注目のスタートアップ

オンライン商業登記支援サービス「GVA 法人登記」などを展開する「GVA TECH」が「Chatwork」と資本業務提携

company

2022年9月15日、GVA TECH株式会社は、Chatwork株式会社と、資本業務提携契約を締結したことを発表しました。

GVA TECHは、Ai契約書レビュー支援クラウドサービス「GVA assist(ジーヴァ アシスト)」や、オンライン商業登記支援サービス「GVA 法人登記」、オンライン登記簿謄本取得サービス「GVA 登記簿取得」、秘密保持契約(NDA)チェックサービス「GVA NDA」を展開しています。

「GVA 法人登記」は、最短7分で登記申請書類や添付書類を自動作成できるサービスです。

本店移転(管轄内移転・管轄外移転)、新任(役員変更)、辞任(役員変更)、重任・退任(役員変更)、役員の氏名・住所変更、募集株式の発行(増資)、商号変更、目的変更、株式分割、剰余金等の資本組入れ(増資)、ストックオプションに対応しています。

Chatworkは、ビジネスチャット「Chatwork」を提供しています。また、中小企業のビジネスを効率化するための周辺サービスの提供も進めています。

今回の提携により、Chatworkの「Chatwork DX相談窓口」のサービスの1つとして、「GVA 法人登記」を提供する予定です。

株式会社や合同会社は、その商号・所在地・役員の氏名を公示するための商業登記・法人登記という手続きが必要となります。

商業登記は会社設立時の設立登記以外にも、本店の移転や、役員の変更、株式の発行、商号(社名)の変更などの際にも必要となります。

通常商業登記は、自分で書類を作成して申請するか、司法書士に依頼するかして手続きを行います。

多くの経営者は忙しいことが多いため、複数の書類を自分で用意して申請することはあまり現実的ではなく、司法書士に依頼することが一般的です。

しかし司法書士に依頼するにしても、どの司法書士に依頼したらいいのか、どれだけの時間がかかるのかといった課題があります。

「GVA 法人登記」はこういった商業登記の課題を解決することを目的とした、商業登記支援サービスです。

必要な情報を入力することで、最短7分で必要な書類を作成でき、さらには製本した書類と郵送用封筒を届けてくれる「かんたん輸送パック」といったオプションもあるため、企業は簡単かつ安価に商業登記を行うことができます。

GVA TECH株式会社のコメント

このニュースを受けまして、GVA TECH株式会社よりコメントが届きました。

・今回の資本業務提携の目的は何ですか?

両社のサービスは、中小企業を中心に多くの企業で利用されており、事業の親和性を考えての資本業務提携になります。

・今後の展望を教えてください。

Chatwork社では、ビジネスの効率化やDX推進サービスを紹介する「Chatwork DX相談窓口」を提供しております。そのサービス内で「GVA 法人登記」もご利用できるようになり、法人の変更登記における課題を両社で解決をしていきます。

・読者へのメッセージをお願いします。

創業手帳を読まれている皆さまは「創業時の課題」を解決したい方が多いと思いますが、創業後にも事業の拡大に伴い、オフィス移転(住所変更)や役員変更、目的変更など、企業のフェーズが変わるタイミングがあり、その度に変更登記の手続きが必要なってきます。その際には、ぜひGVA 法人登記をご利用していただき、低コストで手間なく変更登記をしていただけたらと思います。

起業では設立登記以外にもさまざまな手続きが必要となります。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、これまでさまざまな起業家をサポートしてきた経験から、多くの起業家が躓きやすい手続きについて、ポイントを踏まえつつ解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Chatwork GVA assist GVA TECH GVA 法人登記 オンライン 作成 商業登記 契約書レビュー 書類 株式会社 申請 登記 自動 資本業務提携
関連記事はこちら

会社の変更登記を費用を抑えて簡単に行う方法とは? 必要書類が最短7分で完成するオンライン登記サービス「GVA 法人登記」

創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

eスポーツ大会に特化したプラットフォーム「GameTector」運営の「RIM」が3,500万円調達
2020年6月18日、RIM株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 eスポーツ大会に特会したプラットフォーム「GameTector(ゲームテクター)」を運営しています。 エントリー選手管理…
サテライト・オフィス契約サービス「かんたんサテライトオフィスサービス」が開始
2019年7月18日、株式会社スペースマーケットは、「かんたんサテライトオフィスサービス」を開始したことを発表しました。 「かんたんサテライトオフィスサービス」は、法人向けの、従業員向けサテライト・オ…
OOH広告のDXを推進するプラットフォーム提供の「PalledAd」が総額2,000万円調達
2020年10月1日、株式会社PalledAdは、総額2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 OOH広告(屋外広告・交通広告)のDX推進を進めるプラットフォーム「AdVice」「AdR…
英語圏訪日外国人の集客設計・実行・送客を行う「Tokyo Creative」が「杏林大学」と共創し「オンラインインターンシップ」を実施
2020年9月17日、Tokyo Creative株式会社は、同社のCOOである中川智博氏が、杏林大学外国語学部観光交流文化学科における選択必修科目「インターンシップⅠ」のゲスト講師として「オンライン…
レシート買取アプリ「ONE」運営の「WED」が資金調達
2022年1月27日、WED株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 レシート買取アプリ「ONE」を運営しています。 アプリをインストールしたユーザーに自身の買い物によって出たレシートを撮影…

大久保の視点

スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ