注目のスタートアップ

インタラクティブ動画テクノロジー「Tig」を提供する「パロニム」が「博報堂プロダクツ」と資本業務提携

company

2022年9月29日、パロニム株式会社は、株式会社博報堂プロダクツと、資本業務提携契約を締結したことを発表しました。

パロニムは、動画内に、商品の購入ページ・クーポン・ストーリー分岐などの情報・ボタンを表示できるテクノロジー「Tig」を開発・提供しています。

商品・クーポンは動画を見ながらストックできるため、動画の視聴を阻害することがありません。

また、ユーザーが動画中のどの部分に興味を持ったか、リンク先にどれだけアクセスしたかといった視聴行動データや、動画をタップしたヒートマップを取得できます。

「Tig」を利用した動画を制作できるサービスをSaaSとして提供しているほか、顧客企業のニーズ・環境に合わせ、各種要素をライセンス提供しています。

さらに、ライブ配信に特化した「Tig LIVE」では、リアルタイムでも情報誘導が可能です。

博報堂プロダクツとの提携により、両社の強みを活かし、クライアントの動画コマース領域の課題に共同で取り組みます。

具体的には、「Tig」独自の動画視聴データを活用したコンテンツ制作や、新しい買物体験を実現する動画ソリューションの開発を行います。

インタラクティブ動画とは、動画上にタップやクリックができるリンクなどが設置された動画のことです。

たとえばファッションアイテムの情報や購入ページの表示や、ストーリーのある動画であれば選択肢によって分岐するストーリーなどを実現できます。

これまでの動画は一方的に情報が与えられるだけでしたが、インタラクティブ動画はユーザーが能動的にアクションできるため、動画の視聴率やエンゲージメントが向上するというメリットがあります。

動画中に登場する商品の情報や購入ページを表示できるため、新たなマーケティング手法としても高い注目を集めています。

また、動画×商品の販売といえば、中国で急激な勢いで成長しているライブコマースがあります。

ライブコマースとは、インフルエンサーなどが生配信で商品を紹介・販売する新たなECの形です。

視聴者がコメントでき、紹介を行っている者がリアルタイムで答えるという双方向性が大きな特徴です。

中国のライブコマース市場は2017年にはほぼ存在しなかったのですが、2021年には約2兆元(約35.7兆円)という巨大な市場となっています。

国内においても初期に参入を試みたメルカリや楽天の例がありましたが、あまり奮わずに撤退しています。

一方、コロナ禍においてライブコマースを開始したBEAMSやユニクロなどの例があり、こちらは一定の成果をあげているようです。

百貨店などの小売業は売上減少が大きな課題となっているため、ライブコマースなどに取り組む例も増えてきています。

動画は情報量が多いメディアとしてデジタルマーケティングにおいて注目されています。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、創業期におけるSNSやインターネットを活用したマーケティング・ノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ EC TIG インタラクティブ インタラクティブ動画 テクノロジー パロニム ライブコマース 動画 株式会社 資本業務提携
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

クラウドソリューション事業やモビリティ事業などを展開する「クララオンライン」が資金調達
2022年6月30日、株式会社クララオンラインは、資金調達を実施したことを発表しました。 クララオンラインは、クラウドソリューション事業・ビジネスコンサルティング事業や、グループ企業を通じ、シェアサイ…
クラウド営業支援ツール「Senses」 VC19社と提携してスタートアップ支援プランを提供開始
2021年12月22日、株式会社マツリカは、提供するクラウド営業支援ツール「Senses」において、ベンチャーキャピタル19社と提携し、スタートアップ支援プランの提供を開始したことを発表しました。 こ…
「ユームテクノロジージャパン」が産業用ロボットのオンデマンド特別教育サービスを3月から提供開始
2022年2月21日、ユームテクノロジージャパン株式会社は、2022年3月から、産業用ロボットの特別教育サービスをオンデマンドで提供を開始することを発表しました。 ユームテクノロジージャパンは、オンラ…
空間活用・無人運営を実現する「StayX」展開の「matsuri technologies」が20億円調達
2022年3月24日、matsuri technologies株式会社は、総額約20億円の資金調達を実施したことを発表しました。 空間活用・無人運営を実現するソリューション「StayX」や、民泊向けP…
「福祉はぐくみ企業年金基金」の導入サポートなどを展開する「ベター・プレイス」が3億円調達
2022年11月1日、株式会社ベター・プレイスは、総額3億円の資金調達を実施したことを発表しました。 ベター・プレイスは、福祉はぐくみ企業年金基金の導入推進、導入支援、各種サポート業務を行う「はぐくみ…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ