注目のスタートアップ

家具のサブスクリプションサービス「サブスクライフ」などを展開する「ソーシャルインテリア」が計20億円調達

company

2023年8月4日、株式会社ソーシャルインテリアは、シリーズCラウンドを終了し、合計の調達額が約20億円となったことを発表しました。

ソーシャルインテリアは、家具・家電のサブスクリプションサービス「サブスクライフ」と、家具のオフプライスマーケット「サブスクライフ オフプライス」を運営しています。

「サブスクライフ」は、月額で必要な時に必要な分の新品家具・家電を利用できるサービスです。使い続けても商品価格を超えない月額料金設定を特徴としています。

「サブスクライフ オフプライス」は、メーカーの遊休在庫や法人のリユース品を出品するECです。家具が循環するたび、いいものを提供したメーカー・パートナーに収益の一部を分配する取り組みを行っています。

今回の資金調達により、「サブスクライフ」と「サブスクライフ オフプライス」のシェア拡大に向けた施策、家具の循環型社会作りの実現に向けた施策を加速させていきます。


気候変動やエネルギー問題など、経済活動が環境に与える影響を起因とした社会課題が深刻化し、SDGs(持続可能な開発目標)の策定などをきっかけに、世界的に環境に優しい社会の実現を目指す取り組みが進められています。

こうした中、注目されている考えのひとつが「循環型社会」「循環経済」です。

循環型社会とは、限りある資源を効率的に利用し、リサイクルなどによって循環させ、持続的に資源を使い続けていくことができる社会のことです。

循環型社会の実現のためには、再利用できるものをくり返し利用するための仕組みを構築することが必要となります。

現在の社会では、大量生産・大量消費・大量廃棄のビジネスが大きな地位を確立しています。

たとえば、高価な商品である家具については、安価な素材の利用や大量生産といった製造プロセスの効率化によって、比較的安価な家具が実現されており、多くの消費者はこうした家具を利用しています。

また、進学・就職・転職・結婚などによって引っ越しを何度もくり返す現代人にとっては、こうした安価な家具はライフスタイルに適合したものであるといえます。

しかし安価な家具は、機能性・見た目・耐久性に劣り、廃棄を生み出す原因となっています。

ソーシャルインテリアは、家具の循環型社会を実現するため、新品家具・家電のサブスクリプションサービス「サブスクライフ」と、家具・家電のオフプライスマーケット「サブスクライフ オフプライス」を展開しています。

サブスクリプションサービスは、初期費用が安いことや、処分費用がかからないこと、模様替えのハードルが下がることなどのメリットがあるため、現代社会においてきちんと作られた家具を「利用」する上で最適な仕組みと考えられています。

株式会社ソーシャルインテリアのコメント

このニュースを受けまして、株式会社ソーシャルインテリアよりコメントが届きました。

・今回の資金調達の目的は何ですか?

人材採用と認知拡大施策をメインとしております。

・今後の展望を教えてください。

物価高、不景気懸念も重なり、当社のサブスク需要は今後もさらに膨らんで来ると思われます。

インテリア業界のお役に立てる事業展開を、今後も磨き続けていければと考えております。

・読者へのメッセージをお願いします。

先行き不透明な時代の中、当社のサービスの成長に期待をいただくことができ、今回の調達を発表することができました。ご支援いただいている関係会社様に心より感謝申し上げます。当社のオフィス構築支援はスタートアップ/大手から非常にお引き合いも多い状況です。当社がお役に立てることがございましたら、お気軽にご連絡いただけましたら幸いです。

レンタルサービスなどは資金に制限のある創業期において便利な存在です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、創業期にとって大きな投資となるオフィスについて、レンタルやコワーキングスペースのメリット・デメリットを比較し、おすすめの形態を解説しています。

また、企業の成長においては資金調達が重要です。「資金調達手帳」では、資金調達に関するノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ オフプライス オフプライスマーケット サブスクライフ サブスクライフ オフプライス サブスクリプション ソーシャルインテリア 利用 家具 家電 月額 株式会社
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

障害者eスポーツ事業展開などの「ワンライフ」が資金調達
株式会社キャピタルメディカ・ベンチャーズは、「ヘルスケア・ニューフロンティア投資事業有限責任組合」において、株式会社ワンライフに出資したことを発表しました。 ワンライフは、“偏見のない社会を創り、障害…
農業×AIによる農業支援と青果卸売事業展開の「Happy Quality」が資金調達
2020年10月20日、株式会社Happy Qualityは、資金調達を実施したことを発表しました。 ビッグデータ・AI・光学センサなどを活用した高品質・高単価なメロン・トマトの生産や、青果卸売事業を…
廃棄素材を使用したクラフトジンの生産などの蒸留ベンチャー「エシカル・スピリッツ」が1.4億円調達
2021年6月16日、エシカル・スピリッツ株式会社は、総額1億4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 廃棄素材を使用したクラフトジンの生産や、再生型蒸留所の運営を行っています。 日本酒…
落とし物クラウドを提供する「find」が7,500万円調達
2023年5月19日、株式会社findは、総額7,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 findは、落とし物クラウド「find(ファインド)」を開発・提供しています。 落とし物にまつわる…
「ライフエンディングテクノロジーズ」と「廣済堂グループKOIL」が事業提携 「葬送オンライン」の試験運用を開始
2021年3月26日、ライフエンディングテクノロジーズ株式会社は、株式会社廣済堂の子会社である株式会社KOSAIDO Innovation Labと業務提携したことを発表しました。 この提携により、廣…

大久保の視点

優勝はブラジルから参加のBVC中山充さん!2/26 起業家プレゼン&交流大会「ライトニングトーク東京」
2024年2月26日、創業手帳主催のショートプレゼン大会「ライトニングトーク東京」を開催いたしました。 このイベントは、オンリーワンのサービスやストーリーを…
(2024/2/26)
2/5 JSSA日本スタートアップ支援協会ピッチ大会:最優秀賞はがんリスク検査のセルクラウド中島 謙一郎さん
一般社団法人日本スタートアップ支援協会が主催する「The JSSA TOKYO Pitch Award & Meetup Vol.33」が2024…
(2024/2/5)
第4回 FRAX TOKYOが1/18~1/20に開催:創業手帳の大久保幸世も登壇・フランチャイズビジネスの総合展が活況
「第4回 FRAX TOKYO」が2024年1月18日(木)から20日(土)にかけて開催されました。 このビジネスイベントは、日本最大の見本市主催会社・RX…
(2024/1/20)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】