注目のスタートアップ

スマートゴミ箱「SmaGO」を手がける「フォーステック」と「ゼンリンデータコム」「名古屋テレビ」が資本業務提携

company

2023年11月6日、株式会社フォーステックは、株式会社ゼンリンデータコム、名古屋テレビ・ベンチャーズ合同会社と業務提携を締結したことを発表しました。

またこれに先立ち、2023年9月15日に第三者割当増資の引き受け、資本提携を行っています。

フォーステックは、米・BigBelly Solar社が開発したスマートゴミ箱を活用したソリューション「SmaGO(スマゴ)」を手がけています。

IoT化されたスマートゴミ箱の街中や施設への設置を通じ、ゴミ回収の効率化、費用削減を実現し、街の美化を促進しています。

ソーラーで発電し、溜まったゴミは自動圧縮することで、ゴミが溢れないゴミ箱を実現しています。また、4G通信によってゴミの堆積を管理し、ゴミ回収のマネジメント・効率化を実現します。

さらに、「SmaGO」を広告メディアとしてラッピングし、企業のCSR活動につながるモデルとしても展開しています。

今回の提携により、ゼンリンデータコム、名古屋テレビ放送グループの強みと、フォーステックが提供するIoTスマートゴミ箱「SmaGO」の強みを活かした戦略的共創により、ゴミ回収の効率化などの社会課題解決に向けた新たな事業を創出していきます。


日本では1995年の地下鉄サリン事件以降、駅や街中のゴミ箱の設置が減少・撤去され、これにより外で発生したゴミを持ち帰って捨てる習慣が浸透してきました。結果として、ポイ捨てやゴミの散乱が減少し、街の美観が改善されました。

一方、訪日観光客を対象に行われたアンケートでは、ゴミ箱の不足が困り事の1位として挙げられており、ゴミ箱の少なさが観光客の利便性に影響を与えているという課題があります。

この課題に対処するものとして、スマートゴミ箱が導入されています。

スマートゴミ箱は、IoT技術を活用してゴミ回収を効率化するソリューションです。

たとえば、スペインのバルセロナでは、大型トラックが道路を塞ぐ問題や、ゴミ箱の配置に関連する課題を解決するためにスマートゴミ箱が導入され、ゴミが溜まったタイミングで回収されるようになり、効率向上を実現しています。

フォーステックの「SmaGO」は、スマートゴミ箱の一例であり、ゴミのモニタリングやゴミの自動圧縮などの機能を提供しています。

また、太陽光発電を利用し、環境にやさしい運用が可能であるほか、ゴミ箱を広告メディアとしても活用し、企業のイメージ向上などにも貢献しています。

このシステムはすでに世界中の都市や大学で導入され、効果が証明されています。日本でも、2020年10月から表参道・原宿エリアに設置され、全国の自治体や商業施設にも導入が進められています。

ビジネスの大きな成長のためには戦略的な資金調達や、シナジーの見込める企業との提携が必要です。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるための方法など、資金調達のノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ BigBelly Solar BtoB CSR IoT SmaGO ゴミ ゴミ箱 スマートゴミ箱 スマゴ ゼンリン ゼンリンデータコム フォーステック マネジメント 効率化 合同会社 名古屋テレビ 名古屋テレビ・ベンチャーズ 回収 広告 株式会社 業務提携 環境 社会課題 管理 美化 自動 資本提携 資本業務提携 通信
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

ドローンなどのロボティクス技術により社会インフラ領域のDXを支援する「センシンロボティクス」が22.5億円調達
2023年11月1日、株式会社センシンロボティクスは、総額約22億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 センシンロボティクスは、社会/産業インフラの設備点検、災害被害状況把握などの防…
大企業向けデジタル・トランスフォーメーション・プラットフォーム提供の「テックタッチ」が5億円調達
2020年7月10日、テックタッチ株式会社は、総額5億円の資金調達を実施したことを発表しました。 大企業のデジタル・トランスフォーメーションを支援するSaaS「テックタッチ」を開発・提供しています。 …
ECプラットフォーム「Shopify」の拡張機能(Shopifyアプリ)を提供する「Appify Technologies」が5.2億円調達
2022年10月31日、株式会社Appify Technologiesは、総額5億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 Appify Technologiesは、公式ECモバイルアプ…
循環型養殖と「つきみいくら」などのD2Cブランドを展開する「Smolt」が6,500万円調達
2022年9月15日、株式会社Smoltは、総額約6,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 山と海をつなぐ独自の循環型養殖技術によるサクラマスの完全養殖を実現している宮崎大学発ベンチャー…
共創型コミュニティプラットフォーム「Share Village」展開の「シェアビレッジ」が資金調達
2021年12月22日、シェアビレッジ株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 また、株式会社インクワイア、株式会社MAKOTO、特定非営利活動法人ミラツクとパートナーシップを締結したことも…

大久保の視点

2/5 JSSA日本スタートアップ支援協会ピッチ大会:最優秀賞はがんリスク検査のセルクラウド中島 謙一郎さん
一般社団法人日本スタートアップ支援協会が主催する「The JSSA TOKYO Pitch Award & Meetup Vol.33」が2024…
(2024/2/5)
第4回 FRAX TOKYOが1/18~1/20に開催:創業手帳の大久保幸世も登壇・フランチャイズビジネスの総合展が活況
「第4回 FRAX TOKYO」が2024年1月18日(木)から20日(土)にかけて開催されました。 このビジネスイベントは、日本最大の見本市主催会社・RX…
(2024/1/20)
事業創造カンファレンス「01Booster Conference 2023」が経団連ホールで12/26に開催
株式会社ゼロワンブースター主催のカンファレンス「01Booster Conference 2023」が、2023年12月26日(火)に開催されました。 事業…
(2023/12/26)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】