注目のスタートアップ

運送管理SaaS「アセンド・ロジ」提供の「ascend」が1.4億円調達

company

2021年10月20日、ascend株式会社は、総額1億4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

運送管理SaaS「アセンド・ロジ」を開発・提供しています。

運送事業者の運行管理業務をデジタル化し、売上に直結する物流データ(荷物・車両・運転手・ルートなど)を可視化するサービスです。

運送業事業者の課題をヒアリングした上で改善施策を提案するほか、荷主交渉に向けたデータ提供・資料作成などの代行も行っています。

今回の資金は、「アセンド・ロジ」の開発強化や、人材採用などに充当されます。

新型コロナウイルス感染症の影響によりECの利用が拡大したことに伴い、物流業界の需要も増加しています。

もともと運送業は人手不足や、小口発送の増加、積載率の減少、激務化、労働環境の悪化などの課題を抱えていました。

さらに需要が増加したことにより、運送業ではデジタル化やDXによる業務効率化などが急務となっています。

しかし日本の運送業ではあまりデジタル化・DXが進んでいないという現状があります。

理由としては、標準化を目指す欧米の運送業とは違い、日本では臨機応変な対応を荷主に求められることが挙げられます。

臨機応変な対応を行うためにはアナログで対応するほうが良いケースが多く、デジタル化に踏み切ることができないという構造的な問題があります。

しかしDXが実現できなければ市場の変化に対応できず、大きな損失を生み続けてしまうため、自社の課題をきちんと把握しDXを推進していくことが重要です。

ほとんどを中小企業が占める運送業界ではIT人材が少ないため、ascendのようにサービスの提供とコンサルティングを同時に行うようなモデルが需要を伸ばしていくと考えられます。

効率化はどの企業でも大きな課題となっています。創業期は最新のシステムを導入できる機会でもあるため、効果的なシステム・ツールを選定・導入するとよいでしょう。「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備ノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ ascend SaaS デジタル化 ロジスティクス 株式会社 物流 管理 資金調達 運送
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

マンガに特化した機械翻訳技術サービス開発の「Mantra」が8,000万円調達
2020年6月8日、Mantra株式会社は、総額約8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 マンガに特化した機械翻訳技術を保有しており、マンガの高速な多言語展開を可能にする法人向けサービ…
法人向けXRサービス展開の「ホロックス」が1,200万円調達
2020年4月7日、株式会社ホロックスは、総額1,200万円の資金調達を実施したことを発表しました。 法人向けXRソリューションを開発しています。 具体的には、リア・プロジェクションで遠隔地の人物を等…
AIを活用したマーケティング・クリエイティブ提供サービス「AIR Design」提供の「ガラパゴス」が2.2億円調達
2020年5月21日、株式会社ガラパゴスは、総額2億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 マーケティング・クリエイティブ提供サービス「AIR Design」を提供しています。 AIを…
クラウド型オンライン・マンション・ギャラリー「ROOV」提供の「スタイルポート」が資金調達
2020年4月28日、株式会社スタイルポートは、資金調達を実施したことを発表しました。 クラウド型オンライン・マンション・ギャラリー「ROOV」を提供しています。 アプリのダウンロードや、アカウントの…
ゲノム編集受託サービス提供の「セツロテック」が資金調達
2020年11月9日、株式会社セツロテックは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、瀬戸内地域の観光産業活性化に取り組む官民連携組織「せとうちDMO」を構成する株式会社瀬戸内ブランドコーポ…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ