注目のスタートアップ

全脳の画像解析・脳健康測定プログラム「MVision シリーズ」を展開する「エム」が2.15億円調達

company

2022年6月9日、株式会社エムは、総額2億1,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。

エムは、全脳の画像解析・脳健康測定プログラム「MVision シリーズ」を展開しています。

脳MRI画像に適用することで、未病段階での全脳の健康状態を可視化・数値化し、同年代のビッグデータと比較できるプログラムです。

これにより脳ドックなどを実施する医療機関は、受診者に新たな価値を提供できます。

2022年6月現在、脳ドックを受診する一般消費者向けプログラム「MVision health」の提供を通じ、サービスをブラッシュアップさせています。

今回の資金は、製品・サービスの機能やUI/UXの改善、カスタマーサクセスやプロダクトマネジメントに必要な人材の強化とシステムの構築に充当します。

脳の萎縮は認知症の原因のひとつともいわれています。脳萎縮の原因はさまざまで、健康な状態であっても加齢によって萎縮していきます。

加齢以外には、アルコール摂取、喫煙、ストレスなどが萎縮の原因だといわれています。

認知症は早期発見・早期治療によって進行を遅らせられます。そのため脳ドックなど定期的な検査が重要です。

一方でこの脳萎縮は数値化が困難であるため、認知症を発症していない未病段階にある人の脳の状態を分析して最適なアドバイスを行うことができません。

もし脳萎縮を可視化・数値化できれば、相対的に脳萎縮が進んでいる人に、発症を防ぐための予防医学や生活習慣の改善などを提案することができます。

エム、脳MRI解析技術をコア技術に、この脳萎縮の可視化・数値化を実現することで、脳検査に新たな価値を提供することを目指しています。

ヘルスケアは企業の健康経営にとっても重要です。雇用人数が50人未満の事業場のストレスチェックは任意とされていますが、生産性の向上のためにも実施したほうがよいでしょう。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「総務手帳」では、社労士によるストレスチェック対応について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ MRI MVision health MVision シリーズ ヘルスケア 予防医学 健康 医療 医療機関 可視化 数値化 株式会社 画像 画像解析 脳ドック 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

人材エージェント向けAIアシスタント「hachico」開発の「Crossborders」が資金調達
2019年12月10日、Crossborders Innovation株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 人材エージェント向けAIアシスタント「hachico」を開発しています。 無数…
養豚経営管理システム「Porker」提供の「Eco-Pork」が6億円調達
2022年4月22日、株式会社Eco-Porkは、総額約6億円の資金調達を実施したことを発表しました。 Eco-Porkは、養豚経営管理システム「Porker」を開発・提供しています。 AI・ICT・…
プライバシーマークの新規所得・更新を請け負う「Pマーク・リモート完結取得プラン」サービス提供開始
2020年6月8日、株式会社ユーピーエフは、「Pマーク・リモート完結取得プラン」の提供を開始したことを発表しました。 「Pマーク・リモート完結取得プラン」は、遠隔サポートのみでプライバシーマーク認証の…
再エネ100%×地産地消の電力サービス提供の「アスエネ」が3.75億円調達
2021年4月2日、アスエネ株式会社は、総額3億7,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 再エネ100%×地産地消が特徴のクリーン電力サービス「アスエネ」を提供しています。 製造業の工場…
Web会議などで自分の外見をAIによって置き換える「xpression camera」が正式リリース
2022年3月31日、株式会社EmbodyMeは、「xpression camera(エクスプレッションカメラ)」の正式版をリリースしたことを発表しました。 「xpression camera』は、自…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ