注目のスタートアップ

マーケティング領域のプロ人材と企業のマッチングサービス「キャリーミー」提供の「Piece to Peace」が3.5億円調達

company

2022年5月17日、株式会社Piece to Peaceは、総額約3億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

Piece to Peaceは、マーケティング領域を中心としたプロ人材と企業のマッチングサービス「キャリーミー(CARRY ME)」を運営しています。

30分の打ち合わせで課題をヒアリングし、条件にマッチした優秀なプロ人材を紹介するサービスです。

大手企業出身者やスタートアップのCXO経験者といったハイレベルな人材を紹介すること、求人作成・登録者のスクリーニング・面談調整といった業務をすべて代行することなどを特徴としています。

プロ人材にはメンバーとして稼働してもらうだけでなく、若手社員の育成や、外注先・クライアントとの折衝などを担当してもらうことも可能です。

今回の資金は、ダイレクトリクルーティングシステムの開発スピードの加速、ブランディング・認知拡大のための施策、既存事業の拡大、新規事業の創出などに充当します。

ビジネスの環境が大きく変化し、柔軟な経営やサービスのリリースサイクルの加速などが求められている状況で企業を成長させていくには、優秀な人材が必要となります。

しかし、様々な業界で人手不足が深刻な課題となっている環境では、即戦力となる優秀な人材の獲得は非常に難しいことです。

高度なスキルと経験を持つプロフェッショナルな人材をプロ人材と呼びます。こういったプロ人材は、実は転職市場ではなく、特定の企業に属さず、独立して仕事を行っているケースが多くなってきています。

そのため、新時代において企業を成長させていくためには、こういった外部のプロ人材を活用することが重要であるという認識が高まっています。

政府による「プロフェッショナル人材事業」の実施もあり、全国的にプロ人材を活用できるような仕組みの構築も進められています。

特に地方は首都圏よりもプロ人材が少ないため、「キャリーミー」などのプラットフォームを積極的に活用していくことが肝心です。

企業の成長には優秀な人材の獲得が欠かせません。しかし創業期はどのように採用活動を行えばよいのかわからない場合があるでしょう。「冊子版創業手帳」では、創業期の人材採用ノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ CARRY ME Piece to Peace キャリーミー プロ人材 マーケティング マッチング マッチング・サービス 人材 企業 株式会社 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

IP/コンテンツホルダーがウォレットや暗号資産不要でNFTを提供できるサービス「Stella」(α版)をリリース
2022年5月18日、microverse株式会社は、「Stella(ステラ)」のα版をリリースしたことを発表しました。 「Stella」は、IP/コンテンツホルダーがウォレットや暗号資産不要で、ファ…
エンプロイーサクセスプラットフォーム「Well」開発・運営の「Boulder」が1億円調達
2020年7月28日、株式会社Boulderは、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、クローズド提供していた「Well(ウェル)」のβ版の正式リリースも併せて発表しました。 「We…
AIアルゴリズム・モジュール開発とライセンス提供の「日本データサイエンス研究所」が資金調達
2019年11月5日、株式会社日本データサイエンス研究所は、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、東京大学の松尾豊研究室の関係者が中心となって運営しているVCファンド「Deep30投資事業…
社会的インパクト投資・ソーシャル・レンディング・サービス運営の「クラウドクレジット」が資金調達へ
2020年12月16日、クラウドクレジット株式会社は、資金調達を実施することを発表しました。 引受先は、インベストメントLab株式会社で、払込は2021年初を予定しています。 クラウドクレジットは、貸…
C向けセールアンドリースバックサービス「CASHARi」運営の「ガレージバンク」が1億円調達
2021年10月13日、ガレージバンク株式会社は、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 C向けセールアンドリースバックサービス「CASHARi(カシャリ)」を開発・運営しています。 ファ…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ