注目のスタートアップ

Webマーケティングプラットフォーム「dejam」を運営する「LeanGo」が資金調達

company

2022年11月1日、株式会社LeanGoは、資金調達を実施したことを発表しました。

LeanGoは、WebマーケティングのPDCAを高速化するためのプラットフォーム「dejam(デジャム)」を運営しています。

「dejam」は、競合調査・Googleアナリティクスの分析業務、サイト改善アイデアの獲得(CROサジェスト)、プロジェクト管理、ナレッジ管理を一気通貫で行うことができるプラットフォームです。

今回の資金は、同時機能の開発、知財の強化に充当します。また、いくつかの機能は年内完了を目指して特許を出願しています。

WebマーケティングにおけるWebサイトやLP(ランディングページ)の運営では、問い合わせや資料請求数の向上を目指します。

サイト流入数は一定以上ある一方で、CVR(コンバージョン率)が悪い場合は、サイトの構造、つまり問い合わせ・資料請求への導線の設計や行動喚起ができていないということになります。

CVR改善のためには、複数のバージョンのサイトを表示し、より高いパフォーマンスが出せるサイトを導き出すA/Bテストや、顧客のページ内の行動をサーモグラフィーのように可視化するヒートマップなどを利用し、サイトの構造を改善・最適化していきます。

A/Bテストやヒートマップツールはいくつも提供されていますが、一方でそこからの改善についてはPDCAサイクルを回し、一歩ずつ進めていく必要があります。

「dejam」は、一般的なWebマーケティングツールに搭載されている機能だけでなく、サイトのデザイン改善案を自動で提案するCROサジェスト機能を提供することで、PDCAサイクルの高速化に貢献しています。

株式会社LeanGoのコメント

このニュースを受けまして、株式会社LeanGoよりコメントが届きました。

・今回の資金調達の目的は何ですか?

国内初のWebマーケティング業務の完全自動化に向けた機能アップデートのため、より一層の開発体制強化を目的にさらなるデジタル化を実現するために資金調達先社より資金調達を実施しました。

・今後の展望を教えてください。

昨今DXにより、ありとあらゆるものがデジタル化し、デジタルリテラシーの高い人材が必要な一方で、人手不足が予測されております。弊社でこの課題は「ツールによる業務の自動化」で解決できると思っております。弊社のサービスであるdejamは「WebマーケティングのPDCAを自動化する」ためのプラットフォームを目指します。

・読者へのメッセージをお願いします。

弊社のミッションは「社会を前進させるための仕組みを創出する」です。今回調達させていただいた資金をもとに、開発速度の向上、知財周りの強化を行いLeanにGoした検証を進めていきます。

LPや企業のWebサイトは、顧客への情報提供や信頼性の確保のために重要な存在です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、ホームページの作成ノウハウや、ネット初心者のためのネットPR方法など詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ dejam LeanGo LP PDCA Web Webマーケティング デジャム ランディングページ 株式会社 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

プラスチック代替の新素材「LIMEX」開発・製造・販売の「TBM」が20.6億円調達
2020年11月24日、株式会社TBMは、総額約20億6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 プラスチックの代替となる、石灰石などの無機物を主原料とした新素材「LIMEX」を開発・製造…
360度VRコンテンツを簡単に制作・編集できるクラウドソフトウェア提供の「スペースリー」が4億円調達
2022年9月6日、株式会社スペースリーは、総額4億円の資金調達を実施したことを発表しました。 スペースリーは、360度VRコンテンツを簡単に制作・編集できるクラウドソフトウェア「スペースリー」を開発…
訪日外国人観光客向けWebマガジン運営の「MATCHA」が1.3億円調達
2022年6月1日、株式会社MATCHAは、総額約1億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 MATCHAは、訪日外国人観光客向けWebマガジン「MATCHA」を運営しています。 今後…
障害者への療育事業と就労支援事業を展開する「Gotoschool」が5,600万円調達
2022年10月19日、株式会社Gotoschoolは、総額5,600万円の資金調達を実施したことを発表しました。 Gotoschoolは、障害児通所支援事業の運営と、パーソナル運動療育施設の運営を行…
危機・不審行動検知ソリューションを展開する「アースアイズ」が「初田製作所」と資本業務提携
2022年11月17日、アースアイズ株式会社は、株式会社初田製作所と、資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 アースアイズは、防犯や事故防止を目的としたAI搭載カメラシステムの開発・販売や、危…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ