「ライトアップ」が「ENECHANGE」と連携 補助金・助成金自動診断システム「Jシステム」のOEM提供を開始

tips

2021年8月16日、株式会社ライトアップは、ENECHANGE株式会社と業務提携契約を締結したことを発表しました。

ライトアップは、助成金自動診断ツール「Jシステム」や、補助金・助成金活用支援「Jコンサルティング」、ITツールの共同開発・共同仕入れ「JDネットワーク」など、中小企業を支援するためのサービスを展開しています。

ENECHANGEは、電力・ガス会社向けDXクラウドサービスを提供するエネルギーデータ事業や、個人・法人の電力・ガス切り替えサービス「エネチェンジ」・エネチェンジBiz」などのエネルギープラットフォーム事業を展開しています。

今回の連携により、ライトアップはENECHANGEに「Jシステム」のOEM提供を開始します。これによりENECHANGEは、取引先にいち早く公的支援制度の活用支援が可能となります。

補助金・助成金は、知らなければ活用することはできません。コロナ禍を乗り切るために、初めて補助金・助成金を活用した事業主というのも多くいます。

ライトアップの調査によると、企業規模による補助額の多寡はそれほどなく、平均して250万円ほどを受給できているようです。

中小企業にとっては250万円といった金額は馬鹿にはできないものですが、助成金の申請をしたことがあるという企業は、コロナ以前で24.3%と低いものとなっています。

大きな要因としては補助額・助成金の要件がわかりにくく、自社にマッチしたものを探せないことがあります。

そのため、「Jシステム」など、使える補助額・助成金を診断してくれるサービスを活用し、企業の経営を少しでも楽にするとよいでしょう。

起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「補助金ガイド」では、専門家に監修してもらいながら、創業手帳が実際に補助金申請を行った経験をもとに補助金・助成金のノウハウを解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ ENECHANGE Jコンサルティング Jシステム OEM エネルギー ガス ライトアップ 助成金 株式会社 業務提携 補助金 診断 連携 電力g
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

建築学生向けサービス「BEAVER」運営の「ArchiTech」が3,500万円調達
2021年5月24日、ArchiTech株式会社は、総額3,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 建築学生向けに、設計作品共有サービス・建築ソフト学習サービス・就活支援サービスなどを提供…
病気を治療するアプリ開発の「キュア・アップ」が22億円調達
株式会社キュア・アップは、総額22億円の資金調達を実施したことを発表しました。 高度なソフトウェア技術と医学的エビデンスに基づいた、疾患治療用プログラム医療機器「治療アプリ」を開発しています。 現在、…
衛星データ解析システム開発の「スペースシフト」が5億円調達
2021年2月16日、株式会社スペースシフトは、総額5億円の資金調達を実施したことを発表しました。 衛星データ解析システムの開発を行っています。 開発する新たな方式では、専門家でも判読が難しいSAR衛…
エレベーター向けメディア開発の「株式会社東京」が3.6億円調達
2021年2月16日、株式会社東京は、総額3億6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 エレベーター・ホールに設置するデジタル・サイネージ「東京エレビGO」を開発・展開しています。 完全…
分散型台帳ソフトウェア開発の「Scalar」が資金調達
2020年2月14日、株式会社Scalarは、資金調達を実施したことを発表しました。 分散型台帳ソフトウェア「Scalar DLT」を開発しています。 分散データベース・ソフトウェア「Scalar D…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ