注目のスタートアップ

エッジAIカメラソリューションを提供する「AWL」が資金調達

company

2022年11月15日、AWL株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。

引受先は、東北大学ベンチャーパートナーズ株式会社です。

また、2022年7月に、北大学機械知能・航空工学科 平田・翁・サラザル研究室と共同研究契約、東北大学 大学院情報科学研究科 橋本・鏡研究室と学術指導契約を締結したことも発表しました。

AWLは、既存の防犯カメラをAI化するAIエッジコンピューティングデバイス「AWLBOX」や、スマートフォンやサイネージにインストールして使えるAIカメラ「AWL Lite」などを提供しています。

「AWLBOX」は、既存の防犯カメラをAI化し、ビデオマジメントシステム(VMS)とAIカメラ機能により、来店者属性や、売り場の動線、商品接触状況などの分析を提供するサービスです。

「AWL Lite」は、既設・新設のデジタルサイネージに取りつけ、リアルタイムで高精度な効果分析検証ができるAIカメラシステムです。

「AWLBOX」と合わせて利用することで、さらにさまざまな施策を展開できます。

コンピューターの計算能力の向上により、機械学習が進歩しAIは急速な発展を遂げました。すでにAIはさまざまな領域で活用されており、ビジネスの高度化・業務効率化にとって重要な技術になっています。

AIは、これまでコンピューターが扱うことが難しかった、テキスト・画像・音声などの高度な分析・解析を可能にしました。

そのなかでも画像認識は、カメラというありふれた機械でありながら、さまざまなデータの取得や解析ができることが特徴的です。

画像認識は応用範囲が広く、工場における製品・部品の不具合検出、防犯カメラにおける不審者・異常行動の検知、交通量調査、スポーツにおける動作解析など、さまざまな領域で効率化や革新をもたらしています。

AWLは、主にリアル店舗におけるAIソリューションを展開しています。

小売業はECサイトの利用拡大などにより、モノが売れないという課題が生じています。

この状況下でモノを売るためには、独自商品を開発する、見せ方・置き方などを工夫する、顧客に応じて最適なプロモーションを実施するなどの方法が考えられます。

これらの新たな方法を実施するには、リアル店舗においても、質・量ともに豊富な顧客データを取得し、それを活用する必要があります。

たとえば、店舗に設置したセンサーやAIカメラを利用することで、店舗内の導線分析を行うことができます。

導線分析とは、顧客・スタッフの導線から、顧客の行動(エリア・棚の立ち寄り回数・滞在時間)、人数、性別・年齢層、入店率、購買率などのさまざまなデータを取得・分析するものです。

これにより、より手にとってもらえるように店舗レイアウトを改善していくことが可能になります。

デジタル時代において企業を成長させるためには、最新のツールを活用することが重要です。「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備ノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AI AWL AWL Lite AWLBOX エッジ エッジAI カメラ クラウド スマートフォン セーフィー ソリューション デジタルサイネージ マーケティング 分析 店舗 株式会社 業務効率化 解析 資本業務提携 防犯 防犯カメラ
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

家具・家電のサブスクリプションサービス「CLAS」運営の「クラス」が21億円調達
2021年9月8日、株式会社クラスは、総額約21億円の資金調達を実施したことを発表しました。 家具・家電のサブスクリプションサービス「CLAS」を運営しています。 100社以上のメーカーの商品と、10…
トークン・エコノミーでオープン・ソース・ソフトウェアの収益化を支援する「フレームダブルオー」が資金調達
2020年6月15日、フレームダブルオー株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 また、「Dev Protocol」を活用した最初のDAppsとして、暗号資産を通じて、寄付よりも気軽に社会貢…
AI英会話アプリやオンライン英語コーチング運営の「スピークバディ」が3億円調達
2020年8月20日、株式会社スピークバディは、総額3億円の資金調達を実施したことを発表しました。 AI英会話アプリ「スピークバディ」や、オンライン英語コーチング「スパルタバディ」を開発・運営していま…
「スマート家族信託」を展開する「トリニティ・テクノロジー」が「SBI証券」と業務提携
2022年8月29日、トリニティ・テクノロジー株式会社は、株式会社SBI証券と、信託・相続領域における業務提携契約を締結したことを発表しました。 トリニティ・テクノロジーは、家族信託の財産管理サービス…
製造業のDXを支援する「東京ファクトリー」が1億円調達
2021年1月25日、株式会社東京ファクトリーは、約1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、ANRIです。 また、製造業の生産現場向けSaaS「Proceedクラウド(プロシードクラ…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ