パーソナライズを基軸としたD2Cブランドを展開する「Sparty」が41億円調達

company

2021年8月13日、株式会社Spartyは、総額約41億円の資金調達を実施したことを発表しました。

パーソナライズを基軸としたD2Cブランドを展開しています。

2021年8月現在、パーソナライズヘアケア「MEDULLA」・パーソナライズスキンケア「HOTARU PERSONALIZED」・パーソナライズボディメイク「Waitless」の3ブランドを主軸に展開しています。

今回の資金は、2022年6月までに200名規模を目標とした採用強化や、各パーソナライズブランドの認知向上を目指した広告・マーケティング活動に充当されます。

また、アジア市場をはじめとしたグローバル展開や、SDGsへの積極的な取り組みも行っていきます。

人間個人の性質・趣味嗜好は多種多様であるため、たとえば化粧品などの分野では、顧客個人に合わせた(パーソナライズされた)プロダクトの提供がひとつの理想とされています。

もちろん今までも職人によるオーダーメイドなどによりパーソナライズされた商品は提供されてきましたが、大きなビジネスとして展開することは難しいものがありました。

D2Cの流行と、それに伴う顧客体験の向上を指向する戦略から、パーソナライズに注目が集まるようになり、D2C領域でいくつものパーソナライズD2Cが登場しました。

また、AIの登場や顧客管理システムなどの普及も、プロダクトのパーソナライズ化のハードルを下げた要因でもあります。

今後、多くのプロダクトがD2C化していくとの見方もあるため、Spartyのように大型の調達に成功したD2Cブランドの動向に注目が必要でしょう。

D2Cブランドを立ち上げないにしても、D2CがやっているようにECサイトを自社で構築することは、ブランディングの面でも有効だと考えられています。「冊子版創業手帳」では、創業期におけるECサイトの導入について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ D2C HOTARU PERSONALIZED MEDULLA Sparty Waitless スキンケア パーソナライズ ブランド ヘアケア ボディメイク 株式会社 資金調達
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

「Gunosy」創業者の福島氏がブロックチェーン技術の「LayerX」をMBO
2019年7月12日、株式会社Gunosyは、子会社である株式会社LayerXを、創業者の福島良典氏にマネジメント・バイ・アウト(MBO)で事業譲渡することを発表しました。 また、AnyPay株式会社…
サラダ・ボウル専門店運営の「WithGreen」が2.3億円調達
2020年3月6日、株式会社WithGreenは、総額2億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 サラダ・ボウル専門店「WithGreen」を運営しています。 顧客のその日の気分・体調…
不正検知サービス提供の「かっこ」がデータ分析サービス「さきがけKPI」の提供を開始
2020年10月21日、かっこ株式会社は、「さきがけKPI」の提供を開始したことを発表しました。 かっこは、統計学や、数学、機械学習などの技術を活用し、不正検知やデータ・サイエンス・サービスなどを提供…
「カシワバラ・コーポレーション」が「DRONE PILOT AGENCY」と資本・業務提携へ
2019年8月28日、株式会社カシワバラ・コーポレーションは、DRONE PILOT AGENCY株式会社と、資本・業務提携を行う方向で合意したことを発表しました。 カシワバラ・コーポレーションは、“…
「Chatwork」と「OLTA」が業務提携 「Chatwork 早期入金 powered by OLTA」をリリース
2019年12月5日、OLTA株式会社と、Chatwork株式会社は、業務提携契約を締結したことを発表しました。 これにより、Chatworkが提供するビジネス・チャット・ツール「Chatwork」に…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ