注目のスタートアップ

提案資料作成クラウド「SmartSlide」提供の「ワッツユアリッチ」が3,000万円調達

company

2021年12月1日、株式会社ワッツユアリッチは、総額3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

提案資料作成クラウド「SmartSlide(スマートスライド)」を提供しています。

提案書のデザイン・ストーリーが自動で設計されるため、項目に内容を入力するだけでロジカルな提案書をスピーディーに作成できるサービスです。

リアルタイムに入力項目ごとに改善点を指摘するため、作成者は提案書をすばやくブラッシュアップすることができます。

作成後は、「SmartSlide」に保存され一元管理することができます。

また顧客への閲覧リンクの共有や、その後の閲覧状況をトラッキング、ヒートマップによって提案書の良し悪しの分析を行うこともできます。

BtoBビジネスにおいて、モノ・サービスを売る際には提案書(プレゼン資料)が必要となります。

提案書は、顧客企業に自社のモノ・サービスの価値を訴求するための重要なものであるため、資料の良し悪しは受注件数に大きく関わってきます。

しかし提案書の作成スキルは営業人材によって異なりますし、属人的なスキルになりがちです。

また、提案書はそれぞれの営業人材のローカルフォルダや社内共有サーバーなどの散在することが多く、過去の優れた提案書を参照することも難しくなっています。

提案書作成は多くの企業・営業チームが課題を感じている領域ではありますが、定性的で自動化などが難しいものであるため、主に提案書管理・共有サービスしかありませんでした。

「SmartSlide」は、これまでのヒアリング調査によって必須となるプランニング情報を項目として用意。提案書作成を効率化すると同時に、標準化を実現しています。

効率化はどの業界でも大きな課題となっています。創業期は最新のシステムを導入できる機会でもあるため、自社に合ったシステム・ツールを選定・導入するとよいでしょう。「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備ノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ PowerPoint SmartSlide クラウド スマートスライド スライド パワーポイント パワポ プレゼン ワッツユアリッチ 一元管理 作成 提案書 株式会社 資料 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

人がより自由に生きられるバーチャル世界の創造を目指す「Polyscape」が7,000万円調達
2022年3月28日、株式会社Polyscapeは、総額約7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 Polyscapeは、バーチャル上に人が住める場所、誰もが価値創造・価値交換のできる経…
顔写真が並ぶクラウド人材管理ツール 「カオナビ」が3億円調達!
株式会社カオナビは、第三者割当増資により、総額約3億円の資金調達を実施しました。 顔と名前が一致しない問題を解決するため、顔写真をメインとしたクラウド人材管理ツール「カオナビ」を提供しています。 IT…
医療機器特化型アクセラレータープログラム「MedTech Angels 2021」募集開始 9/30締切
2021年9月3日、プレモパートナー株式会社は、「MedTech Angles 2021」の開催を発表しました。 「MedTech Angles 2021」は、国内初の医療機器(MedTech)特化型…
ライバー(配信者)プロダクション事業の「PRIME」が資金調達
2021年12月8日、株式会社PRIMEは、資金調達を実施したことを発表しました。 ライバーマネジメント事業を展開しています。 ライブプラットフォームから得られるデータを解析し、その結果をもとにライバ…
ケーキ専門通販サイト運営の「Cake.jp」が2.6億円調達
2020年7月30日、株式会社Cake.jpは、総額2.6億円の資金調達を実施したことを発表しました。 ケーキ専門通販サイト「Cake.jp(ケーキジェーピー)」を運営しています。 全国の洋菓子店と提…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ