コロナウイルスの影響により、買い物が困難な地区だけでなく、都市部においても食品・食材配達サービスの需要が高まりました。

食品・食材配達では生協の個配・移動販売や大手スーパーが展開するネットスーパーなどが強いため、サービスの差別化が必要となります。

「モーニング・エキスプレス」は、生協やネットスーパーが難しい早朝の配達に特化したサービスです。夜22時までと注文時間に余裕があることも強みといえるでしょう、

早朝配達は独自の物流基盤が必要となるため、どのようにコストカットや効率化を行っていくかが鍵となりそうです。

競合の多い市場では、競合他社の分析や、自社の強み・弱みを分析しサービスの差別化を図っていくことが重要です。「冊子版創業手帳」では、自社の強み・弱み、市場の機会・脅威を分析するフレームワークを掲載しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ カノエ パンタク モーニング・エキスプレス 宅配 株式会社 置き配 資金調達 食品 食材
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

チャットボット型の自動広告運用サービス提供の「これから」が1.8億円調達
2019年10月21日、株式会社これからは、総額1億8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 AIを活用したチャットボット型の自動広告運用SaaS「AdSIST」を提供しています。 「A…
さわれる動画「TIG/ティグ」を開発・提供する「パロニム」が2.3億円調達
2019年9月17日、パロニム株式会社は、総額約2億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 次世代動画テクノロジー「TIG/ティグ」を開発・提供しています。 動画に表示された、商品・音…
次世代型リチウムイオン電池「全樹脂電池」開発・販売の「APB」が資金調達
2020年12月21日、APB株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 次世代型リチウムイオン電池「全樹脂電池」を開発・販売しています。 活物質に樹脂被覆を行い、樹脂集電体に塗布をすることで…
リモート人材事業の「キャスター」が資金調達
2020年1月8日、株式会社キャスターは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、ディップ株式会社です。 オンライン・アシスタント・サービス「CASTER BIZ」、在宅勤務スタッフを派遣す…
“目標”でつながるコミュニティ「Reeeach」がリリース
2019年12月9日、株式会社ALFOSは、「Reeeach(リーチ)」をリリースしたことを発表しました。 「Reeeach」は、“目標”でつながるコミュニティ・アプリです。 目標を「センゲン」して投…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ