注目のスタートアップ

分子の動き・状態を感じるセンシング技術を活用した創薬基盤技術を開発する「モルミル」が資金調達

company

2022年11月24日、モルミル株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。

モルミルは、分子の動きや状態を感じるセンシング技術である「chemical-tongue」と「NMR(核磁気共鳴法)」を組み合わせて新たな創薬基盤技術の提供を目指す、奈良県立医科大学、産業技術総合研究所、徳島大学認定ベンチャーです。

原子レベルで分子の動きを捉えることで、ALS(筋萎縮性側索硬化症)などの難病の治療法を開発することを目指しています。

今回の資金は、「分子の動きを見る」技術開発、研究開発環境の整備、研究員の採用、経営体制の構築に充当します。

原子の大きさは非常に小さく、通常の光学顕微鏡を用いたとしても、原子や分子そのものの姿を捉えることはできません。

さらに原子・分子は高速で運動していることから、その姿を正確に捉え続けることはさらに難しさを増します。

モルミルは、分子の動きや状態を感じるセンシング技術であるchemical-tongueと、分子構造などを解析できるNMR(核磁気共鳴法)を組み合わせた新たな創薬基盤技術により、難病の治療法を実現することを目指しています。

創薬基盤技術とは、創薬研究の迅速化・効率化に役立つ技術や、革新的な薬剤創製などに結びつく基盤技術のことです。

近年は、画期的な次世代医薬が実用化されつつあり、従来の医薬品では治療が難しかった難病も治すことができるようになってきています。

一方で、こうした新たな医薬品の開発プラットフォームはまだ発展途上であり、より効率的で安全性が高い医薬品を開発するための基盤技術のニーズが高まっています。

研究開発型のビジネスでは資金調達が非常に重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関するノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ ALS chemical-tongue NMR センシング センシング技術 モルミル 分子 創薬プラットフォーム 創薬基盤技術 原子 株式会社 核磁気共鳴法 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

「OKAN」が離職率を改善するサービス「ハイジ」をリリース
2019年7月17日、株式会社OKANは、「ハイジ」を2019年7月17日にリリースすることを発表しました。 「ハイジ」は、離職の約8割の理由となっている “ハイジーン・ファクター”(衛生要因)に特化…
学習の習慣化プラットフォーム「Smart Habit」開発・運営の「WizWe」が資金調達
2020年6月11日、株式会社WizWeは、日本政策金融公庫より、特別融資制度「新事業育成資金」が適用されたことを発表しました。 学習の習慣化プラットフォーム「Smart Habit(スマートハビット…
発芽大豆由来の植物肉「ミラクルミート」開発・製造の「DAIZ」と「きちりホールディングス」が資本業務提携
2020年10月22日、DAIZ株式会社は、株式会社きちりホールディングスと資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 DAIZは、発芽大豆由来の植物肉「ミラクルミート」を開発・製造しています。 …
社内向け情報共有サービス「Qiita Team」 グループ機能の活用を促進する新UIを正式公開
2022年6月17日、Qiita株式会社は、提供する「Qiita Team(キータチーム)」において、2022年6月16日(木)から新たなUIを正式版として公開したことを発表しました。 「Qiita …
汎コロナウイルスワクチンなど開発の「エピトマップ」が3億円調達
2021年12月16日、エピトマップ株式会社は、総額3億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本全薬工業株式会社と、動物アレルギー検査株式会社です。 エピトマップは、理化学研究所人工…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ