注目のスタートアップ

「アステナホールディングス」が細胞膜表面のトランスポーターを標的とした創薬ベンチャー「ジェイファーマ」に出資

company

2022年11月21日、アステナホールディングス株式会社は、ジェイファーマ株式会社が実施する第三者割当による新株予約権の引き受けを行ったことを発表しました。

ジェイファーマは、主に細胞膜に存在するタンパク質で細胞内外への物質輸送を担う「トランスポーター」を標的とした創薬ベンチャー企業です。

とくに、Lタイプ・アミノ酸トランスポーター(LAT1)阻害薬の研究開発に注力しており、標準的化学療法が不能・不耐となった進行性がんの治療を目的とした複数の医薬品を開発しています。

アステナホールディングスの子会社スペラファーマ株式会社は、ジェイファーマが有する技術・化合物のメカニズムの新規性と将来性に着目し、従来からジェイファーマとの協力関係を構築しています。

トランスポーターとは、細胞膜上に存在する膜タンパク質で、膜間の物質輸送を担っています。

有機物やイオンの輸送を介して生物の動的平衡を司っていると考えられています。このトランスポーターの機能が低下したり失われたりした場合、重篤な遺伝子病が発症します。

このトランスポーターの機能を制御することで、疾患の原因を取り除いたり、軽減したりすることが可能であると考えられています。この考え方にもとづくのがトランスポーター創薬です。

近年はトランスポーターの機能の解析が急速に進んでおり、トランスポーターを標的とした医薬品の開発が注目されています。

ジェイファーマは、細胞ががん化したり急激増殖しようとする際に発現が亢進し、爆発的な細胞増殖を引き起こすLタイプ・アミノ酸トランスポーター(LAT1)に注目し、LAT1を選択的に阻害することで、がん細胞を細胞死に追い込む副作用の少ない抗がん薬を実現することを目指しています。

研究開発型のビジネスでは資金調達が非常に重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関するノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ LAT Lタイプ・アミノ酸トランスポーター アステナホールディングス ジェイファーマ スペラファーマ トランスポーター ベンチャー 創薬 医薬品 株式会社 細胞
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

商船三井CVCが小規模分散型水循環システムを開発する「WOTA」に出資
2022年7月8日、株式会社商船三井のCVCである株式会社MOL PLUSは、WOTA株式会社への出資を決定したことを発表しました。 WOTAは、小規模分散型水循環システムの開発・提供や、持ち運べる水…
介護事業所向けリハビリSaaS「リハプラン」運営の「Rehab for JAPAN」が1.6億円調達
2020年2月3日、株式会社Rehab for JAPANは、総額約1億6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 介護事業所向けリハビリSaaS「リハプラン」を開発・提供しています。 機…
本人認証と権利移転のプラットフォーム運営の「ビットキー」が39億円調達
2020年1月23日、株式会社ビットキーは、総額39億300万円の資金調達を実施したことを発表しました。 本人認証と権利移転のプラットフォーム「bitkey platform(ビットキープラットフォー…
次世代ゲノム解析サービス開発の「Zene」が5,000万円調達
2021年3月8日、株式会社Zeneは、5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、次世代ゲノム解析サービス「Zene360」をB2B/B2E向けに提供するため、サービス利用の募集を…
候補者の思考力を可視化する「Worksamples」を提供する「HRport」が1億円調達
2022年11月8日、株式会社HRportは、総額約1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 HRportは、候補者の能力・ポテンシャルを可視化するアセスメントサービス「Worksamples」…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ