注目のスタートアップ

レンタカー事業者向け回送アウトレットプラットフォームを展開する「Pathfinder」が8,000万円調達

company

2022年10月5日、Pathfinder株式会社は、総額8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

Pathfinderは、片道乗り捨て専用レンタカーの回送アウトレットプラットフォーム「Simpway(シンプウェイ)」を運営しています。

片道乗り捨てレンタカーの上り利用のユーザーと、下り利用のユーザーをマッチングさせることで、事業者側のクルマの回収(回送)を発生させず、コストを削減する仕組みを構築しています。

データ取得・オペレーション・ニーズ検証などのため、自社でも片道乗り捨てレンタカー事業を展開しています。

今回の資金は、国内大手レンタカー事業者との実証実験や開発の加速、人材採用、マーケティングの強化に充当します。

通常のレンタカーサービスでは、クルマを借りた事業所に返却する必要があります。

もちろん行き先でもずっとレンタカーを利用するような場合はこの仕組みでも問題ありませんが、中長期的な旅行や、交通手段が充実している都市への旅行の場合はこのレンタカーの仕組みがネックとなります。

もしレンタカーを行き先の事業所に返却できたり、任意の場所に乗り捨てることが可能であれば、このレンタカーのデメリットはなくなるため、レンタカー事業者においてはこの乗り捨てをサービスやオプションとして提供しているケースもあります。

この片道乗り捨てサービスでは、乗り捨て先においてレンタカー事業者によるクルマの回収・回送が必要となり、これにかかる費用を利用者に回送委託料として請求しています。

しかし、この回送委託料は片道分(もしくは往復分)のレンタカー利用料に匹敵することもあるため、利用者は気軽に片道乗り捨てレンタカーを利用できずにいました。

Pathfinderはこの課題を解決するため、上り利用のユーザーと下り利用のユーザーをマッチングすることで事業者の回収・回送を削減し、気軽に利用できる乗り捨てレンタカーの実現を目指しています。

この仕組みは、利用者コストは88%減、事業者コストは80%減、必要車両数は33%カットが可能であることがシミュレーションによりわかっているそうです。

Pathfinder株式会社のコメント

このニュースを受けまして、Pathfinder株式会社 代表取締役 小野崎悠介氏よりコメントが届きました。

・今回の資金調達の目的は何ですか?

採用(システム開発含む)と、認知向上のためのマーケティング費用になります。

・今後の展望を教えてください。

今後の目標は3つのステップで考えています。

第1ステップはまずマーケットプレイス事業で成長し、データを溜めていく中で、アルゴリズムでマッチングが上手くできるようになることです。

第2ステップはこれから3年をめどに、そのマッチングアルゴリズムをさまざまなモビリティに適用していきたいと考えています。

シェアサイクルや電動キックボードなど、レンタカーよりも移動距離が短いものはマッチングの計算量も増え、最適化する台数も増えることで、難易度が上がります。

第3ステップでは、アルゴリズムを自動運転車へ適用するという展望を描いています。

・読者へのメッセージをお願いします。

『自動運転時代でも、日本発グローバルサービスを!』

今、日本が一番競争力を持つ自動車産業はこのままではGAFA等に負け、自動運転時代に向けて急速に影響力がなくなります。

しかし今から始めれば、まだ勝てるサービスを作れると我々は考えます。

自動運転の研究開発も要素技術や個別車両については日本は非常に高い競争力を持ちますがモビリティサービスとして投入された後の想定があまりなされていません。

自動運転社会への布石として我々はまずは手動運転での全体最適・省資源・省エネルギー化を狙います。

足元の対象としては一番規模が大きく国内約90万台もあるモビリティサービスであるレンタカー・カーシェアです。

90万台を効率的に運用するアルゴリズムの構築を進めた先にユーザーにとっても移動のコスト・物理的心理的ハードルが下がった個人のしたい活動を後押しする人間中心の社会を実現できると信じています。

旅・ドライブが好きな方は是非一緒に作り上げていきましょう!
ご連絡お待ちしております。

↓気軽に雑談してみる↓
https://meety.net/matches/pYWvwBcDdpMY

革新的なサービスを生み出すためには、他企業や自治体との提携・連携も重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、人脈を広げる方法や、商工会議所の活用方法など、提携先を見つけるためのノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Pathfinder Simpway クルマ シンプウェイ プラットフォーム マッチング レンタカー 乗り捨て 回収 回送 回送アウトレットプラットフォーム 実証実験 株式会社 片道 片道乗り捨て 自動車 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

中小企業向けシステム受託開発事業などを展開する「みんなシステムズ」が3,500万円調達
2022年9月1日、株式会社みんなシステムズは、総額3,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 みんなシステムズは、中小企業向けシステム受託開発事業や、CtoC向け手紙サービス「eiffe…
キャッシュレス決済+ドア解錠機能を搭載した指輪型ウェアラブルデバイス展開の「EVERING」が10億円超調達
2022年5月31日、株式会社EVERINGは、10億円超の資金調達を実施したことを発表しました。 EVERINGは、キャッシュレス決済+ドア解錠機能を搭載した指輪型ウェアラブルデバイス「EVERIN…
宿泊施設向け基幹システム「aiPass」運営の「クイッキン」が6,000万円調達
2021年1月29日、クイッキン株式会社は、総額6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 宿泊施設向けの非接触型のチェックイン機能をベースにした基幹システム「aiPass(アイパス)」を…
運送業界向け車両売買プラットフォーム運営の「Azoop」が4.5億円調達
2019年4月9日、株式会社Azoopは、総額4億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 運送業界向け車両売買プラットフォーム「トラッカーズ」を運営しています。 運送会社が保有するトラ…
ANAホールディングス 業績悪化と公募増資報道を嫌気して株価下落
ANAホールディングス(9202)の株価が、直近1週間で10%下落しました。9月26日付の日本経済新聞朝刊が「ANAHDが2,000億円規模の公募増資を検討していることがわかった」と報じ、1株利益の希…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ