賃貸物件の原状回復工事の発注・管理を支援するサービス「内装工事くん」が提供開始

tool

2022年8月23日、イタンジ株式会社は、「内装工事くん」の提供を順次開始することを発表しました。

「内装工事くん」は、賃貸物件の原状回復工事の発注・管理を支援するサービスです。

原状回復工事において、不動産管理会社の工事の発注・工程・書類管理を支援し、さらに提携工事業者とのオンライン取引を提供することで、原状回復工事にまつわる業務を効率化するサービスです。

また、イタンジが提供する賃貸住宅のWEB更新・退去システム「更新退去くん」とデータ連携することで、工事発注・見積もりなどの情報を一括で工事業者に共有することができます。

イタンジは、不動産賃貸業務のDXサービス群「ITANDI BB +(イタンジビービー プラス)」、リアルタイム不動産業者間サイト「ITANDI BB (イタンジビービー)」、ネット不動産賃貸サービス「OHEYAGO(オヘヤゴー)を提供しています。

原状回復工事とは、賃貸物件や賃貸オフィスの入居者が退去したあと、汚れたクロスを張り替えたり、古くなった設備を交換したりなど、入居時の状態に戻すために行う工事のことです。

賃貸物件では主に、クロスの張り替え、天井・壁・建具の塗装、フローリングの張り替え、照明器具の交換、必要な箇所のクリーニングなどを行います。

原状回復工事においては、オーナー・不動産管理会社が工事業者に依頼をすることになります。

その際は、電話・FAX・メールなどで工事が必要となる部分を伝え、見積もりをとります。そして実際の工事へと移っていきます。

「内装工事くん」は、この原状回復工事におけるアナログな発注をデジタル化・オンライン化するサービスです。

これによって時間がかかっていたやり取りを削減し、入居者の退去から物件の掲載までの時間を早めることが可能となります。

また原状回復工事は引っ越しが集中する時期に多くなるため、これまで取引がなかった業者に発注することも多くなります。

「内装工事くん」を利用することで、原状回復工事を効率化し、さらに適正な事業者に発注することが可能となるでしょう。

企業ではどうしても非効率的な業務が発生してしまいます。とくに創業期はさまざまなリソースが不足しているため、ノンコア業務に時間がとられてしまうと成長の機会を逃してしまう可能性もあります。そのため創業期にはシステムを厳選して導入することが重要です。「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備のノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 便利なサービス
関連タグ DX イタンジ サービス 不動産管理 原状回復 工事 支援 株式会社 発注 管理 賃貸物件
詳細はこちら

イタンジ、原状回復工事の発注・管理システム「内装工事くん」の提供開始

創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

便利なサービスの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

エリア・施設特化型デリバリー・プラットフォーム「NEW PORT」運営の「スカイファーム」が資金調達
2020年4月10日、スカイファーム株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 デリバリー・プラットフォーム「NEW PORT」を運営しています。 横浜ハーバー・エリアに特化し、レストランやシ…
フード・シェアリング・サービス「TABETE」展開の「コークッキング」が資金調達
2020年8月13日、株式会社コークッキングは、資金調達を実施したことを発表しました。 飲食店や小売店で廃棄されてしまう食事と、テイクアウト購入したい消費者とをマッチングするサービス「TABETE」を…
製造業向け生産計画自動立案システム「最適ワークス」を提供する「スカイディスク」が「商工組合中央公庫」からの資金調達と業務提携を実施
2023年7月31日、株式会社スカイディスクは、株式会社商工組合中央公庫と、ビジネスマッチング業務に係る提携と資金調達を実施したことを発表しました。 スカイディスクは、製造業向け生産計画自動立案システ…
「Ryple」が1.4億円調達 BtoBマーケティング・営業・カスタマーサクセス支援サービス「Ryple Survey for Salesforce」をリリース
2023年4月10日、Ryple株式会社は、総額1億4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、BtoBマーケティング・営業・カスタマーサクセス支援サービス「Ryple Survey…
ゴルフウェアブランド「LINDERTHON GOLF」を展開する「ASMIK.」が1,000万円調達
2023年10月20日、株式会社ASMIK.は、1,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 ASMIK.は、ゴルフウェアブランド「LINDERTHON GOLF」を展開しています。 ECサ…

大久保の視点

2/5 JSSA日本スタートアップ支援協会ピッチ大会:最優秀賞はがんリスク検査のセルクラウド中島 謙一郎さん
一般社団法人日本スタートアップ支援協会が主催する「The JSSA TOKYO Pitch Award & Meetup Vol.33」が2024…
(2024/2/5)
第4回 FRAX TOKYOが1/18~1/20に開催:創業手帳の大久保幸世も登壇・フランチャイズビジネスの総合展が活況
「第4回 FRAX TOKYO」が2024年1月18日(木)から20日(土)にかけて開催されました。 このビジネスイベントは、日本最大の見本市主催会社・RX…
(2024/1/20)
事業創造カンファレンス「01Booster Conference 2023」が経団連ホールで12/26に開催
株式会社ゼロワンブースター主催のカンファレンス「01Booster Conference 2023」が、2023年12月26日(火)に開催されました。 事業…
(2023/12/26)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】