注目のスタートアップ

管理画面を開発・運用できるサービスを提供する「Dashcomb」が6,300万円調達

company

2022年10月19日、株式会社Dashcombは、総額約6,300万円の資金調達を実施したことを発表しました。

Dashcombは、管理画面(ダッシュボード)を開発・運用できるサービス「Dashcomb」を提供しています。

わずかなコード(ローコード)とドラッグアンドドロップにより、UI/UXに優れた管理画面を構築できるサービスです。

管理画面(ダッシュボード)は、サービスを提供・運営する際、さまざまな情報を表示・管理するためのシステム/画面のことです。

企業が開発するサービスは独自の仕様で構築されていることが多いため、管理画面についても市販のものを使うことが難しく、多くは社内で開発されています。

一方、管理画面は顧客に見えない部分であるのにもかかわらず、サービスの運用にあたっては必ず開発が必要となり、エンジニアに負担がかかっていました。

また、エンジニアのスキル不足によって必要な機能をスピーディに実装することや、UI/UXに優れた使いやすい画面を構築できないこともあります。

「Dashcomb」は、この管理画面開発の課題を解決するローコード開発ツールです。

洗練されたUI/UXの管理画面を、ローコードかつドラッグアンドドロップで構築できるため、管理画面開発にかかっていた時間を大幅に短縮でき、さらに必要な機能も即座に実装できるようになります。

株式会社Dashcombのコメント

このニュースを受けまして、株式会社Dashcomb 代表取締役 小野邦智氏よりコメントが届きました。

・今回の資金調達の目的は何ですか?

初期チームの結成とプロダクトの開発です。プロダクトは既に10月5日にリリースしました。

・今後の展望を教えてください。

日本のみならず、世界中に急激に進んでいるDX。各企業はこのトレンドに乗り遅れてしまうと、デジタル時代に売上にインパクトを受ける可能性が高いです。その社内のDX推進の中核にあるべきものは効率的に使える管理画面です。

・読者へのメッセージをお願いします。

創業者のトータル能力が起業のジャーニーで試されます。その中のDXに関して、弊社Dashcombが全力でサポートするので、いつでもご連絡ください。

業務には至る所に不便や非効率が潜んでいます。近年はこうしたペインを解消するため、さまざまなツールやクラウドサービスが登場していますが、創業期はコストの問題から、優先順位をつけて導入することが重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備ノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Dashcomb UI UX ダッシュコム ダッシュボード ローコード 株式会社 管理画面 資金調達 運用 開発
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

電子チケット販売サービス「TIGET」などを展開する「grabss」が3億円調達
2023年4月18日、株式会社grabssは、総額約3億円の資金調達を実施したことを発表しました。 grabssは、電子チケット販売サービス「TIGET(チゲット)」や、インターネット無料通話サービス…
AIと量子コンピュータ搭載のクラウド・プラットフォーム提供の「グルーヴノーツ」が7.3億円調達
2020年5月27日、株式会社グルーヴノーツは、総額7億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 AIと量子コンピュータを搭載したクラウド・プラットフォーム「MAGELLAN BLOCK…
垂直軸型マグナス式風力発電機を開発する「チャレナジー」がLPG専業会社「アストモスエネルギー」と資本業務提携
2022年5月10日、株式会社チャレナジーは、アストモスエネルギー株式会社と資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 チャレナジーは、垂直軸型マグナス式風力発電機(マグナス風車)を開発しています…
「アドインテ」が「マックスバリュ西日本」と協業 リテールメディア「マックスバリュ西日本Ads」をリリース
2022年8月22日、株式会社アドインテは、マックスバリュ西日本株式会社と協業し、「マックスバリュ西日本Ads」(マックスバリュ西日本広告)の構築・運用をスタートしたことを発表しました。 アドインテは…
オンライン決済サービス「バンドルカード」運営の「カンム」が11.3億円調達
2020年8月11日、株式会社カンムは、総額11億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 オンライン決済サービス「バンドルカード」を運営しています。 スマートフォン・アプリからプリペイ…

大久保の視点

IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
5/30史上初の野音起業フェス優勝は!宇宙ビジネスのBULL宇藤 恭士さん
2024年5月30日、創業手帳主催で野音起業フェスを実行しました。 ショートプレゼン大会「ライトニングトーク東京」を開催いたしました。 このイベントは、オン…
(2024/5/30)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】