注目のスタートアップ

IoT在庫・発注管理SaaSを展開する「スマートショッピング」が10億円調達

company

2022年8月17日、株式会社スマートショッピングは、総額10億円の資金調達を実施したことを発表しました。

スマートショッピングは、在庫の管理・棚卸や発注を自動化するSaaS「SmartMat Cloud」と、消費者向けの日用品の買い物を自動化する「SmartMat Lite」を展開しています。

「SmartMat Cloud」は、IoT重量計によって在庫の重さを自動検知し残量を記録することで、在庫管理や発注を自動化するサービスです。

1グラムから100キロ以上も計測できるため、ネジといった小さな部品からパレット管理の重い資材までさまざまな在庫に対応できます。

今回の資金は、「SmartMat Cloud」「SmartMat Lite」の利用者拡大に向けた営業・マーケティング活動の加速、ソフト・ハード両面からのプロダクトの進化、人材採用に充当します。

在庫管理とは、企業が抱えている原材料や製品などの在庫を生産・販売などと照らしあわせ、最適な状態・量で供給できるように管理する業務のことです。

在庫管理が適切にできていれば在庫の質や量が保たれます。そのため、不良在庫として無駄なコストが発生してしまったり、在庫が不足してしまうといったことが起きにくくなります。

在庫管理が不適切だった場合、余計なコストが発生してしまうため、企業の利益を最大化するには在庫管理を徹底することが肝心です。

一方で、在庫管理にはヒューマンエラーがつきものです。そのため、適切な在庫管理を実施するにはテクノロジーの活用が必要です。

在庫管理ではIoTが活用されています。主に利用されているのは、ビーコン、ハンディターミナル、IoT重量計の3つです。

ビーコンは、無線通信機能のついたタグや端末のことです。在庫にビーコンを取りつけ、倉庫などに設置したセンサーで読み取ることで、在庫の位置・数・出荷状況などを自動で把握します。

ハンディターミナルは、商品に貼ったバーコードやQRコードなどを手持ちの端末で読み取り、在庫を管理するものです。在庫の置き場所に制限がないこと、導入コストが安価であることなどがメリットですが、ひとつひとつ手作業で読み取る必要があることがデメリットです。

IoT重量計は、在庫の重量を計測することで在庫を管理します。計測した重量はクラウドなどにリアルタイムで記録されていきます。そのデータをもとに在庫の数や出荷状況などを自動で把握します。

重量で管理するためネジなどの小さな部品や、液体、粉、印刷用紙などを管理できることがメリットです。モノの形状を選ばないためあらゆる業種に向いています。またビーコンよりも導入コストが安いことがメリットとなっています。

株式会社スマートショッピングのコメント

このニュースを受けまして、株式会社スマートショッピングよりコメントが届きました。

・今回の資金調達の目的は何ですか?

事業、特に主力事業であるSmartMat Cloud(IoTによる在庫管理・発注自動化DXソリューション)の成長をさらに加速すべく、プロダクト開発および営業・マーケティング展開の両方を拡大と、そのための体制を強化する人材採用のための資金の調達になります。

・今後の展望を教えてください。

SmartMat Cloudでは、これまで医療機関の発注自動化ニーズを捉え拡大してきました。今後は、(既に導入実績が増えつつある中)在庫管理自動化やかかるDXニーズをもつ製造業やサービス業での普及拡大を進めていきます。

さらに、在庫の動きを起点にリアルタイムで適正在庫の実現や発注を自動化、さらにそれらデータ活用を容易にするための機能拡充を進めていきます。

・読者へのメッセージをお願いします。

IoTを活用したユニークな在庫管理・発注の自動化DXソリューションとして、従来人手で行わなくてはいけなかった棚卸しや在庫管理発注業務を、簡単に自動化するソリューションとしてますます多くのお客様からのニーズを寄せて頂きつつあります。

さらに、業務効率化に繋がるのみならず、実在庫の消費データを起点にモノの流れを全体を最適化し変えていくDXを可能にするプロダクトとして進化していく計画です。ぜひご期待いただければと思います。

デジタル時代において企業の利益を最大化させるためには、IoTなどのテクノロジーを活用することが重要です。「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備ノウハウを詳しく解説しています。また、ICTの専門家にインタビューを行い、創業期のシステム整備のメリットや注意点なども伺っていますので、こちらもご参考ください。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ IoT SaaS SmartMat Cloud SmartMat Lite スマートショッピング 在庫 在庫管理 株式会社 発注 管理 自動化 資金調達 重量計
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

「Shopify Plus」を中心としたOMOの立ち上げを実現するパッケージサービス「Next Plus」が提供開始
2022年6月22日、株式会社フラクタは、国内環境に適合したShopifyアプリを提供する企業アライアンス「App Unity」(株式会社フィードフォース)と共に、パッケージサービス「Next Plu…
AIと量子コンピュータ搭載のクラウド・プラットフォーム提供の「グルーヴノーツ」が7.3億円調達
2020年5月27日、株式会社グルーヴノーツは、総額7億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 AIと量子コンピュータを搭載したクラウド・プラットフォーム「MAGELLAN BLOCK…
レベニューベースドファイナンスプラットフォーム「Yoii Fuel」を運営する「Yoii」が4.8億円調達
2022年9月7日、株式会社Yoiiは、総額約4億8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 Yoiiは、レベニューベースドファイナンス(RBF)プラットフォーム「Yoii Fuel(ヨイ…
ビジネス動画制作クラウド「video plant」提供の「Wanget」が資金調達
2022年1月11日、株式会社Wangetは、資金調達を実施したことを発表しました。 また、「video plant」の提供を開始したことも併せて発表しました。 「video plant」は、独自に構…
給料即日サービス「Payme」の「ペイミー」が7億円調達
2019年7月8日、株式会社ペイミーは、総額7億円の資金調達を実施したことを発表しました。 給与即日払いサービス「Payme」を運営しています。 企業の勤怠データと連携し、実労働時間から給与計算を行っ…

大久保の視点

スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ