注目のスタートアップ

ネットでサービスを売れる個人ブランド支援サービス運営の「MOSH」が8億円調達

company

2022年4月20日、MOSH株式会社は、総額8億円の資金調達を実施しました。

MOSHは、ネットでサービスを売れる個人ブランド支援サービス「MOSH」を運営しています。

個人の持つ技術や情報をオンライン販売するために必要な、ホームページ作成、オフライン・オンラインの予約決済、デジタルコンテンツ販売、月間サブスクリプションなどをワンストップで提供するサービスです。

今回の資金は、サービス認知拡大のためのマーケティング、開発体制を強化するための人材採用、個人のブランド化を支援するための仕組みの構築に充当されます。

個人が持っているスキルなどを提供することをスキルシェアリングと呼びます。副業・兼業が解禁され多様な働き方が普及しつつある中、新たな働き方として利用する人が増えています。また、フリーランスが仕事を得るためのプラットフォームとしても大きく活用されています。

スキルシェアリングには様々な種類があり、個人向けに家事・育児・ペットケアなどを代行するものや、企業の業務の一部を担当したり成果物を納品したりするもの、知識・技能を提供したり教えたりするものなどがあります。特に介護の領域では、ペットの世話などは介護保険外となるため、比較的安価に利用できるスキルシェアリングは大きく拡大していくと考えられます。

もちろんスキルシェアリングにも注意点があります。それは個人間の取引であるということです。個人間の取引では、トラブルを防止するための仕組みの構築や、受注を増やすためのブランディングなどが重要となっており、スキルシェアリングサービスが成熟してきている現在では、これらの仕組みで差別化を図る段階になってきているといえます。

MOSH株式会社のコメント

このニュースを受けまして、MOSH株式会社よりコメントが届きました。

・今回の資金調達の目的は何ですか?

クリエイターエコノミーのさらなる発展のため、個人クリエイターの活動をより一層サポートし、多様な活動が行えるよう体制を強化することを目的として、今回の資金調達に至りました。
サービス認知を広げるためのマーケティング活動や、各クリエイターごとに最適な顧客体験を可能にするための、開発体制の強化に伴う人材採用に充ててまいります。
さらに、個人がチームを創って共同でサービスを展開できる新機能「MOSH for Teams」へ積極的な投資を行い、クリエイターの活動の幅を広げられるようサポートしたいと考えております。

・今後の展望を教えてください。

「クリエイターの抱える課題を解決し、クリエイターに1番に選ばれるサービスであること」を目標としています。
クリエイターが抱える課題とは、各事業フェーズによって主に4つに分けられると考えています。

1. 生活を安定させるための収益安定化
2. 情熱をさらに広げるための収益最大化
3. 時間外収益を上げるためのコンテンツ化
4. ファンと一体になるためのコミュニティ化

これらの課題をMOSHを通じて解決し、個人が自身を「ブランド化」できるプロダクトを創ることでクリエイターエコノミーを今後も活性化してまいります。
また、新機能「MOSH for Teams」の強化も行い、多様なクリエイターの活動を支援してまいります。

・読者へのメッセージをお願いします。

MOSHは、多くの個人・スモールチームの顧客接点を持たせていただいております!
何か事業連携などがあればぜひお声かけください!

ビジネスにおいても個人のスキルを単発的に利用したい場面があります。「冊子版創業手帳」では、アウトソーシングの導入ノウハウについて解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ CtoC MOSH クリエイター・エコノミー サービス スキル スキル・シェア ブランディング 個人 支援 株式会社 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

スポーツ・ウェルネスD2Cの「TENTIAL」が資金調達
2020年7月1日、株式会社TENTIALは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、株式会社アカツキや、プロ・テニス・プレイヤーの西岡良仁選手などです。 スポーツ・メディア「SPOSHIR…
検査AIのノーコード開発ツール「MENOU-TE」など提供の「MENOU」が2.5億円調達
2022年1月11日、株式会社MENOUは、総額約2億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 検査AIのノーコード開発ツール「MENOU-TE」や、検査AIの総合的な導入支援サービス「…
データサイエンススクール「データミックス」やオンライン受験システムなど提供の「データミックス」が2.3億円調達
2022年1月17日、株式会社データミックスは、総額2億3,100万円の資金調達を実施したことを発表しました。 データサイエンスが学べるオンラインビジネススクール「データミックス」や、データサイエンス…
酪農・畜産向けIoTソリューション提供の「ファームノートHD」が資金調達
2020年1月15日、株式会社ファームノートホールディングスは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、オイシックス・ラ・大地株式会社が設立したフードイノベーション領域に特化したCVCファン…
建設業マッチング・アプリ運営の「助太刀」が7億円調達
2019年7月2日、株式会社助太刀は、総額約7億円の資金調達を実施したことを発表しました。 建設現場と大工や左官などの現場職人をマッチングするアプリ「助太刀」を運営しています。 ほかには、その日の稼ぎ…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ