不動産による資産形成をクラウドで支援する「ヤモリ」が5,000万円調達

company

2021年6月8日、株式会社ヤモリは、総額5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

不動産オーナー向けクラウド不動産経営管理サービス「大家のヤモリ」や、管理会社向けクラウド不動産オーナー管理サービス「管理会社のヤモリ」、無料学習メディア「ヤモリの学校」、物件探しから管理売却まで寄り添ってサポートする「ヤモリの家庭教師」を提供しています。

「大家のヤモリ」は、クラウド・AIを活用して不動産賃貸事業の学習から購入、管理、売却まで、不動産オーナーの経営を支援するサービスです。

また、管理会社向けの管理サービス「管理会社のヤモリ」も提供しています。「大家のヤモリ」と連携することにより、両者のコミュニケーションを円滑にします。

国土交通省によると、空き家の総数は、1993年から2013年の20年間で1.8倍(448万戸から820万戸)に増加しています。

今後も増加を続け、2033年頃には2,150万戸、全住宅の3戸に1戸が空き家になってしまうとの予測もあります。

この空き家問題は日本における大きな社会問題であり、自治体だけでなく民間企業によるビジネスでの課題解決も行われています。

空き家のなかでも、売りにも貸しにも出されていないものは2013年時点で318万戸あります。

この空き家の活用を進める必要がありますが、多くの場合、空き家のオーナーは不動産の知識を持たないため、適切な活用を行うことは難しいでしょう。

そのためヤモリは、この空き家問題を解決するため、知識のない不動産オーナーをデジタル技術によってサポートすることにより、賃貸市場の活性化、住居環境の向上、さらには空き家問題の解決を目指しています。

ビジネスでも専門的な知識が必要となる場面は多々あります。しかし必要な人材を雇うための資金が足りないこともあります。そのため専門的な知識を補ってくれるサービスの活用が重要です。「冊子版創業手帳」では、企業経営を支援してくれるシステムの構築について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AI クラウド ヤモリ 不動産 大家のヤモリ 支援 株式会社 管理 管理会社のヤモリ 資産形成 資金調達
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

モバイル・オーダー・サービス「LOOP」提供の「ShockTech」とメニュー・ブック制作の「メニューデザイン研究所」が業務資本提携
2020年10月28日、株式会社ShockTechは、株式会社メニューデザイン研究所と業務資本提携契約を締結したことを発表しました。 ShockTechは、オーダー・データ・プラットフォーム・サービス…
NFT特化ブロックチェーン「パレット」開発の「HashPort」が4.8億円調達
2021年8月3日、株式会社HashPortは、総額約4億8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、株式会社スタートトゥデイ代表取締役の前澤友作氏です。 NFT特化のブロックチ…
クラフト・ドリンク特化のクラウドファンディング「ふぁんドリ」とブルワリー「VectorBrewing」運営の「ライナ」が業務提携
2020年12月9日、株式会社ふぁんドリは、ライナ株式会社と業務提携契約を締結したことを発表しました。 ふぁんドリは、クラフト・ドリンクに特化したクラウドファンディング・プラットフォーム「ふぁんドリ」…
AI献立自動作成アプリ「me:new」の運営元が資金調達
2018年12月6日、株式会社ミーニューは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、東京電力エナジーパートナー(TEPCO EP)のCVCである東京電力フロンティアパートナーズ(TEPCO …
「カシワバラ・コーポレーション」が「DRONE PILOT AGENCY」と資本・業務提携へ
2019年8月28日、株式会社カシワバラ・コーポレーションは、DRONE PILOT AGENCY株式会社と、資本・業務提携を行う方向で合意したことを発表しました。 カシワバラ・コーポレーションは、“…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ