注目のスタートアップ

エクソソーム創薬の「EXORPHIA」が2億円調達

company

2022年5月19日、株式会社EXORPHIAは、2億円の資金調達を実施したことを発表しました。

引受先は、株式会社慶應イノベーション・イニシアティブ(KII)が運営するファンドです。

EXORPHIAは、難病に対する新たな治療手段としてエクソソームの可能性に注目し、エクソソーム医薬の研究開発を行う創薬スタートアップです。

活性を損なうことなくエクソソームを高純度に濃縮・精製し、特性解析するプラットフォーム技術「INPACT-EV」を開発しており、この独自技術を基盤として、未だ有効な治療法が見つかっていない疾患の治療薬を開発するため、アカデミアの研究者との協業体制を構築してパイプラインの開発を行っています。

今回の資金は、新たなパイプラインの開発に充当します。

エクソソームとは、ほぼすべての細胞が分泌する小型(直径30-200nm程度)の顆粒状の物質で、血・尿・髄液などの体液にも含まれています。

内部にはマイクロRNA・メッセンジャーRNA・DNAなどが含まれており、これを細胞間で運搬していることが2007年に判明し、それ以来世界中で研究が続けられています。

研究により、エクソソームは身体内で様々な役割を担ったり、注目に値する機能を持っていることがわかっています。

たとえば、がんの転移のメカニズムに深く関わっていること、ウイルス感染の媒介となっていること、間葉系幹細胞が分泌したエクソソームが治療効果を持っていることなど様々なことが判明しています。

近年は、細胞を用いない次世代の治療手段として期待されており、EXORPHIAは、このエクソソームの可能性に注目して研究開発を行っています。

さらに、開発した骨髄MSC(間葉系幹細胞)由来エクソソーム製剤「EXP01」は、2つの肺障害(特発性肺線維症・急性呼吸窮迫症候群)のマウスモデルに対し、承認薬に劣らない薬効と承認薬より高い安全性を示しており、その可能性も明らかになってきています。

研究開発を主体としたビジネスでは、ビジネスとして軌道に乗るまでの研究開発費用が必要となります。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関する情報を提供しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ EXORPHIA INPACT-EV エクソソーム 創薬 医療 医薬 医薬品 株式会社 研究開発 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

現代アートのサブスクリプション・サービス運営の「Casie」が1億円調達
2020年4月15日、株式会社Casieは、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 現代アートのサブスクリプション・サービス「Casie(かしえ)」を運営しています。 国内外のアーティスト…
フェムテック専門ECサイトの運営や法人へのフェムテック市場参入コンサルなどの「fermata」が2.1億円調達
2022年4月27日、fermata株式会社は、総額2億1,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 fermataは、フェムテック専門ECサイト「fermata store」の運営、商品に…
バーチャル・スペース提供の「oVice」が1億円調達
2020年12月21日、oVice株式会社は、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、12月12日に株式会社NIMARU TECHNOLOGYから、oVice株式会社に社名を変更して…
遊休農地を活用した「シェア畑」など農業ビジネス展開の「アグリメディア」が4.5億円調達
2019年11月1日、株式会社アグリメディアは、総額4億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 遊休農地を活用した、サポート付きの市民農園「シェア畑」や、農業求人サイト「あぐりナビ」、…
AI・ICTを活用した福祉プラットフォーム提供の「ウェルモ」が11.7億円調達
2019年8月22日、株式会社ウェルモは、総額11億7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 介護業務であるケア・プランの作成を支援するAIエンジン「CPA(ケアプランアシスタント)」を…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ