注目のスタートアップ

データサイエンス事業を展開する「エスタイル」が「日鉄ソリューションズ」と資本業務提携

company

2022年9月6日、株式会社エスタイルは、日鉄ソリューションズ株式会社と、資本業務提携契約を締結したことを発表しました。

エスタイルは、データをさまざまな手法で解析し、企業の課題解決のため提案から実装まで伴走支援するデータサイエンス事業を展開しています。

日鉄ソリューションズは、DXパートナーとして顧客企業のDX推進や、データ利活用を支援しています。

今回の提携により、両社のデータ利活用領域におけるコンサルティング力と知見を高め、より付加価値の高いサービスを提供します。

経済産業省は、日本のDX(デジタルトランスフォーメーション)が実現できなかった場合、2025年以降、最大で12兆円/年の経済損失が生じる可能性を指摘しています。これを2025年の崖と呼びます。

DXとは、テクノロジーとデータの活用により、企業を根本的に変革することを指します。単なるデジタル化ではないことに注意が必要です。

DXではデジタル化による効率化と、得られたデータをいかに活用するかが重要です。

しかし、多くの企業はデジタル化による効率化はできても、データの分析・活用が難しいという課題を抱えています。

これはデータを分析・活用するための基盤がないことや、データを扱う人材がいないことが理由です。データ活用ができないままだと、本質的なDXを実現できません。

データ活用では、データを扱う人材であるデータサイエンティストが重要な立場にあります。

データサイエンティストとは、企業・組織の意思決定の局面においてデータにもとづいた意思決定の支援や、データ分析を通じたビジネスの設計戦略ができる人材のことです。

ITスキルだけでなくビジネスのスキルも必要となるため非常に稀有な人材であり、多くの企業ではデータサイエンティストを確保できていません。

そのため、データサイエンティストを有した企業が提供する、コンサルティングやDX・データ活用支援サービスのニーズが高まっています。

創業期はとくにリソースが足りていないため、アウトソーシングなど外部のリソースを戦略的に活用することが重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、アウトソーシングの導入方法や、外注の活用法について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ DX NSSOL エスタイル コンサルティング データ データサイエンス データサイエンティスト デジタルトランスフォーメーション 日鉄ソリューションズ 株式会社 資本業務提携
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

料理家・栗原はるみ氏創業の「ゆとりの空間」がミールキット展開の「オイシックス・ラ・大地」と資本業務提携
2022年5月26日、株式会社ゆとりの空間は、オイシックス・ラ・大地株式会社と、資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 ゆとりの空間は、料理家の栗原はるみ氏が創業し代表を務める企業で、企業への…
ゲノム医療情報ベンチャーの「Genomedia」が資金調達
Genomedia株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、住友商事株式会社、シップヘルスケアホールディングス株式会社、Aflac Ventures LLCです。 医療機関、研究機…
ARクラウドプラットフォーム「Pretia」が正式ローンチ
プレティア・テクノロジーズ株式会社は、2022年4月26日にARクラウドプラットフォーム「Pretia」を正式ローンチしたことを発表しました。 「Pretia」は、AR開発をより簡単にするクラウドサー…
オンライン決済サービス「バンドルカード」運営の「カンム」が11.3億円調達
2020年8月11日、株式会社カンムは、総額11億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 オンライン決済サービス「バンドルカード」を運営しています。 スマートフォン・アプリからプリペイ…
空間活用・無人運営を実現する「StayX」展開の「matsuri technologies」が20億円調達
2022年3月24日、matsuri technologies株式会社は、総額約20億円の資金調達を実施したことを発表しました。 空間活用・無人運営を実現するソリューション「StayX」や、民泊向けP…

大久保の視点

スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ