注目のスタートアップ

AI映像対話システム「Talk With」開発・提供の「シルバコンパス」が1億円調達

company

2022年5月31日、株式会社シルバコンパスは、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。

シルバコンパスは、AI映像対話システム「Talk With」を開発・提供しています。

AIと映像を組み合わせ、自然な対話体験を提供できるシステムです。対話をメインとする対人業務支援や、エンターテインメント領域での企画・開発・販売を行っています。

また、シルバコンパスはほかに、調剤薬局のピッキング作業を支援するシステム「PickingCompass(ピッキングコンパス)」を提供しています。

今回の資金は、「Talk With」の開発と、「Talk With」を活用したBtoCビジネスのサービスの開始に充当します。

私たちが自然に行っている会話(対話・コミュニケーション)は、実際のところ非常に複雑な構造をしています。

言語は、哲学など人文学からのアプローチや、脳・計算機の働きとして言語を捉えようとするアプローチなど、様々な視点で研究されていますが、いまだ判明していない部分も数多くあります。

そして人間の言語活動は意識と密接な関係があるとされます。そのため、コンピューターなどの人工物が自在に言語を操るためには、意識が必要なのではないかという考えもあります。

たしかにAIを活用したチャットボットは言葉を話します。近年はAI技術が発展してきたため、人間の問いかけに高い精度で答えることもできます。しかしそれは膨大なパターンの会話を学習しているからです。もし想定外の質問がきた場合、チャットボットは人間のように返答することはできません。このように、現在でもAIが自然な会話を行うのは困難なこととなっているのです。

シルバコンパスの「Talk With」は詳細が明らかになっていませんが、自然な対話を再現したAIシステムです。今後様々な企業と連携しサービスやコンテンツを広げていくとしているため、どのようなプロダクトなのか、そしてどのように展開されるのか注目が必要です。

事業の拡大には資金調達が重要です。「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受ける方法など、創業期の資金調達のノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AI Talk With エンターテインメント システム シルバコンパス 対話 映像 株式会社 業務支援 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

人材サービス展開の「ビズリーチ」がファンドを立上げ
平成30年10月11日、株式会社ビズリーチは、「ビズリーチ 創業者ファンド」の立上げを発表しました。 「ビズリーチ 創業者ファンド」は、創業期のスタートアップを資金面・採用面から支援するファンドです。…
異音検知システムや音声認識・自然言語解析処理の「Hmcomm」が資金調達
2021年8月10日、Hmcomm株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 異音検知プラットフォーム「FAST-D」や、AI音声自動応対システム「Terry」、議事録自動作成システム「ZME…
地域医療連携クラウドシステム「medigle」を提供する「メディグル」が5,000万円調達
2023年1月12日、メディグル株式会社は、総額5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 メディグルは、地域医療連携クラウドシステム「medigle」を提供しています。 連絡先管理などが…
AI与信管理サービス提供の「アラームボックス」が1.2億円調達
2019年12月2日、アラームボックス株式会社は、総額1億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 インターネット上の情報を活用したAI与信管理サービス「アラームボックス」を提供していま…
eスポーツ関連事業展開の「RATEL」が1.2億円調達
2021年4月14日、株式会社RATELは、総額1億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 eスポーツ大会の運営・放送事業を展開しています。主なタイトルは、CoDモバイル、CoDBOC…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ