注目のスタートアップ

人型重機を研究・開発する「人機一体」が「大和工業」と資本提携

company

2022年10月3日、株式会社人機一体は、大和工業株式会社と資本提携契約を締結したことを発表しました。

人機一体は、Man-Machine Synergy Effector (MMSE)=人間機械相乗効果器というコンセプトを掲げ、力学を自在に操ることができる人機(人型重機)の研究・開発と、将来的な社会実装を目指しています。

また、先端ロボット工学技術に関連する新規事業開発支援のため、知的財産を活用したロボティクス製品化コンサルティング事業を展開しています。

2022年10月現在、「深夜帯の鉄道架線メンテナンス作業の機械化」「重機・建機の油圧フリー完全電動化による脱炭素化・高度化の実現」「工場内における重量物ハンドリング作業の機械化」のプロジェクトを進行しています。

今後、大和工業グループの事業会社である大和軌道製造株式会社のノウハウと、人機一体のロボット開発のノウハウをかけ合わせ、工場内の省人化・省力化・安全性向上などの課題解決や、新製品開発などに取り組んでいきます。

近年のAI技術の進展により、製造業や物流などにおいて自律ロボットの実装が進みました。

自律ロボットとは、AIを搭載することにより、自律的に判断して動くロボットのことです。工場などにおける作業の自動化を実現します。

自律ロボットは大きな革新であり、ロボット=自律機械という認識が強まっています。

一方で、ロボット工学においてもロボットを自律させることが研究の目的となり、AIの開発に重点が置かれるようになっています。

しかし、AIが高度に発展したとしても、ロボットは人間が持つ何らかの目的のために働くということには代わりありません。

AIによる自動化が進展することは便利なケースも多いかもしれませんが、一方で目的を果たすため、人間がジザイに動かすことができるロボットが最適であるケースもあるでしょう。

人機一体は、ロボット工学において人間が排除されていることに課題を感じ、人間が自在に操ることができる人型重機(人機)を研究・開発しています。

人型重機は建設・製造などの現場だけでなく、災害や犯罪現場などでも活用されることが想定されます。

株式会社人機一体のコメント

このニュースを受けまして、株式会社人機一体よりコメントが届きました。

・今回の資本提携の目的は何ですか?

今回調達した資金は、上記のプロジェクトに加え、更なる新規事業開発支援の加速のために充てることとなります。

・今後の展望を教えてください。

人機一体と大和工業は、今回の資本提携を機に、大和工業グループの事業会社である大和軌道製造の分岐器事業のノウハウと人機一体社のロボット開発力を掛け合わせ、工場内の省人化・省力化・安全性向上等の現場課題解決やこれを通じた新製品開発など、新たな事業機会の獲得に取り組んでまいります。

大和工業は、将来的に国内外の鉄道業界の現場課題の解決も遠景に見据え、広い視野で活用機会を検討する方針です。また人機一体は、「独自の先端ロボット工学技術」と「人機プラットフォームという独自ビジネスモデル」により、これまで「自動化」が不可能だった現場の「機械化」を実現し、引き続き、現場課題を抱える企業との連携を更に拡大いたします。

最新技術を活用したプロダクトの開発には豊富な資金が必要です。シリーズ発行累計200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関する情報を提供しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ ロボット ロボティクス 人型ロボット 人型重機 人機 人機一体 先端ロボット工学 大和工業 大和軌道製造 株式会社 知的財産 研究 資本提携 重機 開発
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

モバイル・オーダー・プラットフォーム提供の「LBB」が「おおさか社会課題解決ファンド」から資金調達
2021年2月22日、株式会社LBBは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、大阪信用金庫とフューチャーベンチャーキャピタル株式会社が共同設立する「おおさか社会課題解決ファンド」です。 L…
金融機関における債権管理・督促回収業務をワンストップで支援する「Lecto」が1億円超調達
2021年3月22日、Lecto株式会社は、総額1億円超の資金調達を実施したことを発表しました。 金融事業の複雑なオペレーション設計や属人的になりがちな債権管理・督促回収業務を一貫して支えるプロダクト…
細管内の走行・撮影が可能なミミズ型ロボット開発の「ソラリス」が1.6億円調達
2022年1月19日、株式会社ソラリスは、総額1億6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 細管内の走行・撮影が可能なミミズ型ロボットを開発しています。 独自開発の人工筋肉によりミミズの…
スペースデブリ除去サービスなどに取り組む「アストロスケールホールディングス」が124億円調達
2021年11月25日、株式会社アストロスケールホールディングスは、総額約124億円の資金調達を実施したことを発表しました。 スペースデブリ(宇宙ゴミ)除去サービスなど軌道上サービスの実現に向け研究・…
海外企業の日本進出を支援する「Makuake Global Plan」が正式リリース
2019年7月29日、株式会社マクアケは、「Makuake Global Plan」の提供を正式に開始したことを発表しました。 「Makuake Global Plan」は、海外企業の日本進出を支援す…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ