人の心と思考を探索する並走型・探索型リサーチ「Insight Research」が提供開始

tips

2022年6月15日、株式会社グッドパッチは、「Insight Research(インサイトリサーチ)」の提供を本格的に開始することを発表しました。

「Insight Research」は、人を起点としたリサーチやサービスデザインに知見を持つデザインリサーチャーが、クライアントと共にリサーチの目的設定・分析・アクションへの落とし込みまでを一貫して行い、事業・サービスの創造・改善を実現する並走型・探索型リサーチです。

本質的なニーズ・課題やその背景となる状況・価値観・考え方の洞察を得て、事業の創出・改善・未来構想につながるアクションを見つけられることを特徴としています。

また、アクションを実現するにはリサーチに参加していない関係者にアクションの有用性を認識してもらわなければならないのですが、「Insight Research」ではこのようなコミュニケーションにおいても並走し、アクション実現を支援します。

多くの市場が成熟し、消費者のニーズが満たされている現在の状況では、既視感のあるプロダクトやサービスでは消費者の関心を惹くことができません。

そのため、消費者に長く利用されるプロダクト・サービスを開発するには、消費者が持つ本質的なニーズや課題を把握する必要があります。

探索型リサーチとは、マーケティングリサーチの一種で、こういった顧客の潜在的なニーズや課題を探索し、仮説を構築するヒントを得るために実施するリサーチのことです。

一方で、探索型リサーチを実施しても、本質的なニーズが得られないという課題を抱える企業は少なくありません。

グッドパッチはこの課題の要因として、適切でないリサーチを実施している、リサーチ結果の分析が浅い、すでに知識のある社員がリサーチを実施することで無意識にバイアスがかかる、という3つを挙げています。

今回提供開始した「Insight Research」は、これらの課題を解決した探索型リサーチです。

株式会社グッドパッチのコメント

このニュースを受けまして、株式会社グッドパッチよりコメントが届きました。

・今回の新サービスの売りは何ですか?

Insight Researchでは、サービスデザインやリサーチの経験が豊富な弊社デザイナーがリサーチャーとなることで、今の時代に求められる「人」を起点とした本質的なリサーチを実現できます。

リサーチ設計、実施、分析および分析結果を受けたアクション策定まで並走することで、新規事業やサービスづくりにしっかりと繋げることが可能です。

・今後の展望を教えてください。

Insight Researchを通して、社会や顧客にポジティブな影響を及ぼすサービスを一つでも多く生み出せるよう、デザインの力で貢献していきます。

プロダクトの販売のためにはPRやマーケティングが重要です。特にSNSマーケティングはリアルな顧客な声を聞けることが大きなメリットです。「冊子版創業手帳」では、創業期でも行えるネットを活用したPRノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ Insight Research インサイト インサイトリサーチ グッドパッチ サービス・デザイン マーケット・リサーチ リサーチ 事業創出 事業創造 探索型リサーチ 改善 株式会社 調査
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

家庭料理配達サービス「つくりおき.jp」運営の「Antway」が15億円調達
2021年8月10日、株式会社Antwayは、総額約15億円の資金調達を実施したことを発表しました。 家庭料理配達サービス「つくりおき.jp」を運営しています。 料理は、都内の自社キッチンで、管理栄養…
メディア・プラットフォームの「note」がECプラットフォームの「BASE」と資本業務提携
2021年1月12日、note株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 また、BASE株式会社と資本業務提携契約を締結したことも併せて発表しました。 noteは、メディア・プラットフォーム「…
人がより自由に生きられるバーチャル世界の創造を目指す「Polyscape」が7,000万円調達
2022年3月28日、株式会社Polyscapeは、総額約7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 Polyscapeは、バーチャル上に人が住める場所、誰もが価値創造・価値交換のできる経…
「RevComm」が「サイボウズ」と業務提携 電話営業のDX支援パッケージ「営業支援型 kintone」を販売開始
2022年6月2日、株式会社RevCommは、サイボウズ株式会社と共同で、新サービス「営業支援型 kintone」を販売開始したことを発表しました。 RevCommは、音声解析AI電話「MiiTel(…
企業向けの働くサードプレイスポートフォリオ「テレスペ」がリリース
2022年6月9日、テレワーク・テクノロジーズ株式会社は、「テレスペ」を提供開始したことを発表しました。 「テレスペ」は、従量課金制のサテライトオフィスのポートフォリオを組むサービスです。 社員の居住…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ